2017/7/12

サッカーが遠くなってしまった  サッカー(マリノス)

6月25日の神戸戦、7月8日の広島戦、ともに行けなかった。

25日は風邪で鼻水ポロポロ、身体だるい。その上雨。(試合中は雨は上がった)

8日は午後孫をお預かり。夕飯を食べさせても19時キックオフの試合には間に合うはずだった。観戦準備(リュックにタオル、トリパラ、水などを入れた)もしていた。

なのに、男孫が発熱。出かけていた娘夫婦には連絡が取れない。これは観戦は無理だなとあきらめた。

2試合連続ホームの試合に行っていない。三ツ沢の試合を入れればもっと行っていない。

だめだなぁ。

無理しても行こう!という情熱に欠ける。

今日、3年前7月12日の三ツ沢の写真を載せていた方がいたが、勇蔵以外誰も残っていないとのこと。端戸、ファビオ、ドウトラ、小林、藤本、熊谷とか。更に俊輔も兵藤も哲也も三門もいないよねぇ。

学くんや中町さんとかが「クラブへのロイヤリティのない選手はいない」とか言っちゃってるけど、「ロイヤリティ」があったって、クラブから簡単に切られちゃうことはあるのよね。

そこが腹立たしいのよ。

俊輔の移籍発表、磐田戦での俊輔へのブーイング、マリサポの俊輔dis。心が折れた。

折れた心はまだ回復してない。

俊輔も段々磐田の水色ユニが似合ってきたしなぁ(グスン

何度も言うけど、ダゾーンでしかアウェイの試合は見られない。スカパーも天皇杯のマリノスホーム試合を放送しなかった。代表にはマリノスの選手はいない。代表の魅力的な選手がいない。

もう老女がサッカー好きでいる理由がなくなっちゃった。沢山ある昔のサッカー雑誌ももう捨ててしまおうかと思っている(俊輔特集以外)。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ