2018/3/7

オペラ「ホフマン物語」  音楽

新国立劇場にオペラ「ホフマン物語」を見に行ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

新国立劇場HPより
ホフマン物語⇒http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/9_009640.html

詩人ホフマンの恋の遍歴を幻想的に描いた物語。

ソプラノ歌手ステッラを待ちくたびれたホフマンは親友ニクラウスとお酒を飲みながら、周りの学生たちに過去の失恋話を語り始める(1幕)

人形オリンピア(2幕)、病弱な歌手アントニア(3幕)、高級娼婦ジュリエッタ(4幕)との3つの恋だ。

語り終えて酔い潰れたホフマンに。ステッラは上院議員に連れ去られてしまう。ミューズは「詩人としてよみがえりなさい。人は恋によって大きくなり、涙によってさらに大きくなるのです」と語りかける(5幕)。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな時間配分。

このオペラを見ようと思ったのは、コルチャックとコニエチュニーが出ると知ったから。早々とチケットを取った。

コルチャックさんは2016年4月(もう2年前か!)に「ウェルテル」を見に行ったので、また見たいと思ったこと。

新国立劇場HPにコルチャックさんのインタビューがあって、ビゼーの「真珠採り」でデビューと書いてあった。

私が見た笈田ヨシ演出は2012年なのだそうで、だからそれがデビューということはないよねぇ。NHKの放送(録画した)を見てたので(=ハンサム、甘い声)、ウェルテルの代役の代役と聞いた時に見に行こうと思ったのだ。新国立のHPでは「ウェルテルで一躍脚光」と書いてあるけど、かなり知られた歌手だったのではないの?少なくともこの私でも知ってたよ。

今回も見目麗しく、素敵だった。

コニエチュニーさんはヨナス・カウフマンさんの「西部の娘」「フェデリオ」で悪役だったから、何度も録画で見た。演技がうまいし、動きのキレがいい。

日本ではワーグナーをよく歌っているみたいね。新国立劇場は初登場というので、ちょっと意外だった。

コニエチュニーさんは4役演じたのだけど、背も高いし、かっこよかった。ワル親父風が良くて、ヒョウ柄とか似合ってた。

聴衆に受けていたのは人形のオリンピア。ソプラノ歌手の技巧を見せつけられる役だと思う。笑いが起こっていた。

アントニアはオリンピアを違って悲劇的。最後の母と医師とアントニアの3重唱は劇的で胸に迫って涙が出た。

ホフマン物語といえば「ホフマンの舟歌」。女性二重唱の美しい歌。4幕ジュリエッタと、ニコラウス(ミューズ)が歌う。これはとても有名。

3つの恋物語は別世界の話なので、セットも衣装も幻想的、色使いも凝ってた。

今まで見て来たオペラとは違って、エンターテイメント的。楽しめた。このオペラのファンが多いのはよくわかった。

そうそう、一応、METホフマン物語の録画があったので、予習したのよ。

豪華な舞台装置、ダンサーも含め出演者が多くて華やかな舞台。女性陣も魅力的。だけれどもホフマン役のグリゴーロの声が好きじゃなくて(細かいビブラート)、2回目の途中で見るのを止めてしまった。

その点、コルチャックさんの声はストレートな甘い声で、よかった。

カーテンコールは盛大な拍手、歓声だった。何度かあいさつの後、コルチャックさんが最後小さくバイバイと手を振ったのが可愛かったな。

初台は今年二回目。そうかヨナスさんのコンサートから2か月経ってしまったのか。

あと4月にアイーダに行く予定。トスカとかフィデリオも見たいけどね。お財布と相談。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ