2019/5/27


俊輔の見納めかもしれないと、磐田戦のチケットを取った。せめてベンチに入ってくれたらなぁ、と思った。

ビジター席にしようかとも迷ったが、俊輔が出場しない可能性が高いし、18日の席が楽しかったので、バックスタンドにした。

5月なのに30度超えの猛暑。横浜市内は午前中に光化学スモック警報が出ていた。外での活動も控えるよう警告されていた。

せめて夜の試合だったらよかったが、13時からだ。

暑さ対策は万全。前の日からペットボトルを凍らせた。それとは別に小さいペットボトルと保冷剤。ネットクーラー、扇子。自転車に乗るので、帽子、UV手袋にサングラス。

先発メンバーのメールが来ていたので、俊輔がベンチにいないのもわかっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
試合前。

クリックすると元のサイズで表示します
磐田サポ。直射日光を浴びるので、応援はきついだろうなぁ。思ったより人数は多い。

キックオフ前、普段通り写真を撮ったら、写っていたのは磐田の選手。
クリックすると元のサイズで表示します

いつもと逆。暑さ対策か、日光(まぶしさ)対策か?

試合経過はマリノス公式。
https://www.f-marinos.com/match/report20190526/

(この公式のリンク。いずれ切れてしまうかもしれない。過去の観戦記のリンクは今のHPにつながってしまう)。

試合開始。マリノスの攻撃が続く。磐田は一生懸命プレスに来るが、あまり効果的ではなかった。

マリノスのシュートはカミンスキーの守備に何度か阻まれる。ゴールは取れる時に取らないと難しい試合になる、と思っていたら、40分、マルコス・ジュニオール、この選手はシュートの技術が高い。巧いよねー。もうこの位置でボールが来たら、絶対に決める。

1−0。

磐田はプレスに来ても上手く行かず走らされていたから、後半大変だろうなぁと思った。

後半開始。磐田は全然攻撃の形が見えない。田口のFKくらいだったかな。

ティーラトンが溌剌。クロスも正確。CKも任されていた。

後半早い時間に仲川の追加点。ついでPK。

ゴールの写真を撮ったが、何点目?3点目かな。
クリックすると元のサイズで表示します
PKだから撮る余裕があったのかも。

もうマリノス、大丈夫でしょう。今の磐田の調子じゃ取れても1点だ。

更にエジカル・ジュニオ。扇原の折り返しを余裕で流し込んだ。

選手交代は代表(級)の天野と三好。この時間にこのレベルの選手が出てきたら敵チームは嫌になるだろうね。

いつの間に選手層が厚くなったのかしら。ケガの選手や海外遠征の選手もいるのに。そうか、センターバックの選手がもう少しいると良いのか。

マリノスはもうやりたい放題。嶋中のヘディングはポスト。

クリックすると元のサイズで表示します
GK朴選手の位置はこんな感じ。DFラインは高いが、以前のようにGKがハーフラインを超えることはない。昨年のあの作戦は一体何だったんだろう。

磐田は打つ術なし。策もなし。いつだったか、磐田の批評で、戦術もなくただボールを回しているだけで個々の選手がばらばらに動くだけ、このまま漫然と降格一直線と言う風なことを言われていた。そんな感じ。

マリノスは最後まで攻撃の手、いや足を緩めなかった。

私はまだ選手を把握していない。前からだけど、システムはわからない。

個々の選手の動きを時々確かめるだけだ。遠藤のドリブルも仲川のスピードも、マルコス、エジカルの能力の高さ、喜田と扇原のコンビも両サイドも中央の強いDFも、みんないいね。

危なげなく試合終了。

クリックすると元のサイズで表示します
パラソル。

クリックすると元のサイズで表示します
サントリーのMOMはチアゴ。笑顔が可愛らしかった。

そして日清オイリオデーのMOM
クリックすると元のサイズで表示します
マルコス・ジュニオール。

本当に良い選手が獲得できたよねー。こんなに良い選手は誰以来? (私は柳相鉄以来と思ってしまう、もちろん2013年のマルキーニョスは良かったと思うけど)。

今回も楽しかったので、また観戦に来ちゃおうかなぁ。次は松本山雅だ。松田直樹デーだしね。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ