2005/2/22

おもだった報告  町の話題

昨日、21日総務文教常任委員会が終了し、ひととおりの委員会が終了しました。産業厚生常任委員会は後日開かれます。(私の所属は総務です)

昨日の総務文教常任委員会の調査事項は次のとおりです。
・平成17年度北留萌消防組合予算(苫前町分)について
・特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正す る条例について
・特別職の給与に関する条例の一部を改正する条例について
・苫前町長期継続契約とする契約を定める条例について
・勤労者会館の寄付採納について
・「防災の手引き」の作成について
・「第2回北海道風車まつり」について
・青少年研修センターの業務委託について(ななかまどの館)
・苫前町公園条例の一部を改正する条例等について
・苫前商業高校入試出願状況及び関連対策事業について

以上が調査項目としてだされました。

これまでの特別委員会を含めた各委員会の報告はおもだったものを抜粋したいと思います。
まず、医療対策特別委員会では、苫前厚生病院における今年度の損失補償金など、今後の苫前町が厚生病院に対する要望や課題、または交渉行動などについて書く議員の考えの交換や町長の考え方をぶつけて。私はこの場では、今後厚生病院はこの地域にとってどんな位置付けで何をめざしていかなければいけないのかをしっかり本部と話し合いをすべきで、目的や意思を統一・疎通することが大事ではないかと発言しました。その中ではっきりとしたものが見え、漠然とした課題や折り合いのつかない交渉より目的がはっきりしたなかでの課題を挙げ改善や補充などすることが今後もとめられのではと思って問い掛けました。
理事者側としては地域の一次診療的役割や地域に根ざした病院でありたいとのこと、高齢者の患者が年々増えていることもあり、このような状況にも対応していけるような病院でありまずは、当初の医師2名体制の早期確立をめざしたいとのことで、簡単に私の方でまとめてしまいました。もう一歩踏み込んだものがほしかった気がしますが、少なくとも地域に根ざしていくとのことでしたので私も是非、みなさんの声を聞き発言できる場で伝えながら充実した病院の確立にむけ協議していきたいと思います。
次に広域行政研究特別委員会では、今年の4月から施行される合併新法など、道州制などの研究をしました。道州制においては担当課から、現状と北海道が示す考えや方針の説明を受けました。これにつきまた、詳しくお知らせしたいと思いますが、今回、焦点となった部分ですが、道が現在所掌する事務約2500件の事務事業と約4000条項の「権限」を分類した結果、補助事業や内部事務を除いた直営事業から194件、権限で2034条項を市町村へ移譲対象とするというとこで、本町においてもその権限・事務を遂行できるかという点でした。端折って申し訳ないのですが、私は知事は強制的な合併はしない。合併はその自治体・地域住民が主体となることと言ってますが、このように道州制の中の方向をみるとその発言に矛盾のようなものが感じられます。しかし、昨今、新聞紙上を賑わしているように北海道自体の財政破綻が目の前にきていることから、傍ら、本町においても淡々とその対応を考えなくてはいけないのではないだろうかと発言しました。また、合併においても、まずは今回破綻となった三町村の合併協議会において、冷静に客観的にみて検証することがまず、この特別委員会ですべきことだと思っています。その上でこういった情報などを頂きながら住民のみなさんにわかりやすく、伝わる情報提供の研究をすべきと考えます。
なんだか、わっかているようなわかっていないようなダラダラと書いてしまって読むのが嫌になったらごめんなさい。
合間を見て、まだ伝えきれていないこと記事にいたします。今回はこのへんで・・・。その1ということで。
0



2005/2/24  17:58

投稿者:osoto

前文の訂正です。
5行目「たいがい手に」→「対外的な」

2005/2/24  17:10

投稿者:osoto

さっきは、同じ文章を2回も投稿してしまいまして申し訳ないです。
で、私の思いついたことに対しては、きちんと理解していただいてると思いましたよ。スクラップ&ビルドですか・・・もう10年以上前から言われてる言葉ですけど、これが本当に出来ないと厳しいですよね。プリンターとかの役場内部のことは、さすがに出来るんでしょうけど、たいがい手に部分ではビルドは出来るけどスクラップが出来ないでしょうね。これってでも、危機感の薄さなんでしょうかね?
まあ、いずれにしても予算の議会も近くあるようですので、活躍を祈ってます。

2005/2/24  16:53

投稿者:daishi

やらなくちゃだめですよね。自分は若いからといってゆっくりなんて余裕なんかないと私もおもっています。是非、強力なリーダーシップを今こそ、発揮してほしいです。私もそれにつき、できる限りを尽くしていきたいと町長にいいました。そこで前の私のコメント少しか伝わってるでしょうか? 伝えたの一方通行はこれからはだめなんだと思ってるもので・・。現在は議事録が議会事務局にいかないと閲覧できません。しかし、このあと記事でも報告しますが、17年度から町のHPを構築する事業が3月議会で提出されます。これにより、おとなりの羽幌町のようなすばらしいHPがありますが、議事録などダウンロードできたり情報の発信が進むのではないかと期待しています。町長はまちづくり条例の制定も考えているようなので是非ともやってほしいと願うところです。この事業にあたってはスクラップ&ビルドの方針のように庁舎内のプリンタ(複合機)を1台減らし、さらにカラーコピーの削減をみこんでいるようです。このように、このS&Bの精神をもう少し早くからとりいれられればまた違ったのかもしれませんね。3月9日から議会がはじまります。是非、時間がありましたら、傍聴にきてください!
答えになってるでしょうか??


http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2005/2/24  16:52

投稿者:daishi

予算に関してですが、びっくりです。こんなに冷静に見られているosotoさんにわたしがはずかしく思えるくらいですね(笑)と笑ってられないですよね。本当に。確かに枠配分は経常経費の部分で政策的な予算は別ですよね。おっしゃるとおり、限界が来ます。私も前回の議会でその辺でしっくりしない部分がありまして一般質問で問いたところですが、やはり、事業の取捨選択をし、なにをすべきか、またなにをやるべきなのか・やりたいのかという点でトップの町長にそれを明確に示してほしいと・・。全体的にということで突っ込んだ回答を得られず、私の技量のなさに悔やむところです。
家庭で言うと油や水道や電気(経常的経費)など、生活していくのにかかる部分があって今までは車や洋服(各事業)を買ってさらにパソコン(各事業)が必要になってきたからローンを組んできました。それが、夫の会社が経営厳しくなったので給料(歳入)がドンドン減らされて貯金(基金)から毎月繰り入れてやりだした。ましてや親会社(国・道)まで経営きびしく、きついこと言ってくる(地方交付税)、じゃ、自分の家でなんとかしなくちゃってなもんですよね(財政健全化計画・osotoさんが思うようなとこ)。去年息子に買ってやったTVゲーム(政策的予算)、買ってやらなければよかった。ことしから学校進学する(政策的予算)のに、にっちもさっちもいかないよ〜。ってとこですね。この場合、やっぱり洋服買うのをやめたり車を替えたり(各事業)するでしょう。当たり前ですよね。それがまた、私立の大学(町として最低限しなくてはいけない政策的なもの)だとさ、じゃ〜定期(基金)崩そうか、いいじゃん、お金はとりあえずあるんだから・・。ではいけない!しかも、医療系の大学だったらどうします?まず、大学3年で家の家計はパンクです。ご想像とおり、息子に大学を中退してもらうしかなくなった。ってこれでいいのか??良くないよ。だからしっかり計画しなくちゃ。ってやたら長い例えばなしになってしいました。すみません・・・。分けます。


http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2005/2/24  16:51

投稿者:daishi

osotoさん、度々、ありがたいコメントありがとうございます。そして、私なんかよりお詳しく、逆に勉強になります。ありがとうございます。
厚生病院の件、そうですね、実際町が運営をしたと仮定した場合を算出したり、実際の町村の情報データを集めることはすべきですよね。恥ずかしい話、議会においては私を含めてそこまで町に対し提言もないし、問いかけをしていなかったのが現状でして(私が議員になる(2年前)以前はわかりませんが)、現に町もその辺のデータ取りを行っているのか定かではないため、後日また、ご報告いたします。しかし、osotoさんのいうとおりそれをやることによって新たな糸口が見出せる可能性は大きいですよね。是非、発言できる機会に話合いしてみたいとおもいます。 分けます。


http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2005/2/24  13:52

投稿者:osoto

また、予算に関しては、平成一桁くらいまででしたら、福祉も医療も観光も建設もと何でもありだったでしょうが、現在の後何年持つかも知れない財政状況の下では、この町は何を目指すのか、もっとも必要なな事業は何なのかという明確なビジョンを持って事業の取捨選択をして行かないと本当に財政再建団体に(道より先に)転落してしまうんじゃないでしょうか?枠配分とおっしゃってましたが、通常枠配分をするとゆうことは、今ある財源の範囲で予算を抑えるためにやるものですので、当初から基金取り崩しを見込んだ予算にはならないはずです。ですから多分、経常経費だけの枠配分だと思います。でもこれだと、2,3年で削減の限界が来てしまって(施設があれば、その光熱水費の削減には限度があると思いますので)、後は人件費をどうするってゆう話だと思います。ここまで来ると、もう本当の崖っぷちですよね。うちの町だけじゃないでしょうけどね。
まぁ長々と書きましが、西さんには、その若さと熱い想に大いに期待してますんで、時間もないですが、焦らずに頑張って下さい。

2005/2/24  13:47

投稿者:osoto

また、予算に関しては、平成一桁くらいまででしたら、福祉も医療も観光も建設もと何でもありだったでしょうが、現在の後何年持つかも知れない財政状況の下では、この町は何を目指すのか、もっとも必要なな事業は何なのかという明確なビジョンを持って事業の取捨選択をして行かないと本当に財政再建団体に(道より先に)転落してしまうんじゃないでしょうか?枠配分とおっしゃってましたが、通常枠配分をするとゆうことは、今ある財源の範囲で予算を抑えるためにやるものですので、当初から基金取り崩しを見込んだ予算にはならないはずです。ですから多分、経常経費だけの枠配分だと思います。でもこれだと、2,3年で削減の限界が来てしまって(施設があれば、その光熱水費の削減には限度があると思いますので)、後は人件費をどうするってゆう話だと思います。ここまで来ると、もう本当の崖っぷちですよね。うちの町だけじゃないでしょうけどね。
まぁ長々と書きましが、西さんには、その若さと熱い想に大いに期待してますんで、時間もないですが、焦らずに頑張って下さい。

2005/2/24  13:32

投稿者:osoto

本当に、一生懸命の回答で、西さんの人柄がうかがえました。お答えにもありましたが、このブログを立ち上げた理由などにも共感できましたので、ちょくちょく覗かせていただいています。
それで、お答えに対しての感想なのですが、先ず、厚生病院の件で、厚生連側は町立病院の場合よりも安上がりではないかというきもちがあるようだとのこととでしたが、そうであるなら実際町が経営した場合の経費を試算してみるとか、同規模の他町の情報を収集するとか・・・、やってらっしゃるのでしょうか?(これは当然町がやるべきですが。)それを基にした議論も必要かと思います。この場合、医師不足とか、地域医療圏のこととかなどの現在の医療環境を考慮した上で、どうゆう位置づけの医療機関とするのかなどの求める姿と町財政を考慮した場合の最低限の姿などを明確にした上での話ですが・・・。

2005/2/23  19:57

投稿者:daishi

それとおっしゃるとおり、最終的に判断をくだすのは議会であり・・そのとおりですね。その覚悟は私も常にもっているつもりでいます。それも議員の権利としてあるわけですから。わたしは反省しなくてはいけないとこがあります。財政のことなど、みなさんにわかりやすくパイプ役として伝えなくてはいけないことも満足にできていないということです。このブログもその思いでやってみました。伝わったかどうかわかりませんが、わたしの基本理念として町民が助け合いながらもこの町を愛し暮らしていけるために冷静に町民のためやることです。きれいごとと感じられてもしかたないのですが、正直、私は昨今、財政問題が真っ先に取り上げられることになにか少ししっくりこないところあったりします。当然、現実として冷静に判断した思いなのですが、議員として財政のチェックはしなくてはいけないし現状では優先順位は高いと思ってます。しかし、一番忘れてはいけないのがマチとしてどうあるべきなのか、つまり町民のためには何が大事なのかということです。例えば、先ほども、でているように医療・教育・文化などは特に守らなくてはいけないことです。しかし、最近はそこすら、しわ寄せがきます。何度もくどいですが、その中でやるべきことを的確に判断することだと思います。議会の役割で立法機関だということを忘れてはなりません。町のために必要な条例を整備したり提案したり本来やらなくてはいけないことを今、やれていない現状において、私はそこにもあたらしいものを注入していきたいとう願望をもっています。非常に長くなりましたが、財政のことはすごく難しいのはそこにあり、簡単にはかたづけられない、奥が深く、現実とのバランスを保つ難しさがあり良いか悪いかということでは言及できなくもうわけございません。町も最初から基金取り崩しても良いなんてことは決しておもっていないと思いますよ。家庭でもそうでしょう?今回、コメントしてくれたことに感謝いたします。私もまた元気をもらいました。真剣に考えてくださってありがとうございます。今度是非、会って色々おはなししたいですね。そのとき、詳しく提示できる資料なんかも用意します。ぜひ、これからもよろしくおねがいします。メールでも連絡ください!!

http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2005/2/23  19:54

投稿者:daishi

予算と議会の関係ですが、私も勉強最中でなかなか答えになるか不安ですが・・。私は国・道の動向にアンテナ張りながら、我町を見つめるという作業をしなくてはいけない中において不甲斐なさもありますが、一応。予算の組み方は苫前町は17年度(16年度も)、枠配分方式で歳入の総額をにらみ、歳出を決めていくというやり方です。(町職員の方でみていて、間違っていたら訂正してください。すみません不勉強で・・)歳出で厳しいのが、かはり公債費(借金)だと推測されます。三位一体改革から地方交付税は減額され、国は、今年度は昨年度並を維持したとしても全体(歳出)で縮小がなされております。ということは簡単に国庫支出金(補助金など)が税源移譲されたとしても廃止されているものなど、予期せぬ事態が今、各市町村で起こっております。専門知識を持っていない私で、うまく伝えれなく申し訳ございませんが、そのような国・道の示す方針を的確に認識していくには並大抵の努力ではついていけないっていう現状があります。その中で我町の予算を組むために苦慮していることもたしかと思います。わかりやすいという点から入るということも大事でしょうし、おっしゃるとおり一方では腹くくる部分も必至の状況でしょう。(町職員のみならず、事業者、町民すべて)それを卓越するためにはやはりトップのリーダーシップが求められているということ、それと議会も町民に理解されるようにその立場や権利を今一度、見つめなおすことが必要です。決して先が細っていくのを努力もしないでいるということはいけません。しかし、そんなような町ではありませんよ。現状で、出ていく方が多いということは目に見えて、おかしいこともあるでしょうが町として、予算の中で必死になっている姿勢がみられるのも事実なんです。なんとか収支を合わせることができれば良いとある意味では私も同感です。ここ1年一般質問の中でも健全化を訴えたりしてきました。その取り組みは結果どのようになるかは現段階では作成中のため、まだ、申し上げられませんが、今はその計画がosotoさんがのぞむような形になってくだればと思っています。またまた分けます。

http://blue.ap.teacup.com/dmys24/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ