2006/1/31

刻一刻と日に日に・・・。  大志のキモチ

悩むことが多い。

先日の、小泉首相の施政方針演説を聞いて地方・地方の自治体にとって、悩み多きものと感じずにいられなかったり、竹中総務大臣が地方分権二十一世紀ビジョン懇談会で「これからの地方自治体は経営感覚をもって自治体運営を根本から見直す改革」などとおっしゃっている・・・。
国の状況だって苦しいことはわかっている。ウンウン。・・・本当にそうでいいのだろうか?悩む・・・。自治体は会社か!?・・・。非効率、費用対効果では語れないものなどもあるだろうに(特に田舎は)・・・。でも、確かに財政的にきっついよな。でも・・・、やばいパニクりそうだ。

しかし、刻一刻と日に日に、その道をたどっていっているのも事実。

町においてもその進み方に柔軟に対応しながら町を作り上げていくのか、逆にそれとは別にわが町独自の道を確立させていくのか、迷路の真っ只中にあるように感じる。

しかし、刻一刻と日に日に、この流れの全貌を見るときが迫ってきている事実。

私自身、去年も勝負の年ですといいながら何ができただろうか?悩む・・・。今年こそ本当に正念場と位置付けられる年となることを認識しているつもりであって、私にできることが、本当にこの1年でできるだろうか心から悩む。

しかし、刻一刻と日に日に、残された時間が少ない中膨大な課題と絶対的な自治の確立へ向け作り上げていくための時間がなくなってきてる(無いかも)ことも事実。

昨日も、ほとんど寝れない夜だった。

深夜番組で中国奥地の、のどかな風景(しかも古い映像)が流れている、一人物思いにふけながら時計は既に4時を回る。放映された地域の人たちは活き活きした笑顔を見せる。今の私の暮らしからは想像できない生活。でも日本も50年前はこうだったんだろうと・・・。とても、幸せそうだった。

しかし、豊かさ故に生まれた産物は、刻一刻と日に日に姿かたちを変え、今、私たちや弱者と呼ばれる者へ押し寄せてきているのも事実!?

子供の寝顔を見て、自分に奮い立たせながら除雪車の音とともに床に伏せられた。朝、子供の機嫌の良い「おはよう!」の声で目覚め、それでも、家族の中に幸せがあることをかみ締め、また、今日も頑張らねばならん!と思うのでした。


キモチが伝わりましたら
ココをポチっとお願いします。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ