2021/4/10

残念なこと  テレビ番組

今日読んだこのtweet、私もそう思う。



芸人ばかり出てくるワイドショーやバラエティはウンザリ。だから、テレビを見る時間が減った。

「Twitterの英語を学ぶ英語番組」に爆笑問題の大田が出てくるのには呆れた。語学番組に芸能人が出てるのは別にいい。でも偉そうなアンタが出てくる必要はない。しかも全然面白くない。

NHKも民放のバラエテイと変わらなくなったよね。

今、昔と変わらないのは「日曜美術館」と「クラッシック音楽館」くらいかな。

これは絶対変わらないで欲しい。

今回、春の番組改編で、終了して番組の中でなんと言っても「ららら♪クラシック」の終了ほど悲しいことはなかった。

以前、「ららら」が音楽家加羽沢美濃、作家石田衣良コンビの時もつまらなかった。その後アナウンサー(牛田さん、石橋さん)と俳優高橋克典になって、グンと良くなった。

毎週楽しみだった。取り上げるテーマも刺激的だったし、専門家の解説もいつも楽しみだった。「ドン・カルロ」と「フィデリオ」ではヨナス様の歌が聴けた。

宮川彬良さんのビートルズ、サンサーンス、モーツァルトの解説は面白かった。
 
「ららら♪クラシック」に変わって始まったクラシックなんとやらは元アイドルとピアニスト清塚信也が司会で、人気の芸能人がゲストだ。第二回を見たけど、内容は薄いし、小うるさいだけだった。

NHKはクラシックを若い人にも聴いてもらいたい、裾野を広げようということで、こういうキャスティングにしたのだろう。これで若い人は関心を持ってくれるのだろうか?

清塚さんが司会ということは、ピアノ演奏は全部清塚さんだよね。他のピアニストは出演しなくなる。

清塚さんの演奏に私はすごーく不満なのだー!! 上手くないよね。

それが何より不満で、悲しい。ひどいよ。

解説も清塚さんがするということは、今までたくさん出演していた音楽研究者、作曲家などの専門家が出なくなるってことだと思う。

(清塚さんの名誉のために言っておくと、彼が「ららら」でモーツァルトの解説した回は、とても良かった)
  
クラシックの番組では「音楽探偵アマデウス」という番組があった。BS NHKで放送だったが、ずいぶんクラシックについて教えてもらった。

(BS NHKでの番組では「絵の中にはいってみたら」もユニークな視点での名画解説で刺激を受けた。製作者達のセンスの良さ、知識の深さにいろんなことを教えられた)

NHKの番組も芸人が出演が増えて、知識人や専門家が出なくなってる。

朝から「花丸・大吉」とかいい加減して欲しい。彼らのコメント平凡でつまらない。笑わすつもりで言ってることが笑えない。

テレビはそもそも教養を得る場所ではないだろうという意見があるのはわかるけど、それでも以前の方がずっとまともだったよ。

政界、官僚だけでなくて、日本の知的レベルが下がる一方だ。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ