2006/4/27

バルサ対ミラン  サッカー(代表)

バルサ対ミランの試合があった。LIVEは後半の25分程を見た。0−0でそのまま終了。入ったかと思ったシェフチェンコのゴールは取り消された。それ以外はあんまり印象がなく、インザーキが出てるなとか、カフーが出てきたとか(カフーはいい攻撃を見せた)。両チームとも定規で測ったようなパスを出すなぁといういつもの感想。選手のいる所いる所へスパッスパッとボールが出て、ピタッと止めてまたスパッとパスがつながって行く。うまいなぁと思って見ていた。漠然とした感想しかない。眠かったからね。

その後、録画していた試合の最初だけを見た。選手入場の時のカンプノウはサンシーロに劣らず、きれいだった!大音声のバルサの歌も流れる。こんな雰囲気で戦えるチームは幸せだね。「バルサ」「バルサ」の歌が終わると、今度は格調高いCLテーマ曲の女声合唱だ。ひょっとしたらW杯よりも盛り上がってる?トヨタカップよりは格段にすごいことは間違いない(比較する方がおかしい)。それぞれのホームで試合をするわけだから、第3者スタジアムより盛り上がるのは当然だ。きっとサンドニはこれほどにはならないだろうなぁ。

決勝戦はアーセナルvsバルセロナ。アーセナルは初めて。バルセロナは12年ぶりだそうだ。その時はミランに0−4で敗れたとの事。随分メンバーも変わったろう。私はあんまり外国のクラブチームについての知識はなくて、せいぜいテレビ放送が始まってからになる。その私が知っているバルサだって随分変わった。クライファートとかフィーゴ、リバウド、ルイスエンリケとか。今のチームは多分世界一だと思うので、決勝では絶対勝って欲しい。トヨタカップ(じゃない世界クラブ選手権)に来てね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ