2018/11/24

最後だけ聴いた。  音楽

「オテロ」のネットラジオ放送があると知ったが、深夜なのであきらめていた。

(11/25追記:オンデマンドで一か月聴けるそうです)



夜中3時過ぎに目が覚めた(トイレに行った)。起きたので、このtweetのリンク先をクリックしてみた。しばらく聞いていたがドイツ語のナレーションやインタビューは流れてくるが、なかなかオペラは始まらない。「もう無理」と思って、スマホを消した。

朝、6時頃ふと目が覚めて、「ひょっとして『オテロ』、まだ放送しているかも」と思った。またbr-klassikをクリックして見た。

ちょうど、第4幕「エミーリア」と「オテロ」のやりとり、そして息も絶え絶えのデスデモーナの歌だった。だから、「Nium mitema」〜最後「un altro bacio…」も聴くことができた。

オテロが騙されたと知った時から、自裁するまでの歌声、うろたえ、絶望していく様が、声の表現だけでわかる。う〜ん。さすがだ。

「Un bacio…un bacio ancora… ah!…最後のbacioのcioはロイヤルオペラと同じように「吐息」だった。 (追記:ヴェルディの楽譜にはそもそも最後のcioには音符がないそうです。無知ですみません)

幕が下りて、拍手は最初は抑え気味だった。観客も余韻を噛みしめているようだった。その後、ナレーションが入って劇場の様子は聞こえにくくなったが、それでもカーテンコールの時かな「ブラボー」や叫びが地鳴りのように聞こえた。



これで見ると、ヨナスさんはスキンヘッドではないじゃないですか!どうなってるの?カツラ?それともスキンヘッドの写真がコラ映像なの?

このオペラを現地で見てらっしゃるwaiwaiさんのtweet



斬新な演出のようだ。12月初めにネット中継があるようなので(たぶん)、楽しみにしよう。

そして、クラシカジャパンさんかNHKさん、これ放送してくださいませんか。ブルーレイは出たら買います。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ