2006/6/15

本日6月定例議会  町の話題

本日は平成18年第2回定例会(定例会開催は3・6・9・12)です。

会期は今日と明日と予定されています。
たくさんの傍聴者をお待ちしています。

今回定例会の大きなものは『新日本海交流センター ふわっと』への運営補助として4000万円が主な補正予算となります。

その他に一般質問が出来る議会で、3氏(西・猫島さん・阿部さん)が一般質問いたします。

私からは住民との対話・情報の共有化ということで、町長が選挙当初に掲げてきた『対話』というキーワードと昨年制定された『まちづくり基本条例』から情報の共有化への取り組みとして、総括となる今年度をどのように実践していくのか。そのなかでこれまでの3年間はどうであったかの検証を示していただきたいという点。

また、情報の共有化の中、今年度しっかり情報を共有していかなくては行けない事は何なのか。
これは、今年のことも当然ですが、来年度以降もし町長が考えている施策があるのなら今からしっかりと(財政状況も含めた)前段で住民との対話を重ね、現在の苫前町の状況や、あるべき姿を明かすこと、そして住民側はどんなことを考え、望んでいるのかをしっかり把握すべきで、これはしっかりと条例にあるということから、自らがつくった条例を自ら反することのないように進めなくてはいけなく、様々な取り組みが要求されているところです。

そして、これらの住民の声や住民参画をしっかりと活かすための方策が必要ではないかと考えることから、パブリックコメントやパブリックインボルブメントといった制度の整備の必要性の考えについても伺おうとしています。

以上のことは、先日通告しております。
これらのことに対して答弁が行われますが、答弁を受けてあと2回質問をすることが出来ます。これまで、一般質問を行ってきましたが、この通告とあわせて3回の質問・答弁のやり取りではなかなか深い議論にまでならないことが多く、私の質問する技量も問われるわけです。

皆さんの声や考えが町政に活かされるように、本日の一般質問に臨みたいと思います。

本日は午前10:00より役場3階本会議場で開会されます。
0



2006/6/20  15:17

投稿者:daishi

>番台さま
わかっていますよ!!

真剣にそしてひたむきな姿勢は見る人はしっかりみていてくれていることも、そして、何より自分がくさび役になっても、少しでも良くなってくれればというキモチをしっかりもっているのは番台さんじゃないですか!

その前向きに発言すること、しっかりとダメなところやお客様の声を胸に受け止めているところなども知っています。

謝らないで下さい。謝らなくてはいけないのはむしろ自分かもしれませんし、このブログはたくさんの方、そして町内の方々が何か感じて頂ければ、そしてその声を届けて、届くようにとの思いではじめたものです。
こうして、数日、熱く議論出来ているのも勇気をもって投稿してくださる方がいるからです。

アクセス数がかなり跳ね上がっています。
これは、このウェブ上での議論にみなさんが良くも悪くも、注目してくださっているからだろうと思っています。
だからこそ、こういったことをきっかけに今度は関係者はもちろん、他方向からの考えとが結集され、情報も共有され有効的・実効的な場を作ることが要求されるのかと思っています。
それは、ふわっとのことだけはなく、まちのこと全般に言えることだと思っています。

先日の一般質問の中にも下水道など大型の整備事業がなされるような感じです。
町・議会・住民が納得する形でしっかりと議論が成されることを切に願っています。

諦めることなく、くじけることなくお互い頑張りましょう!!

こちらこそこれからもよろしくお願いします。何度コメントくださっても構いませんよ(^^)
たまに返事が遅れるときがあるかもしれませんけど。

2006/6/20  14:41

投稿者:番台

あの、すみません付け足しです……先程自分も感情論かもしれない…と言いましたが自分自身では、きちんと考え他人ばかりが悪く自分だけが正しいとは本当に思っていません!! 自分も含めた全体と言ってるつもりです…ただ、パートの方達に関しては皆さん非常に努力されてるのではないかと感じてます。 前にも言ったかも知れませんが決して“ふわっと及びスタッフ”の誹謗中傷(誤字?)との見方はしないで頂きたいです。 あくまでも“少しでも良くなれば…”との想いです。 すみません偉そうに言ってm(__)m。
とにかくdaishiさん始め皆さんの知恵と時間をお借りし良い方向に持っていければ最高です。 現状で考えても時間に余裕無いことも確実ですし今は他の施設の良いとこを真似たりするより『絶対』に他の施設の“悪いとこ”を真似ない!!だと思ってます。
自分が利用者の立場になれば悪いとこなんて簡単に見える…それを取り除いていけば必ず“ふわっと”としての味とか良さが見えてくると思います。
とにかく努力して何とかなるならしたいです。
頑張ります。
色々と教えて頂き勉強になりましたし気付きました。ありがとうございましたm(__)m。 またお願いします。

2006/6/20  14:10

投稿者:番台

daishiさんが皆さんに宛てたコメントを見て反省です。 daishiさんのおっしゃる『感情論』に自分も当てはまるとこがあるような気がして…申し訳ございませんでした。
そして本当にこれ以上“ふわっと”がよくならないなら皆さんがおっしゃるように“止める勇気”を持ち議論するべきだと思います…それは今現在のように大きなリスクを背負ってまで中途半端な経営?営業?をすることに意味が無いと思うからです。
前から思っていたことを再度、今春の個人面談の時にも上に言いましたが、“お客様アンケート”をして下さいと。 そして、お客様に言われた改善点や意見に対し毎月でも二ヶ月に一回でも答えましょうと(紙に書いて張り出す等)。 そうするとお客様も答えが聞けるので納得するなり更に踏み込んだ質問されるのではないかなと!?…その時には“やる”方向でしたがそれも未だに実行されず。
それこそオープン前に回覧で各家庭にアンケートを回したように“ふわっと”についての事細かなアンケートを回して町の声を聞くことは無理なことなのでしょうか?…そうすれば利用者だけでなく一度も利用したことの無い方の意見も聞けます。 daishiさん毎度×2勝手言ってすみません本当に…m(__)m。

2006/6/20  10:25

投稿者:daishi

>米の0さま
コメントありがとうございます。

私の話などはレベルが高いことはありませんよ。

私も気をつけて、わかり易い書き方をしなくてはいけないと思っていますが、おそらく難しい表現や用語を使ったりしているからでしょうか。申し訳ございません。(注釈を入れるなりの工夫も必要ですよね)

前回の特別委員会でふわっとについての協議がなされました。
その時、他の同僚議員からも接客などの意見が出されていました。議会の委員会の議論が直接どこまで経営や運営に反映されるかが疑問ですが、そういった声を一つでも多く拾い上げていって頂きたいと私も願っています。

これからもよろしくお願いします!

K小のお話はできましたら、左のメニューにあるメッセージBOXにお寄せいただけたら幸いです。このコメント欄ですと不特定多数の方々が閲覧いたしますので、まずはそちらに情報をお寄せください。誤解やしっかりとした確証がないままだとあらぬ方向に向いてしまっては・・・。とも考えますのでご理解ください。よろしくお願いします。

2006/6/20  10:11

投稿者:daishi

>北の浪漫人さま
今ごろ、議会が開会されたところでしょうか。

私の今回の質問は『まちの復興事業』(微笑)を進めるための根幹にあたる、大事な部分の質問だと思い、やりました。ご承知のとおり自治基本条例があるまちですから、最上位の条例として、必ず意識をしながら進めなくてはいけないことだと思っています。

パブコメやPIもそうですが、まずは、条例にはどのように記され、どんな行動が要求されているのかしっかりとした認識を持っていただきたいと今回ばかりは痛切に感じました。

やらなくてはいけない事を、どうも、出来ない理由をつけてその場しのぎの答弁のように感じました。(再質問・再々質問は)
政策論議とまでいかなかったです。
やらない理由なんかいつでもいくらでも簡単に考えられます。やることの難しさを避けることなく立ち向かうことの方がよっぽど信頼や理解を得られる道だと私は思うのですが・・・。
(という私も人のことは言えないかもしれませんが)

今回の質問で、理事者側はやっぱり基本条例の本質をご理解されていないのかなぁ・・・しっかりとした議論が不足していると痛切に感じました。逆に私がどういう意図でこの条例を制定したのかをまだ、受け止めていないのかもしれませんが(苦笑)

北の浪漫人さまも今回取り組まれる一般質問の事案もこれからの将来に向けてしっかりと構築しなくてはいけないところだと、私も感じております。また、勉強させてください。一歩一歩前進していらっしゃいますね!
一般質問が効果的にできますことを祈っています。(本当に難しいですよね^^;)

温泉などの今後のあり方についても、私ももっと勉強が必要です。しかしながら、言えることは、単体的にも全体的にも、住民の皆さんがそれで納得するのかどうかということかと、あまり時間がないということだと感じています。

また、首を突っ込んでください!Y(^^)Y

2006/6/20  9:40

投稿者:daishi

>番台さま・米の0さま
たくさんの意見交換の場として活用いただけることはこちらとしてもありがたいことです。

ふわっとに関しては、皆さんそれぞれたくさんのご意見、またはご不満もあるかと思います。
それ故に、解決しなくてはいけない課題もたくさんあるということ。
こういった課題を一つ一つ確実に解決できる方法を(場)を作ることが何より大事なように感じます。こうしてウェブ上でこのご意見などはたくさんの方が見ることが可能であります。
そこで、見てくれているみなさんも真剣に考え、その声が一つでも活かされるように、私もできる限りの提案を議員として、理事者側等としっかりと協議していきたいと思います。

ご不満の声も真摯に受け止めて、感情論ではなく冷静な解決策を導き出すような意見交換ができるとこのブログも意味があるのかと思います。

北の浪漫人さんがおっしゃったように同感に思います。『ダメであれば撤退する』くらいの強い意識と自らの危機感の中、ただ事ではない事態との思いを持ち、早期にふわっととして、交流センターとして何を目指し、将来はどのような姿を描くのか、その時の財政的な負担は住民が納得できるものなのかどうか?はたまた、今報道をはじめ夕張市の財政破綻が取りざたされているように、行政・住民の意思ではコントロールできなくなるっことも将来(近い)想定しておかなくてはいけません。

細かなことを気にしないではなく、細かいことの積み重ねで取り組んでいってもらえたらと思っています。

2006/6/20  2:11

投稿者:番台

daishiさん度々申し訳ございませんが再度お借りしますm(__)m。
米のO様それは大変失礼致しましたm(__)m。 それは“よってけ屋”(レストラン手前のソフトクリームとケーキのとこです)のことだと思います…そしてその人物が支配人かも知れません……。
基本的にレストランスタッフがソフトクリームを作るのですが、一応おじさんおばさんて感じのスタッフはレストランには居ないので恐らく支配人ではないかな?と思います。 歳にして55・56歳くらい?で、黒のスーツ上下に軽くハゲてて眼鏡の男!! もし売店のアイスなら同じく支配人か○○課長か○○係長だと思います。 これが、もし本当に支配人だとすれば大変なことです…そんなんで現場責任者ですから!!! 本当に前々から自分自身感じてますし周りの知人にも幾度と言われてますが『“ふわっと”の社員(パート抜き)は他で使い物にならん奴の寄せ集めだ』。 悲しいし悔しいけど、その通りですよ。 ましてや途中から来た方は誰かの紹介で面接のみ試験無し! 面接も簡単に言えば採用で説明会みたいなものですから…。
だから今度クビにしたくても出来ないんですよ。
ましてや、初めて“○長”になり嬉しいだけで責務をこなせない方ばかりですし…子供以下です本当。

2006/6/20  0:05

投稿者:米のO

 すいません、ミスしました。続きですが、アイスコーナーの眼鏡かけたお年をめしたかた、マナー、応対ひどいです。あなたはサービスマンですか? と言いたい。
 先日のk小の件は後日報告します。
議会の報告少し教えてください。

2006/6/19  23:54

投稿者:米のO

再度、登場します。
最近の話、凄いレベル高いです。<ふわっと>にひさびさにいきましたが、接客対応にビックリです。アイスクリームコーナーの

2006/6/19  18:13

投稿者:北の浪漫人

番台さんとdaishiさんの会話に首を突っ込む
部外者ですが、公の施設の論議に首をうなだれて聞いております。
明日の一般質問で『温泉の撤退を考えていないか』との質問を展開しようと準備中です。
撤退とは、ただ事ではありませんが、しかし、将来のことを考えるとはっきり『撤退』という視点から物事を考える必要があると考えています。パラドックス的な視点なのかもしてませんが、撤退がありえないとしたら、どのような戦略と戦術が温泉経営に必要か、しっかりした方針とそれに向けた日々の努力の積み重ねが必要と思います。
上川北部にも、各市町村に公共の温泉宿泊施設があり、毎年、苦戦を強いられている所がある一方、売り上げ前年対比111%、利用者増のところもあります。
使用料として市町村に一定の金額を納付(返還)しているところがあったり、それらがなく職員を派遣して、給与分を市町村が負担しているところもあります。
民間なら、すでに倒産なのでしょうが、公共の名の下にそれが許され、負担を住民が払っている多くの施設の存在は、現代の不思議のひとつです。そこに、しっかりメスを入れ舵を取り直す努力が、公共の福祉そのものだと考えます。
しっかり首を突っ込んでしまいました。ごめんなさい!
daishiも元気取り戻したみたいで一安心です。
また、首突っ込みます・・・

http://plaza.rakuten.co.jp/bifuka


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ