2015/8/20

iphoneで音楽を聴く  音楽

サッカーの名古屋遠征の帰り、新幹線で読む本もなく退屈していた。

で、思いついてiphoneでYOUTUBEを開いてみた。イヤホンは持ってたので、YOUTUBEで音楽を検索。新横浜に着くまで、音楽を楽しんだ。

でも、電池を食う。ipodを買おうかなと思い、あ、そうか、iphoneに音楽を入れればいいのだと気が付いた。

娘が帰省した折、作業をしてもらった。もちろん Jonas Kaufmann。

皆が留守の時に=家の中が静か=「冬の旅」を聴いてみた。

いいですね!!

音が思ったより、良い。

何より、細かいニュアンスがとてもよくわかる。ドイツ語と曲がすばらしく合ってる⇒シューベルトだから当たり前だ。

そして、つくづく美声だなぁ、と(笑)

イヤホンは好きではないのだが、静かな場所で聴くのはありだ。

ステレオで聴くのは、家の中の生活雑音がどうしても入る。冷蔵庫やエアコン、外の音。イヤホンだと外の音をシャットアウトしてくれる。

新しい楽しみができた。

JonasさんのCDは6月以来、何枚買ったろうか。ヴェルディ、ワーグナー、オペラベスト盤、R・シュトラウスの歌曲、ドイツアリア、ヴェズリモオペラ、オペレッタ&ヒットソング。オペラのブルーレイまで買ってしまった(これはバーゲン価格)

最初はベルディやプッチーニが好きだった。でも聴いているうちに「ワーグナーがいいかも」と思い始めた。と言っても、ローエルグリンとワルキューレ、ですけど。Jonasさんの声質が合ってると思うし、ドイツ語はネイティブだし。

「音楽の友」9月号に来日の際のインタビューが載っていた。

5年先までもう予定が決まっていて、来日は難しいそうだ。う〜ん。

忙しいねぇ。夏に「カルメン」「マノン・レスコー」「フィデリオ」の3つのオペラに出て、その間にコンサート。もうすぐロンドン・プロムス最終夜に出るようだ。

で、この後は9/16〜アイーダ(ミュンヘン)、10/12ナクソス島のアリアドネ(パリ)、11/14.16カルメン(ロンドン)、12/5〜ファウストの劫罰(パリ)、2016・2/12〜マノン・レスコー(ニューヨーク)、5/16〜ニュルンベルグのマイスタージンガー(ミュンヘン)、その間にリサイタル。

2017年にはいよいよ「オテロ」。でも、もうドン・カルロやローエングリン、ジークムントは演じてくれないのね。。。

2016.5.31追記:2016か2017年パリ・オペラ座でローエングリンを演じるそうです。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ