2006/10/31

埴輪スタイル  季節

今日は(も)、どうでもいい話。

この秋初めて女子高生の「埴輪スタイル」を見た。

相変わらず女子高生のスカートは短い。もう何年になるだろう、スケバン刑事のあのロングスカート時代からミニスカートになって。10年以上は経つと思う。

寒い時期のミニスカートは老婆心ながら本当に心配だ。身体を冷やすのは本当に良くないよ。

彼女達、いくら若くても、やっぱり寒いのだろう。自衛策としてスカートの下にジャージをはきたくなるのはわかる。でもそれだったら、スカートをもっと長くすればいいんじゃないかと思う。さもなければ、ジャージだけにしてスカートはやめたら?と言いたくなる。スカートとジャージを重ねるから「埴輪スタイル」とはよく名付けたなぁと感心するけれどね。

いつだったか、夕方山手線に乗っていたら、大崎駅から女子高生が3〜4人乗ってきた。そのうちの一人が「埴輪スタイル」。でもそのジャージ、膝は出ているし、毛玉はいっぱいあるし、ほこりもついているし、なんともくたびれている。これ、パジャマだろう、と思った。パジャマの上に制服を着て学校へ行ったという感じなのだ。バッチリお化粧していても、その格好じゃねぇ。全然おしゃれじゃない。

そういえば、最近、ルーズソックスは少なくなったような気がする。あれは、洗濯してもなかなか乾かなくてねぇ。しかも長かったから普通の靴下干しではつま先が下についてしまう。干すのに苦労した。価格も意外に高かったし、すぐ擦り切れた。分厚いから、通学靴もサイズが大きくなった。2センチくらい大きい靴を履いていたのじゃないか。

でもルーズソックスは温かかったらしい。ルーズの衰退と「埴輪」の増殖は関連している?

高校を卒業すると、「どうして、あんな短いスカートで平気だったんだろう?不思議」とかつての女子高生は申しております。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ