2006/10/30

ミラノダービー&セルティック  サッカー(その他)

昨夜はスカパーをつけて、チラチラ見ていた。

チャンネルを替えていくと、「インテル対ミラン」をやっていた。再放送だったのかな。

その時既にインテルが2−0で勝っていた。しばらくして、見ると3−1になっていた。そこから試合を少し真面目に見た。ミランが懸命に攻めていたけれど、ミスが多かった。と、インテルのフリーキック。見事に決めてしまった。なんとマテラッツィ!

何だかわからないけど、レッドカードでそのマテラッツィが退場になった。ここからミランの怒涛の攻撃。密集の中へ切り込むパス、そこからシュートが打てる。しつこい守備も出し抜いてペナルティエリアへ持ち込む。技術もあるけど、勇気がある。(普段見ているサッカーを考えると悲しくなる)。

しかしまぁ、きら星のごとき選手達だねぇ〜☆交代で入るのがフィーゴだったりするのだ。グラッソも途中で引っ込んじゃったし。そういえばジラルディーノが今季初得点だった。ガットゥーゾ、ピルロ、カフー、マルディーニ、ネスタ、セードルフ、カカ、インザーキ、イブラヒモビッチ、クレスポ、ビエラ・・・W杯みたいだ。

途中からセルティックに替えた。セルティックはCLの時とは別のチームのようだった。

すごく下手で押されっぱなし。パスがつながらないし、クリアボールがことごとく拾われる。俊輔にはボールが来ないし、来ても俊輔のプレーは冴えない。ちょっと家の仕事でテレビの前を離れたら、1点取られていた。

が、セルティック、いいところでFK。マロニーがもらったFKだからマロニー自身が蹴るのかなと思ったら、俊輔だった。

ボールがゴールに向かっていたのは見えたが、入った瞬間はわからなくて、ゴール裏のサポーターがワッと立ち上がったので、あ、ゴールなんだ、と思った。そして思わず拍手。あんなに不調でもこれがあるから俊輔は存在価値があるよ。

テレビはそこでお終い。朝になってセルティックが勝ったことを知った。あんなにいい加減な試合ぶりでも勝ってしまうのだからセルティックは強いのだろう。のらりくらりで勝ってしまうんだよね。前の試合でもそう思った。のらりくらりやっていて、ここぞというところで点を取って、あとはまた、のらりくらり。

でもCLではこうは行かないから、しっかり緊張した試合をしてもらいたい。

CLのグループリーグを突破してトーナメントに出る俊輔を見たいと思う。

サッカーの試合を見ると、ついついマリノスのことを考える。
「ゴール裏から愛をこめて」のブルースマン氏がまたマリノスの来期を憂える文章を書いていて、
http://www.k2.dion.ne.jp/%7Ebluesman/
考えることは同じだなぁと思った。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ