2006/3/21

ありがとう!S小児科医師さま!!  大志のキモチ

昨夜は猛吹雪・・・。春の装いもどこへやらという天候、昨年、道立羽幌病院に小児科医が不在になってから、不安をかかえ、出産もできない日が続き、住民運動が起こり、その末に、S小児科医師の常勤が決まったと吉報をうけて1年が経過した。

今日は、少し長くなる。

私(たち)にとっては、医師がいることというのは、これほどまでにありがたいことなのかと痛感した。

そのS医師がこの春で転勤となる。(後任の先生は決まっているようだ)
昨晩、先生は剣道の稽古を終え、さわやかな笑顔で、私と苫前町の担当職員と企画したささやか(本当にささやか)な送別会に顔を出してくださった。

時間も12時オーバーで、たくさん色んなことを話した。
結構、ハイペースに呑んだせいか、情けないかな、11時過ぎから、目を盗んでは水なんかを飲んでしまった。先生はそれでも、グイグイッ!強い・・・。

本当に、人を和ませる笑顔。
次は療育分野で数年間、勉強するとのこと。その後は、また地方での勤務を第一に希望しているようだ。そんな、おそらく希な医師なのかもしれないが、私たちにとってはとても、心強く、そして皆が感謝するS小児科医師に心から、心からエールを送りたい。

「こういう地方の小児科でも、脳波を見れたら良いと思いませんか?」
さらっと微笑みながら問いかける。
「私はそんなにがんばっている方じゃ無いですよ」
謙虚に微笑みながら語りかける。
「住んだり、余暇を楽しんだり、子供を育てるにはこういった田舎が一番いいと私は思ってますよ」
優しく微笑みながらお話してくれた。

聞き入りながら、私も持論を語る。面倒くさがらず、話を聞いてくれた。

これまでの、関わった事例なども聞き、やはり医師の方々の役割の大切さ、医療というものの大切さを身に染みる、一日となりました。

地方においては、今、どの分野も地方からの医師引き上げが相次ぎ、早急に地域医療について、それを支える、行政・住民側がしっかりと協議すること、体制を整わせながら、それぞれの立場・主張を尊重すること。その中から、一つの町の問題ではない、関係する市町村同士が、真剣に進めなくては、本当に田舎の医療は崩壊してしまいます。

医療が受けられない町に不安を抱かない人はいるのか?
いるはずもなく、実際のところは、住んでいけないと結論としては出てくるのではないだろうか。今の国を始めとする流れは、地方にとってはとてつもなく過疎に拍車・・・どころかターボを積んで拍車がかかっている。
残された時間はほんのわずか・・・。何が出きるだろう・・・。私たち住民は小さな事でも、細かいことでも、自分に出来る事を見つけ動き出さなくてはいけない。
こんなちっぽけな飲み会でも、S医師の心のどこかに私たちのキモチが通じて、この地域だけではない、都市部であろうが地方であろうが、その使命の後押しになってくださればと(ならないでしょうが)思って止まない。

とにかく、この地域で医療を施してくださったS小児科医師に心から感謝しているし、この後の数年間の勉強が、一人でも多くの子供たちの生きる力の手助けになるため、S小児科医師の目標達成のために、光が注がれ、力となることを祈っている。

昨晩は、私にとって忘れられない日となった。

キモチが伝わりましたら
ココをポチッとお願いします。
0



2006/3/27  18:42

投稿者:daishi

>北の浪漫人さま
お子様のご卒業おめでとうございました!!

心温まる、コメントに感謝致します。

せたな町のM医師の転出は、人ごととは思えない、実際に見て町民のみなさんの反応をリサーチしたわけではありませんが、外からの情報で行っても、地域医療の手本となる、そんな医師だったのかなと思いながらいます。そういった医師が地方に来て、医療を施すことに対し、自治体・周辺地域・住民はやはり、来やすいというか、働きやすい、働き甲斐のある環境を整えることもこれからは真剣に考えなくてはいけないということを身に染みています。

今回、羽幌道立病院ということで、町の垣根を越え関係町村それぞれが、思い悩み、何としてもという行動が取れたことは、良かったと思っています。本当は、もっともっと、S医師からも地域の医療を確立していくためのご意見など、何度となく拝聴したかったというところは個人的にはありますが、飲み会、プロレス団体の誘致計画など色んなことで関わりをもてました。

おっしゃるように、この『縁』を無駄にすることなく、これから結果的に周辺市町村民のみなさんの不利益になることがないように、限られた財政の中、しっかりと進めなくてはいけないものの見極めと意見・提言を行っていきたいです。

また、お会いすることがありましたら、私の持論を聞いてください。

頑張って積み木をしっかいりと重ねていきたいです!\(^^)\

http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2006/3/27  18:24

投稿者:daishi

>鍋さま
お誘い合わせの上、押しかけましょうね!!(笑)、その節はご一緒いただきありがとうございました!!


http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2006/3/27  9:56

投稿者:北の浪漫人

こんにちは。ご無沙汰です。

医療の問題は、地域の住人にとって重要な問題です。

S医師の離町は、悲しいことであると思いますが、しかし、ブログを見ていると、苫前とのご縁はこれを機会にさらに太く大きなものになるように感じます。
人の出会いと別れのなかから、しっかり次を展望することの機会を与えられているのでしょうね。
Sさんとの別れは、町の医療を考える機会を与えられたと思います。

つい何日か前、せたな町(旧瀬棚)の地域医療がテレビと新聞を賑わせていました。
「他人事ではなく、しっかりと地域を考え、地域を再構築していく重要な転換点にあり、その仕組みづくりに私たちがいるんだ!」とネガティブに発想し、小さな頭(打ち出の小槌)をたたくことが重要なのでしょうね。

Sさん、ご苦労様でした。
『夢』は持ち続ける限り、必ず実現します。いつの日か、北☆北海道・苫前の地域医療の中心として、地域の住民活動の要として活躍いただくようお願いします。

daishiさん、人と人とのご縁を大切に積み重ねていくその先に、『苫前のあした』があるではありませんか。積み木を上手に積み重ねていくのは、daishiさん、【あ・な・た】です。

http://plaza.rakuten.co.jp/bifuka/

2006/3/22  18:21

投稿者:鍋

「S」さん、ご苦労様でした。
もっと長く赴任してほしい気持ちでいっぱいですが、再会する日を楽しみにしています。
新しい勤務先でも活躍される事でしょう。が、先日の約束通り団体で遊びに行きますのでヨロシクです。

2006/3/22  17:30

投稿者:daishi

>「S」ですさま
勝手に、ブログの記事にしてしまい申し訳ございませんでした。

くれぐれも、ご無理せずSさまなりに勉強してください!!(笑)

あっという間の1年間でしたね。
もっともっと、お話ができれば良かったと悔やんでも、本当に1年というのは早いもので、焼鳥屋にも行けなかったですね。

次は、こちらで、ご紹介下さったプロレスを企画して実施できた曉には、お手伝いお願いします!(笑)それと、忘れては行けない、3・6も!!
私たちも歩いて帰れる距離のホテルを取って向かいます!行きつけの旨いもの食べれる店見つけておいて下さい!

地方に住む者として、不安に思う事はあるかと思いますが、少しでもその不安が少なくなるように、それ以上の楽しみを皆さんが感じられるように、可能な限り私もがんばっていきたいと思います。
たまに、日本海のすばらしい夕陽が見たくなったら、いつでも、おいでください!!

本当に、ありがとうございました。

http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2006/3/21  23:10

投稿者:「S」です

恥ずかしい限りです・・・

まずは、僕みたいなもののために、送別会をしていただいて、本当にありがとうございました。半分信じられない気持ちです。本当にどうもありがとうございました。

そして、今日のブログ、読ませていただいて、とてもとても恥ずかしいです。
酒好きで、バツ印が多めにあっちゃったりする、単なるダメ人間です。そんなエライ人じゃありません・・・
持ち上げすぎです・・・
そんな持ち上げられると、勉強嫌いなのに、勉強しないとダメになっちゃいます。。。

でも、勉強嫌いのダメ人間ですけど、良い医療、特に地域医療、地域での小児科医療をしたいって気持ちは強くありますので、春から改めて勉強をしっかりして、もっと使える医者になってから、また地域医療に戻りたいと思ってます。
そして、地域医療をするだけでなく、地域社会で生活し、家庭を築き、青少年の育成にも関われたら、どんなに素晴らしいだろうという夢も見ています。

ここで1年間過ごして、とても良かったです。本当にどうもありがとうございました。またもし赴任したら、どうか宜しくお願いします。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ