2018/11/29

サントリーホールへA  音楽

休憩の後は、ズービン・メータ指揮バイエルン放送交響楽団「春の祭典」。

音楽は通り過ぎていくものなので、今記憶を呼び起こそうとしているが、無理っぽい。

何しろ、「春の祭典」を聴くのは初めてなのだ。

現代音楽は敬遠していた。「春の祭典」ほど有名な音楽ですら。あの有名な「バンバンバンバン」という弦も一斉に弾くリズム、あれくらいしか知らない。

大編成のオーケストラなんですね。

最初静かなきれいな音楽から始まって、「へぇ」と思って聴いていた。で、すぐに例のあのリズム。

もう書けません。

打楽器が入って、身体からゆすぶられる。原初のエネルギーと解説にも書いてあるけれど、そうなんですよね。ティンパニー2台、大太鼓、「ピシっ」となる楽器(ドラマの音楽なんかでもつかわれる)、トライアングルやら、タンバリンやら、打楽器総出演の大迫力。まさに炸裂。

そして、木管楽器も大活躍。あの「能管」のような「ピィっ」という音にはびっくり。西洋楽器であの音を出すんですね。一方、フルートなどで美しいメロディーもあり、初心者には刺激ありまくり。

あー強烈な音ばかり印象に残っていて、そうではないところはどうだったか、記憶から滑り落ちている。

私は目を開けていると情報量が多すぎるので、目を瞑って聴いていることが多いのだが、今回は「どの楽器が鳴ってるの」と目を忙しく動かした。

不協和音は苦手だったが、考えを改めた。

そして音楽を聴きながらバレエを見てみたいなと思った。今までそんなことを思ったことはないのよ。

あんな不協和音の炸裂する音楽でも、音はクリアで品があって、厚みがあって、美しくて・・・語彙不足

素晴らしかった。

私は初心者なので、モーツァルト、ベートーベン、ブラームス、チャイコフスキー中心、(大きく見積もってもシューベルト、シューマン、スメタナ・グリーグ・ドヴォルザーク・シベリウスまで)なのだ。だから、本当に初めての音楽体験だった。

聴いていて幸せでした。幸福感に包まれた。

他の方のtweetを見ても、皆様大感動ですね。







私は本当にこの公演に来てよかったと思った。

拍手の後はメータさんが団員を次々に指して、各パートの方々が立ち上がる。そのたびに大きな拍手が送られた。ティンパニーとフルート(女性)には拍手が特に大きかったかな。

アンコールは白鳥の湖から。
クリックすると元のサイズで表示します

大編成のオーケストラの演奏は厚みがあって、それでいて流れるように美しかった。途中でウルウルしてしまった。生の音の美しさ。これはコンサートホールでないとわからない。

こんなオーケストラならバレエをぜひ見に行きたいと思った。
(昔、東京フォーラムの後ろの方の席で「白鳥の湖」を見たのだが、ダンサーは豆粒だし、オーケストラはあまりうまくなかった。それ以来バレエは見に行っていないのだ)

終わると、ブラボーとスタンディングオベーション。私も周囲の人たちとともに立って拍手した。マエストロは拍手に応えた後、介添えの方とゆっくり舞台を去って行った。

メータさん、急な代役でも来てくださってありがとうございます。東日本大震災の時、来日公演を続け、中止で一旦帰られた後、4月に戻られて東日本支援の「第九演奏会」を開いてくたさったこと、忘れません。ありがとうございました。また来日されたら、コンサートに行きます。

メータさんが舞台から去るのをオーケストラの皆様はずっと見送っていた。マエストロが舞台の袖に消えると、団員さん達、お互い抱き合っていた。会心の演奏だったのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
華やかなクリスマス飾り。

今年はヨナス・カウフマンさんのオペラコンサート@サントリーホールで始まり、キーシンさんメータさん&BRSO@サントリーホールで終わる。金欠で今年のコンサートはこれで終了(予定)。

それにしても、音楽に関しては今年は幸福な一年だった。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ