2018/9/17


16日は午後4時まで会合があったのだが、途中で抜け出して日産スタジアムへ行った。

選手入場時くらいだったので、その前にあったイベントは何も知らない。もちろん沸騰ユニもユニ用チケットを購入しなかったので、もらってない。(前のユニフォームの方が良かったと思う。今回のは白いペンキがぶちまけられたようで好きでない=個人の意見です)。

クリックすると元のサイズで表示します
ビッグフラッグいつもありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します
浦和のサポーター。みんな跳ねているから、スタンド全体が揺れているみたい。2階のサポーターの横移動もあって、目がおかしくなった。

今日は4万人入ったとか、確かに。
クリックすると元のサイズで表示します
ゴール裏2階も、メインもぎっしりだ。

試合経過はマリノス公式⇒http://www.f-marinos.com/match/report/2018-09-16

そうだねぇ、前半のポストに当たったのとか、惜しいシュートが何本もあった。みんなが思ったろうけど、攻勢の時に決めておかないと後できつくなる。

仲川もキレキレだったし、大津は守備ですごく頑張っていた。チアゴの守備には周囲から「あいつ、すげーなー」と感嘆の声が上がっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
あまじゅんのFK。注目度高し。決まらず。

前半も残り少ない時間帯、浦和のFKからゴールを許す。嫌な時間帯に先制をされてしまった。

後半開始。頼むよー
クリックすると元のサイズで表示します

後半も追いつこうとマリノス攻勢。でも時間かけ過ぎ、というか、パスをしているうちに浦和の守備が整ってしまう。

仲川が裏へすごい勢いで走り出して手を挙げているのにボールが出なかったことがあった。周囲の人たちは「ボールが出ないのか」「見てないのか」とがっかりしていた。その後仲川はいいシュートを放ったが西川にはじかれてしまう。残念。

大津⇒ウーゴ。

ウーゴの粘りのゴールで追いつく。
クリックすると元のサイズで表示します
ウーゴのゴールへの執念を感じた。

その後もずっとマリノス攻勢なんだよねぇ。でも、クロスをあげても浦和のDFにばかり合っていて、跳ね返されてしまう。これは技術の問題ですかね。それとも攻撃が単純すぎて読まれているのかな。

そして、手数が多くて、いや足数というのか、多くてチマチマやってる。もっとシンプルにやれないのか。

と思っていたら、お手本を見せられた。浦和の武藤、DFとの駆け引きしつつ、センター付近からのパスが出た途端、走りこんでGKと1対1、これを決められる。

老練。したたか。さすが元日本代表だね。

自分たちはカウンターができず、カウンターをされてしまう。

その後も攻める。伊藤翔ヘディングは弱かった。山中へボールが渡った時、周囲は「打て打て」。山中のミドルシュートの威力を知ってるからだ。でも、打たなかった。

ロスタイムには早く攻めないといけないのに、後ろでボール回し。&小競り合い。。こういうのはいただけないな。

結局1−2で敗北。

4万人の大観衆。勝ちたかった。
クリックすると元のサイズで表示します
2階席観客席の一番後ろは立ち見客。黒く点々とシルエットが見える。それくらい観客が入ったのだ。

私の感想は「マリノスの選手はナイーブ。浦和はしたたか・老獪」。

ナイーブを日本語で言うと、どういえばよいのかな、未熟、素直、単純、真面目、バカ正直、簡単に言うと、したたかさがない。

試合後の監督インタビュー、選手の反応がYahooニュースのトップになってた。「内紛」と。残留争いをしてるとこうことが語られがちだ。でも「内紛」は大げさだと思う。

しかしまぁ、監督のインタビュー(上記マリノス公式HPにある)を読むと、かなり執拗に「メンタリティ」と言っている。

サンスポとYahooニュースではちょっとニュアンスが違うのね。
Yahooニュースの方の伊藤翔発言「負けた結果を次にどう生かすかがない」という発言は責任回避ではないと思う。チームとして問題点を共有すべきということでしょ。

それは選手が個人で反芻することでもなく、選手同士で話し合うのでもなくて、監督の仕事だと思う。

いろいろコミュニケーション不足なんだなとは感じる。

まして、中断期間後、新入りの選手がいるわけだから、そこはしっかりとやってほしい。

ほとんどの選手は反省していたわけだし。

選手たちのプレーぶり、上で「ナイーブ」と書いたけれど、闘う気持ちも必死さもあったと思う。空回りしてるのがもどかしかった。

だからこそ、自信を持って、果敢にプレーできるよう、監督は励ましてほしい。

頼みます。選手も崖っぷちなのはわかってるはず。名門だから降格しないなんて甘い考えは通用しない。

次は磐田戦。見るの辛い。お互い負けられない。必死の闘いをしてください。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ