2006/6/20

格差ってこれもだよ・・・。  

商会青年部が中心になり動き、整備された無線LANによる高速ブロードバンド。

ADSLの整備が不可能に近い状況であるいう認識で、初期投資も少なく加入件数も少なくて済むということで整備にこぎ付けたが、整備当初からの加入件数は伸びていない。

情報網としての安定供給に多少の難があることもあるだろう。

しかしながら、まだまだアナログでの回線で情報収集されている方が多数いる。

一方では地上デジタル波がスタートし、デジタル時代の中、どこか地方の田舎は完全に取り残されている感がしてくるのは私だけだろうか・・・。

先日、NTTの方をお呼びしてADSLの整備ついて説明と協議を行った。
やはりどうしても利益に見合った形がとれないと整備は難しいとの印象。
人口減に歯止めが利くような状況でも無いということも否めないし、高齢化が進むということはあっても後退するとも思えない状況で、加入者を集めることがかなり困難な数字だった。

同様に、地デジも放送局の採算性を考えたら、本当にこういった田舎の地方まで普及が進むだろうかちょっと心配になる。ましてや北海道という特異な地理条件が絡むと・・・と考えてしまう。

結果、ネット回線でもテレビでも様々な情報入手の手段が狭まり、情報格差は益々進むのではないかと懸念してしまう。
採算性を重視していくと到底、田舎では暮らしていけない。もっと言うと都市・田舎と異国の地みたいな感覚に陥ってしまいそうだ。
自前で整備する資金も乏しいし・・・。

数年前は半ば本気、半ば冗談で言っていた、イモ・カボチャをしっかりと作れるように(自給自足という意味)ならなくていけないかなぁと言っていたのが少し本気度が増したように感じている。

個人的にはそういう生活は好きだが・・・。

作物を作る、漁(猟)をする、山を造る、川を活かす・・・。
誰がやっていくのだろう。
技術を売って物資を獲る。
長続きするわけないだろうよ・・・。

子供たちの健やかな笑顔をまともに見ることにすごく辛く心が響く。
絶対、そうならないようにしっかりしよう!!

迷惑メールがたくさんが来るが件名見て思う・・狂ってるぞ!
こんな社会・・・。

ちょっと脱線しました。(^^;)

キモチが伝わりましたら
ココをポチッっとお願いします。
0



2006/6/26  15:18

投稿者:daishi

>おかにゃんさん
コメントありがとうございます!

おっしゃるとおりで、国もe-Japan構想と言う名の下に最後まで、採算性の取れない地域でも格差が生じないように整備を行っていただきたかったということと同時に粘り強く地方団体も声を届ける努力が必要なのかと思います。

これからの地デジにおいても、こうした状況が再来するのでは!?と心配してしまいます。果たして広大な土地に北海道の民間放送局の整備が追いついて行くのか・・・。

同時に子供たちにとって有害な情報の取り扱いなど考えなくてはいけない事も山積していますよね。困ったものです。

2006/6/24  17:19

投稿者:おかにゃん

こんにちは。
情報化社会とかいう一方で,まだまだインフラ整備がされていないという実情があるのですね。
NTTが民営化されたため,インフラ整備も終始を考えて行うようになりました。したがって,利用者が少ないであろう地方都市は後回しにされてしまう傾向にあります。
この辺りは,本来は国のバックアップが必要なのでしょうが,場合によっては,道と町とがタッグを組んでインフラ整備を推進することも考えなければならないのかもしれませんね。

いずれにしても,情報難民は困ります。
もちろん,その情報をどのように扱うのか,子供に見せるべきものと見せてはいけない物はどうするかなどという部分も考えておくべきであることはいうまでもありません。

若干話がそれまして申し訳ありませんm(__)m

http://blog.livedoor.jp/okanyan599/

2006/6/21  11:45

投稿者:daishi

>yu1さま
昨日は途中で抜けてごめんなさい。

ちょっとここ最近タイトなスケジュールとなっています・・・。
大事なことも抜けていたり相変わらずダメダメです。

そうそう、この間話をしていたやつですよね!?悩みどこですな・・・。ウームムムって感じですね。
どっちにしても夏の怒涛のようなイベント続きが終わらないと実際にミーティングができないかもしれませんね。

2006/6/21  10:21

投稿者:yu1

リンクありがとう!!
ポスターのほうも仕上がりました。
ADSLとっこして、光の話がちらほらと・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

http://www.phoenix-c.or.jp/~watakou/index.html


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ