2005/7/31

バルサ再戦  サッカー(マリノス)

1−1の引き分けだった。決着はつかなかったわけだ。思ったよりマリノスが頑張った。坂田はトラップ練習しなさい。隼麿はFC東京戦以来自信喪失?全く勝負を挑まなかった。若い選手(後藤、狩野、山崎)が次々出てきて、それなりのプレーを見せてくれたのが嬉しかった。勇蔵はJレベルでは物足りないのかも、こういう相手のほうが良さが出る。ヘディングは見事だった。
ロナウジーニョは後半20分位の出場だった。でも彼が出た途端会場の雰囲気が変わった。興奮に包まれた。まさにスター。今回のプレーは物足りなかったので、また日産に戻ってきてください。

クリックすると元のサイズで表示します
インタビューに答えるロナウジーニョ
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ