2018/5/13

14.外食と買物  旅・散歩

食事について。

朝食はホテルで、昼はサンドウィッチが多かった。

サンドウィッチはおいしかったので、不満はない。パンもおいしい。

外食は割高だと思う。29日昼ナッシュマルクトでシュニッチェルとソーセージ、ビール。そのの夜もナッシュマルクトでアジアン系の店。おなかが疲れるので軽いものと思い、「うどんスープ」なるものを食べた。

クリックすると元のサイズで表示します
コンソメ味。ま、食べられないことはない。ワンタンスープというのもあった。

アジアンは人気のようだ。日本の寿司も巻物も、握り寿司もある。なんかわからない丼物もあった。ギョーザ、シューマイもあった。タイ風の焼きそばもあった。

ケルントナー通りにあるシーフードチェーン店ノルトゼー(NORDSEE)でも食べた。

トレイを持って並び、ショーケースにある惣菜などを店員さんに盛ってもらいレジで精算する。ここでホワイトアスパラを食べた。

指さしで注文できるし、店内で食べることも、テイクアウトもできる。気楽で良いのではないだろうか。

よく利用したのはSPAR(スーパーマーケット)。特に水は何度も買いにいった。

ウィーンの水道水は飲めるそうだが、カルシウム分が多いので合わない人はお腹を壊すと聞いた。なので水は買った。1.5リットル0.75ユーロなので100円くらいかな。安いと思う。それに美味しい。ガス入りとガスなしがある。

ビールやジュースも買ったし、サンドウィッチもここで調達した。缶ビールは適当に選んだが美味しかった。サンドウィッチは前に書いた通り。

つまり、ちゃんとしたレストランには一度も行かなかった。

一日歩き回ると疲れて、気の張るレストランに行く気にならなかった。メニューを読んで注文して、精算してチップを渡して、なんて、慣れてないからとまどってしまう。

2日間はオペラがあって、ゆっくり夕食は取れなかったし。あちらの方々はオペラの後夕食らしいのだが、そんなに遅くに食べる習慣がないので、無理だった。

しかも、1日夜にはおなか壊して、まる一日絶食に近かった。

今回の旅行、食事面はあまり豊かではなかった、です。

追記:ロンドンに行ってた娘は「とにかくパンがまずい。サンドウィッチもおいしくない」。ローストビーフもインドカレーも食べたけど、たいしたことない。

極めつけは、老舗ホテルのアフタヌーンティ。スコーンがしょっぱかったそうだ。

隣りの大阪のおばちゃんたちが「これ、変だ」と言いだして、店の人に「ソルティ」と言った。最初「何言ってるの」みたいな態度だったウェイターも食べてみて「あっ」。

シェフが塩と砂糖を間違えたんだって。こんな有名老舗ホテルでなにやってるのだろうか。その点ウィーンはおいしかったよ。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ