2021/5/11

オープニング曲  音楽

「ヒロシのぼっちキャンプ」というBSの番組を時々見る。

公式HP⇒https://bs.tbs.co.jp/botticamp/

番組も毎週放送というわけではなさそうだから、時々見るという感じになる。

最近は秩父のキャンプ場に行くので、その時は予約して見る。

番組はヒロシが一人でキャンプに行って、途中買い物をし、テント張り場所選び&設営、火を起こしてキャンプ飯を作るだけの淡々としたもの。

YouTubeでも、同じ作りの番組で大人気を博したそうだ。それでテレビ番組も作られることになったんだね。

で、タイトルのオープニング曲の話なんだけど、この曲がいいのね。

エディ・ヴェダーの「Guaranteed」という曲だ。




ショーン・ペンが監督した映画「Into the wild」の中で流れた曲とのこと。

この映画は
***
裕福な家庭に生まれ、物質的に恵まれた環境で育ったクリス・マッキャンドレスは、エモリー大学を優秀な成績で卒業する。両親はハーバードのロースクールに進学することを望んでいたが、幼い頃から不和を見せつけられ、金で物ばかりを与えようとする両親に嫌気が差していたクリスは、学資預金を全額寄付し、世界の真理を求めアラスカへと旅に出る。
***
夫が見に行ったが、若者は旅の最中に不慮の死を遂げてしまうので「悲しい映画だった」と言っていた。

ヒロシのテレビ番組は他に、「迷宮グルメ異郷の駅前食堂」があり、海外で「駅前食堂で食事をする」番組。いわゆる観光地でなく、駅前、市場、露店など、庶民的な場所ばかり行くので興味深かった。

この番組のオープニング曲はライムライトの「エターナリー」、メニューを選んだ時はエンリオ・モリコーネの「荒野の用心棒」。

それ以外にもジャズやアコーディオンの曲が流れる。

ヒロシの番組は選曲が良いんじゃないかな。

ところでコロナ禍のため、「迷宮グルメ」は海外ロケができなくなり、今は国内だけだ。

先日の「寄居」(東武東上線、秩父鉄道、八高線の駅、交通の要衝)は面白かった。

とにかく爺さん2人がユニークで、寄居にはこういう変わった人がいるのか、と思った。

一人は骨董市場の人、もう一人は私設奇木博物館館主。骨董(ガラクタでもある)、奇木は質量とも圧倒的なのである。これかなりの資産家だと思った。「スケベ―じじい」というのも納得。

寄居は高校通学(秩父鉄道)の時の通過駅、友人も多い。西武秩父線ができる前は寄居経由東上線で東京(または熊谷経由で上野)へ行った。よくわからないが、私の曾祖父母が住んでいたこともあったようだ。

何年か前、同窓会が寄居で開かれたので、南十年ぶりかで寄居駅に降りた。駅前はさびれていた。

ヒロシの番組ではその駅前が再開発で更地になっていた。

オープニングの曲の話から、だいぶ話がずれたのでおしまい。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ