2017/12/10

開港記念館  政治

8日夜、開港記念館に行ってきた。

「今、なぜ立憲か!? 立憲民主党かながわ設立準備会シンポジウム」があったから。

クリックすると元のサイズで表示します
開港記念館のホールに入るのは初めてなので、興味津々。

クリックすると元のサイズで表示します
舞台の左側

クリックすると元のサイズで表示します
右側

風情のある建物だ。

********

横浜市開港記念会館は、横浜開港50周年を記念し、市民の寄付金により大正6(1917)年に創建されて以来、横浜の代表的建造物の一つとして多くの市民に親しまれてきました。

********

今年100周年だ。

まず、神奈川選出の衆議院議員の紹介。神奈川は5人当選したんだよね。

「今年の流行語は『忖度』『なんとかファースト』と言われてるが、本当は『枝野立て』『立憲主義』じゃないですか」by青柳議員

その後、枝野さんの講演。
クリックすると元のサイズで表示します
選挙の時と同じように、「立憲主義」の説明。枝野さんも法学を学んでいる時は立憲主義を特に習わなかったそうだ。余りに当たり前すぎて、わざわざ講義しなかったという。

選挙の時と違うのは、特別国会で自民党が与党の質問時間を増やせと言ったことへの怒り。こんなことは議会制民主主義であってはならない。

続いて元財務大臣の藤井裕久さん。演台に立った途端、「何でそんなじいさんがくるんだよ!」との大声の野次(不規則発言)。

ビックリしてしまった。議員さんやスタッフも慌てた。司会の早稲田さんが「講演をお聞きください」。

でも藤井さんはさすが政治の修羅場をくぐってきた人だね。すこしも慌てず、「じじいだが、まぁ話を聞いてくれ」と、岸信介の話(悪い奴だが、アベよりまし)、治安維持法と共謀罪、「歴史に学べ」と話した。その野次主ともその後和気あいあいでやり取りしていた。

その後が千葉大の小林教授。サンデル教授の「白熱教室」の解説をした方だそうだ。同じように会場に二択の質問をして、論を進めて行く。

どうも会場の人たちは「保守」的だったかも。設問自体もあまりよくないと思ったが、「貧困層の引き上げ」より「分厚い中間層の復活」を選ぶ人が多かった。

貧困層をなくしていくことが分厚い中間層を作っていくことと思う。しかし、あえて二択にし、後者を選んだ人たちは今そこにある貧困より、中間層が貧困層に落ちないようにする方を選んだのだと思う。

右翼が応援するのを「良い」と思う人も多かった。私は一概に言えないと思っている。小林よしのりの悪行は忘れてないよ。

小林教授は立憲民主党のブレーンなのだろう。従来の「護憲」でなく、若い人たちも巻き込む「憲法談義」はおおいにやるべきとの立場だ。

私は今、安倍政権の改憲の議論に乗るのは危険だと思っている。相手はあのアベ政権だ、悪辣で何でもやる、立法権も行政権も司法権もメディアも握っている。巨大な資金を使って広告攻撃もしてくる。

できるだけ、その論議には乗らないで、もっと国民の生活に直結する政治、政策を論議すべきだと思う。「憲法改正は必要ない」と思っている人の方が多いのだ。憲法改正論議に乗って時間を使うより、生活の立て直しを訴えて、国民の支持を広げるべきだと思う。

(国会の駆け引きは難しいだろうけど)

で、私はここに参加している人たちよりも共産党の方に近い感覚なのかなと思ったりする。好きなのはSEALDsだけど。

阿部知子議員が来年1月には立憲民主党神奈川支部?を立ち上げると言っていた。県議会議員、市議会議員も来ていた。こういう人たちは立憲にいくのだろう。

そうそう、金子洋一さんも来てた。彼は中谷君の応援団だったから、立憲民主党に入るのだろうか。あの「日本会議」どっぷり議員が、立憲、草の根民主主義を実践するとは思えないのだが。変わり身の早さということだろうか。

それにしても港北区民進党の議員で希望の党候補を応援した人たちはどうするのかな?希望の党に行くしかないが、希望の党の支持率は1%だよ。ま、消えてくれて結構です。

安保法制可決後の桜木町街宣に来てた民主党議員は金子洋一さんをはじめ、ろくでもなかった。演説もレベルが低かったし、対話を求めた市民に対してもけんもほろろの対応だった。

阿部知子さんも「?」と思う所があるからなぁ。

でも、立憲民主党立ち上げの初心を忘れず、「まっとうな」「草の根の」「あなたがつくる」政党であってほしいと思う。
1



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ