2016/8/24

リオ五輪  スポーツ一般

パラリンピックはこれからだが、一応リオ五輪は幕を下ろした。

こんなに五輪を見なかったのも珍しい。つまり、朝起きるともう結果が出ていた、午前中の種目は家事しているか、外出しているかで、見ている暇がない。

体操もあら、金メダルなの!錦織くん、ナダルに勝ったの?吉田さん負けちゃったのか。てな具合。

真面目に見たのは、サッカーの日本代表戦と決勝戦ぐらいだ。ネイマールのPK、決まった後無表情に駆け出してみるみる泣き顔になるところ、すごい重圧と戦っていたのだなぁと思った。

予選リーグのアメリカのバスケットボールも見た。相変わらずカッコイイし、強すぎ。ただ、タトゥが気になっちゃうのよね。

あと陸上は見たかな。ボルトの100mは見た。でも400mリレーは外出していて見てない。

もともと柔道やシンクロ、卓球は見るのが好きじゃないので見なかった。

ニュースやワイドショーは日本選手の活躍ばかりで食傷した。何度放送するの、というくらいで、飽き飽き。

ま、体操の演技だけは何度見ても素晴らしいなぁと思った。

孫たちも刺激を受けて、6歳も2歳も「ブリッジ」もどきをしたり、V字バランスもどきをしたり。組体操などでやる「ヨット」。身体を横向き、片手で支えて斜めになりもう一方の手を上に上げる形、あれをやったりする。

2歳の孫は座って足を投げ出し、そのまま360度回る。どうもあん馬らしい。

孫娘は「ひねり王子」が好きだと言う。

そういえば、水泳も「ニッポン、ガンバレ、ガンバレ」と応援していた。応援するのに、水泳はスピード感がちょうどいいのだろう。

昔はボートとか、馬術とか、ヨットとかも見られたと思うけど、今回はあまりなかった。日本選手の活躍ばかりでなく、世界中のいろんな競技のアスリートを4年に1回、見たいのにテレビではあまりやらなかったような気がする。LIVEは真夜中なので、私が見ていなかっただけかな。

陸上競技になってから、各国選手の姿が見られるようになって、ホッとした。

午後のワイドショーや夜のニュース番組ももっといろいろな競技やいろんな国のこと、選手の事を紹介してくれればいいのになぁ。

北京五輪の頃から、この傾向が強まっている気がする。アテネの時はもっといろいろな競技が見られたと思う、つまり、あんまり不満に思わなかったから。

テレビ放送のない競技はネットでも見られるようだが、孫たちが来ているとパソコンを開けることもままならない。

ていうか、要するに五輪にはあんまり興味がないというか、年々興味がなくなっている。

閉会式を見て、東京五輪はできるだけ避けたいと思った。

2020年8月はどこかテレビもない、静かな所へ避難しよう。ロンドン市民も確か五輪の喧騒が嫌だったと聞いた。同じ気持ち。

「国威発揚」とか「日の丸」の氾濫は今から憂鬱だ。まさか、アベがまた出て来るなんてことはないよね(-_-)!!

もしそうなら、そんな4年後は見たくない。ほんと、生きてるのも楽じゃない。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ