2014/11/30

もっと勇気を・新潟戦  サッカー(マリノス)

早いものでホーム最終戦を迎えた。11月で実質私のサッカー観戦は終わり。今年は終了が早かった。

優勝も降格もなく、相手も同じく中位となれば、試合の緊張感は欠ける、いや、訂正、私の緊張感が欠けていた。まして俊輔は先発ではない。雨模様の中、かなり遅めに家を出た。

新潟は昨年悔しい思いをした相手。でも、負けるのは相手どうこうより、自分たちが悪い。別に遺恨はない。

中位同士といえども、新潟のサポーターは熱心で、この試合、Jリーグ今節一番の観客数だった。(3万人は切っていたが)

試合。試合レポートは⇒マリノス公式

守備はマリノス伝統鉄壁。でも攻撃はチグハグだった。

≪勇気に欠ける≫

これを一番言いたい。カウンター・絶対チャンスの時、尻つぼみ。観客がワーッと立ち上がって応援している時なのに、

キーパーと一対一だって、数的有利だって、自分で責任を持ってシュートしない。パス、パス、切り返し、切り返し、結局チャンスをつぶす。

学然り、翔然り、淳吾然り、俊輔だってPA前のチャンス、シュートを狙えばいいのに、結局相手に奪われた。
(俊輔はやはり足首、膝、股関節?よくないのかな、およそ「らしからぬプレー」ぶりだった)

追記:絶好のチャンス、GK前でパス、それが藤本に合わずシュートできなかった。藤本は芝を叩いて悔しがった。でもまだボールはPA近く。悔しがる時間があるならすぐにボールを追うべき。「ボールを追え〜」と叫んでしまった。こういう点は改めてほしい)

攻撃は新潟の方がずっと迷いがなかった。フィニッシュの精度の悪さに助けられた。

ほんとにね、もっと勇気を持ってシュートしてほしい。

北京五輪、ナイジェリアの選手が独走状態になると嬉しくて嬉しくてたまんないという感じでドリブルしてドカンとシュート。そういうプレーを見たい。

今日のJ2プレーオフ、山形の選手も迷いのないシュートを打ってた。ともかく責任逃れせず勇気をもってシュートしろよ、と言いたいのはそれだけ。

マリノスは攻撃に移った途端のパスミス、判断ミス、で波に乗れなかった。チグハグだった。攻撃が波に乗れないから防戦一方になった。特に後半は中盤が省略されて、最終ラインが下がり、危ない場面が続いた。中町が交代出場してようやく落ち着いたかな。

良く点を取れたなぁという展開だったが、勝ちは勝ち。DF陣、哲也、良く守ってくれました。

1−0はマリノスらしい勝利。こういう風に勝つから相手チームからマリノスはいやらしいチームと言われるのか。

とにかくホーム最終戦は気持ちよく終わることができた。
クリックすると元のサイズで表示します

最後のセレモニーもスムーズに和やかに終わった。嘉悦社長は懐具合について述べなかった。大丈夫なのかな。

樋口監督も樋口さんらしい真面目な手堅いスピーチだった。樋口さんは勝負師としてはイマイチだったかもしれないが、監督としては堅実な手腕の持ち主だったと思う。

桑原監督、木村幸吉監督の時は「贅沢はいわないから、普通にやってくれー」といつも思ってた。

最終戦のセレモニーというと、どうしても2010年の事を思い出してしまう。忘れるわけがない。

岡田監督が去り、左伴社長が去り、いろいろあって、マリノスは会社も、監督・コーチ陣もサポーター・ファンも様々なことを学んで、成長したと思う。

来年は、中澤、中村の二大看板がそろそろ試合(全試合やフル)出場が難しくなるだろう。世代交代という大きなミッションがある。

ちょっと気を緩めれば、J2降格もある。Jリーグは怖いリーグだと昨日の浦和、今日の磐田を見てつくづく思った。

マリノスタウンがなくなるという話もある。不況下、経営は困難だろう。

それでも、マリノスは名門チームとして、数々の熱戦を刻んだチームとして、J1に居続けて、いつでも優勝を狙うチームであり続けてほしい。

年金生活者には厳しいけど、来年も年チケを継続して応援し続けます。毎年毎年期待している。

今年は体調や家の都合で観戦できなかった試合も多いが、(天皇杯優勝)、ACL、一桁順位ありがとうございました。楽しみました。

あ、まだ1試合あるんだった。勝って、チームを去る選手、スタッフを送り出しましょう。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ