2019/8/26

あいちトリエンナーレ2019  展覧会

試合翌日、どこに行こうか、醒ヶ井にも行ってみたい、犬山城は前行きそこなったから行こうか。いろいろ考えたが、せっかくなので「あいちトリエンナーレ2019」に行くことにした。娘が「見たい作品がある」という。

名古屋駅は人が多い。ごった返していた。地元の人だけでなく、旅行客も多い。今日は「よさこい」があるらしく、そういう衣装の人が沢山いた。

名古屋美術館は名古屋から地下鉄で2駅栄駅にある。駅からはすぐ近く。コンサートホールもここなのね。

10階までエレベータだが、素通しガラスがあり、私は怖くてドアの方をずっと向いていた。吹き抜けなんだよねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
一日券は1,600円。

ボランティアの人たちの紫色ポロシャツがおしゃれだ。

これが一番の人気かな。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
沢山のピエロ、力作だと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな寝方をするなぁ。思わず笑ってしまった。

若い人が多くて、写真を撮ったり、熱心に見ていた。

煙草などの唾からDNAを抽出して、そのデータから3Dプリンターで顔を再現したという作品があった。そんなことが可能なのかしら?

移民や難民をテーマにした作品があるのは「今」を象徴しているのかな。ジュリアン・ムーアとアレック・ボードウィンが難民の証言を読む(演じる)という作品はかなり熱心に見てしまった。

「誰もが自分が難民になろうとは思わなかった」と。

今の安倍政権のまま日本が突き進んだら、難民化する日本人が出てくるのではないか、と私は心配している。難民になるとは思っていない、日本人。

そして
クリックすると元のサイズで表示します

立入禁止。
クリックすると元のサイズで表示します

外から眺めた感じでは、「不自由展」はそれほど広い会場ではないと思った。その中に少女像やいくつか問題とされた作品があったとしても、世間が騒ぐほどの事かな、というのが率直な感想。

平和を願う像だし、日本と自分のアイデンティティを考える作品群なのだ。

政治家の圧力や、脅迫が押し寄せる、中には「京アニ」のようにガソリンを撒くぞとの脅迫もあった。

「いいじゃん、これくらいの展示、勝手にやってれば」くらいの感覚に何故ならないのだろう。目くじら立てて、騒ぎ立てる人たちの度量のなさというか、異常だと思った。

過去をきちんと向き合えない日本のあの人たち。差別意識丸出しのあの人たち。

狂気、と言ってもいい。日本は恐ろしい社会になった。

追記:グランデール市少女像設置問題では、当該市議たちはそれほど設置にこだわっていなかったが、日本・在米極右たちの発言があまりにひどいので、設置賛成になったという(恥を知れ発言)。世界各地で同じことが起きている。日本側のでたらめ発言に対し、戦時性暴力(性奴隷)の問題であり、現在なお重大な問題と人々が認識したということだ。日本が、この動きを見守るだけだけで、あるいはむしろそっと花でも手向ければ、普通に敬意を持たれたろう。何故これほどヒステリックに攻撃するかといえば、それで金稼ぎの人々がいるのだろうし、政治家は「敵」を作れば「愛国者」と偽装できる。愚かなことだ。

私が行った日、「少女像」の作者が再訪したそうだ。「可哀想で涙が出た」と言ったそうだが、その気持ちはよくわかる。かわいそうだよ。

出展を取りやめた作家たちのメッセージ。
クリックすると元のサイズで表示します
メッセージのおっしゃる通り。この作家たちのスペースには全部このメッセージが貼ってあった。

実行委員会がきちんとメッセージを展示したのは当たり前だけれど、良かったと思う。こういうことですら、今の日本では隠されかねない。

このメッセージの中に日本の作家がいないのがちょっと残念。

娘は3年前のトリエンナーレにも来たそうだ。

あの、豊橋会場の、空き家に小鳥を放ち、その管理(掃除や飼い方)がいい加減で、動物愛護団体から抗議を受けた現代アートがあった。あれから3年なのか。

現代アートは今まで見たものでは国立新美術館開館記念のポンピドーセンター収蔵品、ニキ・ド・サンファル、国立近代美術館展示、ブリジストン美術館の「アンフォルメル」、神奈川近代美術館のいくつかの展覧会、そういうものに比べると迫力、エネルギー、あるいは「美」という点で物足りなかった。

現代美術でいつも思ってしまうこと、「これ単なる思い付き?」。つまり格闘の後が見えない、「美」への追及があるのかな?。

と、こういうことを考えさせるのも、作品のうちかも。

とにかく、名古屋市長や菅官房長官、維新の政治家の「検閲」は許せない、と強く思った。

見終わって、お茶して、名古屋駅に戻り、5時過ぎの新幹線で帰路についた。

充実した2日間だった。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ