2020/2/13

みなとみらいホールへ  音楽

山田和樹指揮、読売日本交響楽団 第117回みなとみらいホリデー名曲シリーズへ行ってきた。
グリーグ「二つの悲しき旋律」
シューマン「ピアノ協奏曲」ピアノ/イーヴォ・ポゴレリッチ
ドヴォルザーク「交響曲第7番」

シューマンのピアノ協奏曲が好きなのでチケットを取った。

9日のミュージカルといい、このコンサートといい、新型肺炎が流行するなんて考えてなかったから気楽に考えていた。

ホールに入ったらピアノの音が聞こえてきたので、調律しているのかなと思った。

舞台左奥で後ろ向きで男性がピアノを弾いている。うん?シューマンのメロディじゃないか。

じゃあ、あの方が今日のピアニストなのか。青いニット帽、オレンジマフラー、大きなチェックのコート姿だ。びっくり‼

山田一樹さんが入ってきて、コンサートが始まった。

グリーグの曲は初めて聴く。弦楽だけの美しい響き、優しい曲だった。

シューマンのピアノ協奏曲。ポゴレリッチさんは流石に本番では正装だった。

いやぁ、個性的だった。

最初ゆっくり始まった。低音部の音がポンと出るのでなく、ボヨヨンと聴こえる。そのような調律だったのかな。そしてソロ部分、あれ?こういう曲だっけ?こんなメロディ聴いたことないな、と戸惑っているとオーケストラの音が入ってきて、あ、やっぱりシューマンだ、となる。

ポゴレリッチ氏をずっと追いかけている方のtweet







とのことです。

ポゴレリッチさんはショパンコンクールで本選に進めず、その審査に怒ってアルゲリッチが審査委員を降りてしまったというエピソードで有名らしい。本当に個性な演奏をする方なんですね。

ドヴォルザークの交響曲は6番しか知らなくて、7番は初めてだ。2楽章は民族音楽的なメロディが印象的だった。3楽章は、「あれ、これ聴いたことがあるっと思った」

初めて聴く曲は何て感想を言って良いからわからないが、でも、この曲は好きだと思った。チャイコフスキーの「悲愴」を初めて聴いた時なんて捉え所がないなぁ、暗いなと思って好きじゃないと思ったのだが、今ではとても好きだ。だからこの7番はきっと大好きになると思う。

指揮の山田さんは全身がバネのようだ。丸顔なのでぽっちゃりなのかと思ったが、全然そうでなくて、かっこよかった。神奈川出身なんですね。アンコールの前に、よく聞こえなかったが、神奈川出身なのでこのホールで演奏できるのは嬉しいと言っていたと思う。

アンコールは写真が切れているが、アザラシヴィリの曲。
クリックすると元のサイズで表示します
山田さんが音楽を志すきっかけになった曲だとのこと。美しい曲だった。

ポゴレリッチさんのサイン会。後ろ姿しか撮れなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

肺炎が気になるのか、皆、トイレでの手洗いもいつもより丁寧だったし、そもそもコンサート中の咳が少なかった。咳をすると、周囲がギョッとするものね。

感染が早く収まりますように。。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ