2018/12/31

今年の振り返り  

大みそかは娘一家が来て、夕飯を一緒に食べる。

しかしまぁ、


こういう騒ぎであった。

さて2018年の振り返り。
なにより、何故まだアベが政権にいるんだよ!

一刻も早く追放したい。ついでにつかまってほしい。テレビからあの顔と声を聞くことが一生ないようにしたい。もう〜吐き気がするんだよ。

自分のこの1年。
何といってもウィーン旅行でしょう。楽しかった。もう1〜2回海外に行きたいけれど叶うかなぁ。

☆サッカーは半ば引退状態。代表戦は行かないし、マリノスの試合も三ツ沢は行かない。他に用事があれば、そちらを優先。

見た試合は12試合。
前も書いたけれど3勝7敗2引き分け 勝率2割5分

ベスト試合は札幌かな。
ワーストはいくつもあるけど、名古屋戦かな。

もう、毎回同じ愚痴を言ってる。来年は、年チケ止めるし、ダゾーンは見られないから、マリノスのサッカーに接することができなくなる。なので、もうそんなことを言わないで済むから、気分は晴れやかかもね。

☆オペラ、コンサート
クラシックファン、演劇バレエファンの方は公演見た回数100回を超えるんですね。200回を超える方もいる。費用はどうするんだろうと、つい考えてしまう。

今年はヨナスさんを3回。日本のコンサートを2回。ウィーンでオペラ1回。
これだけで幸せですわ。

まとめると、

オペラは「ホフマン物語」「アイーダ」「トスカ」いずれも新国立劇場
「アンドレア・シェニエ」「アイーダ」ウィーンオペラ座。
コンサート形式オペラ「ローエングリン」東京文化会館、
コンサート ヨナス・カウフマン「オペラを歌う」サントリーホール&オペラシティコンサートホール

ピアノリサイタル キーシン 横浜みなとみらいホール
バイエルン放送響&キーシン サントリーホール

どれも素晴らしかったです。で、ウィーンへ行ったので、その分コンサートは少なくなった。来年はもっと行きたいなぁ。ロイヤルオペラが9月に来日するが、最安値席で17,000円なんだよねえ。

そうそう、みなとみらいホールの友の会主催の「試聴ラウンジ」も2回行った。
1回目は「キーシンの音楽」でこのblogにも書いた。もう1回は「ドイツオペラ」でワーグナーの「ニーベルングの指環」ショルティ指揮ウィーンフィルの名盤を聴いた。こういう催し物が来年もあったら聴きに行きたい。

今年、映画や展覧会は数が少ない。夏が猛暑だったので、電車に乗ることをしなかった。

☆映画
私が見たのはたったの6本。METライブビューイング「西部の娘」を入れると7本(しかもこれ、3回見に行った)だが、これは勘定に入れない。

6本の中で一番良かったのは「1987年 ある闘いの真実」かな。次は「バディントン2

娘のベストは「パディントン2」次いで「ペンタゴンペーパーズ」だそうです。

夫は「タクシー運転手

☆演劇は「空気2」のみ。こういう演劇がテレビで放送されるような世の中でないといけないと思う。

☆展覧会。

今年はあまり行かなかった。
3月に「ブリューゲル展」と「仁和寺と御室派のみほとけ展」、11月にルーベンス展。

でも!!ウィーンで「美術史美術館」(2018年5月10日のblog下の記事)、「ベルヴェデーレ宮殿」へ行った!!

☆旅行は岐阜、広島・岡山、そしてウィーン
行って良かったなぁと思ったのは「牛窓」そしてウィーンの「ハイリゲンシュタット

結局人々との触れ合いが旅を豊かにしてくれるのだと思う。

来年は展覧会、音楽会をもう少し増やしたいと思う。

0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ