2015/12/22

CWC決勝戦  サッカー(その他)

準決勝と違って、今日は娘と娘の友人の3人で観戦。楽しかった。

クリックすると元のサイズで表示します
三角橋。リーベルサポでいっぱい。

3位決定戦のハーフタイムに横国に着いた。まだ前の試合なのに、リーベルサポは歌を歌って盛り上がっていた。

広島は後半2点を入れて逆転、広島の選手のスピードと細かい技術に広州はついていけなかった。見事CWC3位。

ハーフタイムにジャニーズのNEWSが出てきた。紹介されてもまばらな拍手。大会公式ソングを歌った(口パク?)

試合前の練習。リーベルが先に出てきた。リーベルサポが盛り上がる。
バルサが出てくると、会場中(リーベルサポを除く)が大歓声。

私たちの後ろは高校生くらいの若者たちだったが、大興奮。「メッシを見られるんだ!」「どこ?どこにいる?」「あ、イニエスタだ」「ネイマールだ」

クリックすると元のサイズで表示します

バルサ側なのに、私たちの斜め前にリーベルサポ数人。リーベルサポの歌に合わせて大声で歌を歌う。大声で、エネルギー量が私たちの4倍くらいありそう。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴール裏のバルササポ。

クリックすると元のサイズで表示します
選手入場

試合開始。最初のうちはリーベルが攻め込む。若者たち「ピケ、でかい、高い」「マスケラーノ、はえー(早い)」

「バルサ、シュートあったか?」なんて言っているうちに、遠い方(ホーム側)でクロス、折り返す、誰かがシュート。ゴール!! 一斉に立ち上がる。

「誰だ?」「メッシじゃね?」とガヤガヤ。

大型画面に再現映像。「あ〜メッシだ」「左足アウトサイドだ」「すっげえな、あれだけ囲まれて」周囲は大喜び。

家にいる夫からも「メッシのゴールはすごいな」とメールが来た。

クリックすると元のサイズで表示します
そんな中、リーベルサポだけふてくされている。

あっという間の前半終了。後半はこちらにバルサが攻めて来る。MSNがよく見えるはず。

スアレスにロングパスが入る。決定力がもうマリノスとは違う(←これがマリノスファンの悩み)。ボールが入った瞬間決める!ってわかる。GKの足元を抜いて2点目。

クリックすると元のサイズで表示します
ボケ写真だけど、喜ぶバルサの選手たち。

次もネイマールから走りこんだスアレスへクロス。これもスアレスの顔が見えた途端、入るってわかったよ。ヘディングが決まる。3点目。

若者たち「やべえ、オレ夜眠れなさそう」「明日学校休んじゃおうかな」

メッシ、スアレスと得点なので、「ネイマール」「ネイマール」と期待が高まる。ドリブルで4人抜きして「撃てっ」というタイミングで倒されたがPKはなし。他にもわぉっというプレーはあったが、シュートのタイミングがずれて得点はなし。

ネイマールが交代で退く時、リーベルサポが「♪ネイマール ×▼△*〜」と歌っていて、これはどう聞いてもネイマールはしょぼいとか悪口に聞こえた。

リーベル、サポーター達、弾幕掲出禁止場所なのだが、何度も出そうとして警備と駆け引き。見てると面白かった。

クリックすると元のサイズで表示します
これくらい遊ばないと、やってられないよね。

バックスタンド真ん中あたりでウェーブを起こそうと何回か試みていたが、2m進んで終わり。リーベルサポも多かったし、ウェーブどころではない。

終わりの方でリーベル、ミドルシュートがポストにあたった(あるいはGKが弾いてポストだったかな?)のが唯一の反撃位でバルサの完勝だった。

それでも、試合終了後、リーベルの選手たちへリーベルサポから大きな歌声。ありがたいことだと思う。

表彰式。

試合前のイベントも地味、選手紹介も文字だけで地味。「今年は地味だねぇ」と言っていたら、表彰式はそれなりだった。レーザー光線がサッカーコートのラインを描き、センターサークル付近からはサプライズゲストで澤選手が登場した。

表彰のため、FIFAのメンバーが出てきたが、みんな汚職まみれだから、誰が来たのだろう?審判表彰にはリーベルサポからブーイング。

広島3位。立派だった。優秀選手はイエニスタ、メッシ、スアレス。
クリックすると元のサイズで表示します
バルサが優勝カップを掲げる瞬間の花火。

クリックすると元のサイズで表示します
ピッチ一周。この時ずっとバルサの歌が流れてきて、私たちも手拍子をしたり、一緒に歌ったりした。

バルサ一行も「バルサ、バルサ、バールサ」の時サポーターと共に手を上下に振っていたね。

近くの人たちはリーベルサポと記念撮影をしたり、写真を撮ってあげたりしてた。楽しい。

今回、若い人たちが本当にサッカーを楽しんでいて、有名選手を見て興奮していたのを見て、私など年配者が見るのではなく、若い人たちに席(チケット)を譲るべきじゃないかなと思ってしまった。

若者たちはすごく刺激を受けたと思うし、異文化交流にもなったと思うし、こういう機会をもっと味わってほしいと思う。

とはいえ、来年もCWCが来るなら、行きたくなってしまう。ウズウズしちゃうのだろうな。ましてスポンサーが中国企業になったので、再来年からは中国開催になってしまうかもしれないのだ。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ