2016/3/26

日本対アフガニスタン戦  サッカー(代表)

ロシアW杯アジア2次予選 対アフガニスタン戦@埼玉スタジアムに行ってきた。いつものように観戦風景です。戦術やら、フォーメーションやら技術のことは全くわかりません。

去年の夏以来かな。行く度、浦和美園周辺は変わっている。建物が増えた。そして、私は埼玉スタジアムをますます遠く感じるようになった。

スタジアムに着くと、りえすけさん、Nさん、Aさん、Bさんの前の席だった。お隣はいつも一緒に観戦するYさん。みんな顔なじみだ。

とても楽しかった!ありがとう!

クリックすると元のサイズで表示します

その時の会話。いちいち「そうそう」と頷いてしまう。

「昔は代表戦と言うと落ち着かなくて、必要もないのに家で掃除なんか始めてしまったり」
「スタジアムに何時間も前から来っちゃったり」

そうだよね。

私も朝からおなかの調子が悪かったり、スタジアムの階段を上る時、ドキドキして、息苦しくて、ふらふらしたことがあった。「どうしてサッカーなんか好きになっちゃったんだろう、俳句を読むとか、お花を生けるとか優雅な趣味しておけばよかったのに」なんて思ったりしていた。

今のチームにはマリノスの選手がいない。だから余計に緊張しない。まして、今日はアフガニスタンが相手だ。

アフガニスタンの選手たちはどこでサッカーをしているのだろう。私たちの右手、アウェイゴール裏の一角にアフガニスタンサポーターたちがいる。国旗を振り、立ち上がって熱烈に応援している。日本のどこで暮らしている人たちだろうか。

先発メンバー発表。本田、香川は控えだ。浦和関係の選手が多いかな。試合前練習に選手たちが出てくる。ひときわ大きいのがマイクだ。おっさんになったなぁ。唯一のマリノス関係者、かな。

「前は、シルエットや走る姿で選手が分かったのに、分からないや」
「国際試合だから名前はアルファベット、読むのに時間かかるよ」

試合開始。できるだけ、前半に点を入れてもらいたい。前半は私たちの方へ攻めて来るから。

とはいえ、いつものスロースターター。シュートは枠を捕えない。

それでも、岡崎の動きは目を引く。するするとDFの間を抜けてくる。一瞬DFの視界から消えてゴール前に迫る。

「おかちゃーん」とマリノスファンも応援する。あとは背番号で言う。8番誰?6番誰?みたいな感じ。

で、ようやく、岡崎のゴール。足で決めた。後で映像を見るとDFの股抜きをしてシュートしているのね。

その後は一方的だが、なかなか決まらない。

「俊輔とか、憲剛のようなパス出せよぉ」「セットプレーは期待できないなぁ」

ハーフタイム。
クリックすると元のサイズで表示します
月がきれいだったが、ズームはボケボケ

後半開始。遠い方のゴールだから、よくわからない。

「え、きよたけ?」、「え?入った?酒井?オウンゴール?」

3点目が入ると、アフガニスタンサポーター達、元気がなくなった。かなりの人が座ってしまった。旗を振る人も2人くらいしかいない。

アウェイ側のベンチ前で日本選手もアップ。「あれ、本田?」「あ、そうだね」、「一瞬スタッフかと思ったのはマイクか」。

マイクに声がかかる。マイク頑張れ―!

CKから、ゴール。また「誰が入れたの?」「ヘディング」じゃマイク?」。いや、場内放送で吉田と知る。

ついで金崎ゴール。この辺りで席を立つ人が出てきた。

小林悠も入る。前方の席の川崎サポがすごく喜んでいる。「『ムー』とか『ユー』とか(笑)」。

クリックすると元のサイズで表示します
東口は暇そうだった。

80分になったので、いつものように私は席を立つ。皆さんの「お気をつけて」との声に送られた。

外に出ると、もう駅へ向かう人の群れ。この時間に、こんなに多くの人を見るのは初めてかもしれない。昨年夏のシンガポール戦は0−0ということもあり、もっと閑散としていた。


9:59発日吉行の電車に乗れた。終点まで座っていく。私の前に立つ人ごめんなさい。途中下車はしません。

家に着くと11時半を回っていた。遠い。

日本代表は2次予選を勝ち抜き、最終予選出場を決めた。最終予選はいつからかな。どこと闘うのかな。

埼スタは引退と思いつつ、「最終予選」という言葉にまた魅せられてしまうのだろうなぁ。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ