2006/2/24

荒川さんおめでとう  政治

荒川静香さん、金メダルおめでとう。美しいスケートだった。

今朝は5時に目が覚めたけれど、起きなかった。チェルシー対バルセロナの時は起きたのに。フィギュアスケートにはサッカー程の情熱がないってこと。

金メダル獲得後の報道を見ていると、つくづくオリンピックにはいろいろな物語があると思う。

荒川さんもいろいろな挫折や壁を乗り越えての優勝だった。安藤美姫ちゃんも今度の失敗を今後に生かして大きく花開いてほしい。

スルツカヤは今回も金は叶わなかった。クワンも出場を断念してしてしまい、金メダルを手にすることはなかった。

今日の朝日新聞・夕刊にクワンの話が載っていた。

リレハンメルの代表に選ばれるはずだったのに、ケリガンーハーディング事件の影響で出場機会を逸してしまったのだそうだ。長野では出場順が一番で点数が低く抑えられた。リピンスキーがジャンプを次々決めて、高得点を出してしまった。不運だった。銀メダル。地元開催のソルトレークでは転倒。銅メダル。

スルツカヤも病気を抱えているという。ソルトレークでは銀。判定は地元のサラ・ヒューズに有利に働いた。銀メダル。その後ずっと女王として君臨していたのに、今回は転倒して銅メダル。

今回は採点方法が変わった。機械的だと批判はある。でもソルトレークの時のように選手が泣いて抗議、ということがないのは良かったかな、と思う。

私があまりトリノを熱心に見ていないからなのか、他の種目でも今回はソルトレークの時のように採点や判定でもめることがないような気がする。

ショートトラック韓国選手失格問題はW杯韓国チームのパフォーマンスまで尾を引いた。

ソルトレークは9.11の後で、アメリカが異様に国威発揚にこだわっていたのではないか。

トリノでは安藤美姫が続けてジャンプを失敗すると、会場から「頑張れ」と言うように拍手が湧いて、彼女を後押しした。コーエンに対してもそうだった。観客が温かいような気がした。

ところで、私はまだ一度もスケート競技を生で見たことがない。聞いたところによると、フィギュアスケートはガツッとガシャッ、シャーとか音がすごいそうだ。重力に逆らうことをやっているわけだから、当然だけど、テレビで見ているだけではわからない。

一昨年、横浜プリンスホテルスケート場で「全日本」があった時、選手の出待ちをしている裕福そうな女性たちが、「次は韓国だけど行く?」とか「○○(アメリカの地名)はどうする?」なんて話していた。世界のどこにでも簡単に観戦に行くんだなぁ!と驚いた覚えがある。

プルシェンコが「世界中にファンは多いけれど、一番驚かされるのは日本の女性ファン」と語っていた。どの会場にも必ず応援に来ているそうだ。

サッカーファンも世界中どこにでも出かけるようだけど、それは「選手に力を与える」役目があると思ってのことだ。

世界を股にかける女性ファンのミーハー魂は大したものだ。ヨン様ファンのおば様達も、元ジャニーズjr「ストーカー」行為で捕まった女性もすごいエネルギーだ。

と話が変な方にずれてしまった。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ