2006/7/29

アニメ「ゲド戦記」の評判  映画

昨晩、またまた「トトロ」を見ていた。ちょうど帰宅した夫が、「そういえば、ゲド戦記は不出来なんだってね」と言う。

え〜!期待していたのになぁ。

娘が早速YAHOOのユーザーレビューを調べた。

無残な批評が載っている。

「駄作」「失敗作」「恥」「これはゲド戦記ではない」「原作者に謝りたい」「脚本から勉強しなおしなさい」「疲労しか残らない」「海外展開はやめて下さい」・・これでもか、と言うくらい酷評が載っている。

「宮崎駿」ブランドと「ゲド戦記」への信頼と期待が大きかった分、落胆も大きいのだろう。

映画を見ていない私が言うのは無責任だけれども、予告編その他で「え?何故その設定??」と映画の根本への疑問を持っていた。

アレンの父親殺し。

それはないよ。アレンは壊れていく世界を救う任務を託された、希望の王子だよ。自分の使命を自覚し、それを真直ぐに果たそうとする。ゲドと共に旅しながら逞しく成長していく若者だ。

父親殺しなんてありえない。物語の発端で大きな間違いをするから、全体がおかしくなってくる。

物語に陰影をつけたかったのかもしれない。 だが、それはゲドの物語でやるべきだった。

ユーザーレビューを読むと、テナーやテルーについても説明不足だったようだ。本来、第3作にはこの二人は登場しない。それを出すからには当然辻褄が合うようにしているのかと思ったのだが、どうもそうではないらしい。

評価を読んでいるだけで、がっかりしていくのだけれど、ま、とにかく暇を見つけて映画を見てこよう。

に、しても素人同然の宮崎吾郎監督にこの大名作をやらせた鈴木プロジューサーは判断を誤ったと思う。

(父親殺しは吾郎監督の屈折かな?)
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ