2015/8/25

孫たちの成長  生活

ふだんもちょくちょく会ってはいるが、何日も泊まり込みと言うと夏休みぐらいしかない。

今年は4泊5日。

上の孫は5歳、幼稚園の年中さん。

昨年は「アナ雪」ばかり。ショッピングモールなどで「レリゴー」が流れるとエルサになりきって歌って踊っていた。

今年は「プリキュア」。ポーズを取ったり、私を悪者に見立てて攻撃を仕掛けてきたり。「やられた〜」と相手をするのも大変。

ウチの子ども達のころは魔法を使っても、闘うことはあまりしなかったような気がする。「セーラームーン」からかなぁ。

年中さんになってピアノを習い始め、ウチに来ると、ピアノの前に座る。

母が昭和30年代に買ってくれたピアノだ。「お母さん、ひ孫が弾いてますよ」と心の中で報告する。

絵を描いたり、工作をするのも好きだ。静かだなと思うと、作業している。とても集中力がある。

今年は自転車の補助なしの練習を始めた。娘の住まい近くはなかなか練習場所がないようで、ウチに来た時に乗る。この辺りは公園も多いから。自転車もウチに置いてある。

下の孫は1歳10か月。二語文を話すようになった。「でんしゃきたねー」。そう、電車が好き。「〜だねぇ」が多いのは普段、母と姉といるからかな。

プラレールを組み合わせて電車を走らせると飽きずに眺めている。トーマス列車は寝る時も話さない。

言葉は母親でないとわからないものもある。

私の目を見つめて「※◇?*△」と言うが皆目わからない。二度ぐらい繰り返されると、適当に答えてごまかす。でも申し訳ない気持ちになる。早くわかるようになりたい、というか分かる言葉が話せるようになるといいね。

お姉ちゃんが「ゴープリキュア」というと「ゴーふにゃふにゃ」。プール遊びでお姉ちゃんが「ジュースはいりませんかぁ」とコップに水をくむと、弟も「※□*◎ かぁ」という。すぐまねっこ。可愛いったらない。

ばなな、ごはん、せんべい、おいしい、飲む、は頻出言葉。食いしん坊だ。

娘と孫娘が出かけて、孫息子が私と二人になった時、しばらく悲しそうな顔をしていたが、タッタッと私の方にやってきた。

そして、私に寄りかかる。私が抱き上げると、なんとなく静かになって、そのまま腕の中で眠ってしまった。泣きもせず、す〜っと寝た。

全面信頼だよね。あまりべたべたしない祖母だけど、それでも、こんなに安心しきって寝てしまうのね。本当に愛らしい。

孫たちが帰った後も、その感触を思い出すと幸せな気分になる。

また遊びにおいでよね。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ