2020/12/1

早朝に視聴  音楽

今朝方、バイエルン歌劇場のライブストリーミングがあった。



カウフマンさん13年ぶりの舞台版ラ・ボエームだそうだ。

朝4時起きは厳しくて、5時に起きた。

もう第二幕で、ムゼッタが歌っているところだった。

最初英語字幕だったが追いきれず、iPadで映像を流しながら、スマホでオペラ対訳を出して見た。

カウフマンさん、さすがですよねぇ。

最近は重い役が多くて、こういう軽い(と言うと語弊があるね)、優しく歌う(これも違うかな)、つまり若手が歌う(これも違うか)、のは、もうやらないのかと思ってた。50歳だし。これが最後のロドルフォではないかとも言われてる。

専門誌で「ドラマチックからリリカルへ戻るの?」と書かれているそうだ。(←リンク集にあるiltrovatoreさんのHP参照)

アンドレア・シェニエやジークムント、カヴァラドッシのようなヒーロー的人物でなく、ウェルテル、ドン・カルロ、オテロのように悩み抜く人物でもない。

若き群像の中の一人。これだけの大スターだから一人目立ってしまうのではないか?と思ったけど、全くそんなことはなかった。

インスタの写真通り。

若くて貧乏で、仲間とわいわいやってる人物。

実際にオペラを見たら、インスタ以上に若者グループの一人という感じだった。

わかってはいたけど演技力は素晴らしいね。あのドン・カルロスとは同じ人物が演じてるとは思えない。

特に最終幕は悲痛だった。



これ、最近の「西部の娘」「運命の力」「フィデリオ」よりも良いですね! もちろん「見た目重視路線」で。

とても素敵だったので、12月3日からの有料オン・デマンドも見ちゃうよー。

相手役ミミのソレンセンさんは「こうもり」、「ウィーンコンサート」で共演している。「こうもり」の時のコミカルな演技は印象的だった。(もちろんアイゼンシュタイン役のカウフマンさんの喜劇的演技も。本当に芸達者)

この方は大柄なので、病気で死ぬミミにはちょっと違和感あったかな。でもそれがオペラだから。

音楽のことを全く書いてないけど、つまり早朝だったので音をしぼってたのね。

なので、どうしてもオンデマンドを視聴しないといけない。

ちゃんと手続きができるだろうか。

12月5日にはサンカルロ劇場でガランチャさんとの「カヴァレリア・ルスティカーナ」があるのだけど、この有料配信は手続きできた。FB内課金で120円という安さだ。

ラ・ボエームは30日間視聴できるので、もし自力で手続きできなかったら、娘が来た時に教えてもらおう。14.9ユーロとのこと。


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ