2018/3/19

創作和食を食べた  旅・散歩

岐阜へ行く楽しみは食。今は名古屋の陰に隠れているが、織田信長以前から長い歴史のある都市。かつては繊維産業が栄えて、歌にも歌われた「柳ケ瀬」は日本一の歓楽街、と言われた。

その文化の蓄積があって、食も豊かだ。岐阜で外食するとイタリアンも、中華も、和食もとてもおいしい。

今回は、以前も行った「楮(こうぞ)」の姉妹店へ行った、前回の店は満席で予約が取れなかったのだ。「楮 はなれ」で、本店のお隣にある。

本当においしい!!写真を撮ったので、次々に載せる。

メニューはこちら
クリックすると元のサイズで表示します
「初蝶の宵」とおしゃれな名前が付いている。

まず「わさび菜と蛤の白和え」
クリックすると元のサイズで表示します
わさび菜のピりっがアクセント。だしのうまみたっぷりジュレ

よもぎ豆腐の椀
クリックすると元のサイズで表示します
お魚は連子鯛。かけてあるたれがだしが効いていておいしい。

穴子の刺身
クリックすると元のサイズで表示します
穴子の刺身は珍しいと思う。さっと湯通ししてある。

白子とさつま芋の柚子味噌焼き
クリックすると元のサイズで表示します
この組み合わせの妙。

子やりいかのそうめん
クリックすると元のサイズで表示します
グラスに入れているのがおしゃれ。かつおだしの旨味がイカを引き立てる。

うなぎとじゃが芋
クリックすると元のサイズで表示します
これも組み合わせが面白い。

飛騨牛ステーキ
クリックすると元のサイズで表示します
レンコンチップスがパリパリでおいしかった。ステーキの下は厚肉のしいたけ。

この頃になると、そろそろおなかがいっぱいになる。

うどごはんと味噌汁
クリックすると元のサイズで表示します
ご飯は少な目にしてもらった。

すみれの杏仁
クリックすると元のサイズで表示します

お料理は4000円コース。これ横浜で食べたら6000円以上だと思う。

飲み物はスパークリングワイン。スペインのラルボック・カヴァ・ブリュット。
それに追加で期間限定「桜のカクテル」、岐阜の日本酒。

とにかく、おいしーい!!!
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ