2006/4/8

リリーフランキーの挨拶  映画

マリノスが負けたので、八つ当たりで次々書いちゃうよ。

今日、テレビで「本屋さん大賞」のニュースを見た。受賞作は「リリー・フランキーの「東京タワー」だった。まだ読んでいない。あまり読もうとも思わない。

その、フランキーの挨拶。「来年も、トム・ハンクスがアカデミー賞でやったように、自分の名前を自分で読み上げたい」とか言ってた。

トム・ハンクスは連続受賞(フィラデルフィア、フォレスト・ガンプ)だけれど、自分で自分の名前を読み上げたりしてないぞ。

アカデミー賞は前年の主演女優賞受賞者が主演男優賞を発表する。女優が男優を、男優が女優を発表するのが恒例だ。

だとすると、「ピアノ・レッスン」のホリー・ハンターが発表したはずだけど、私の記憶ではサリー・フィールド。彼女が「マイボーイ、フォレスト。トムハンクス」と言ったような気がする。サリーはフォレストの母親役だった。

トム・ハンクスは名前を呼び上げられて壇上に立つと感極まった表情だった。2年連続は名優スペンサー・トレイシー以来だから、感激はひとしおだったろう。「まるで、ブルースクリーンの前にいて、雲の上を歩いているようだ」とか何とか言ったと思う。フォレストガンプはブルースクリーンでの演技が多かったからね。

だから、リリーは間違えている。日本アカデミー賞と勘違いしてるんじゃない。自分の名前を読んだのは「役所広司」でしょう、たぶん。
洒落たことを言っているようで間違えてると恥ずかしいね。

(なんて、私も録画したアカデミー賞ビデオを確かめないといけないのだけど)
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ