2007/1/29

機械じゃない!  

女性は産む機械ではない。
ましてや、生まれてくる子供たちは、少子化の解決のための数字合わせのために産まれてくるのでもない。

幸せの定義は無いかもしれないが、たとえ話であっても、何ともため息の出る発言だ。こうした類の発言は何処彼処で、たまに耳にすることがある。
今一度、しっかり考えたいもんだ。

日本再生には、まだまだ時間が掛かるな・・・。
何とか踏ん張っていかなくては・・・。
0



2007/2/19  14:17

投稿者:daishi

>俺だァ!さま
コメントを返すのが遅れました。ごめんなさい。

田舎ゆえに、どこか遠慮がちで、そして、しがらみが強い。それは良いところもあるという反面、表裏一体で危険でもあると思っています。
今、そこから脱皮し、自らがつくりあげることの意識を持たなければ、結局責任のなすりあいなどがおこります。今回の発言も、最終的にはその例えも、根本をしっかりと考えなくては、少子化のための解決策は、安に子どもを作れなどということはおこがましいと思っています。そんな発言は身近でも聞きますよね。みんな、生活するためにしっかりと認識しなければ、何の解決にもならないような気がします。色々な立場、職業、社会的な役割があり、うやむやに、曖昧な情報や、風評などから、社会が大きく波うちます。波に飲まれることの無いように、しっかりと今、時間が掛かるかもしれませんが、田舎で苫前町で住むということを確立したいものです。

そのためには、まずは認識や観点を同じにしていき、しっかりとした情報共有が図れることからはじめなくてはいけません。どうか、可能な限り、この町に住むために共に頑張りましょう!!

ありがたいお言葉に感謝いたします。

2007/2/17  23:01

投稿者:俺だァ!

「産む機械発言」
議論の余地はないでしょう!。 たとえ話にしても、少なくても日本の政治を左右するお偉い方の発言ではないでしょう!
 
もと、首相経験者が、何年か前に選挙にあたり「国民は目を覚まさないでほしい」と同じ発言ですよね。国民はどれだけ馬鹿にされているのでしょうか。

 そのまんま東知事の誕生は、国民や県民を馬鹿にした結果だと思います。(大いにマスコミに取り上げられて、圧倒的多数の野党から、県民の視点で応援してあげたいキモチですヨ)

 今年は、統一地方選挙、参院選挙と国民一人ひとりが自分の生活、家族、この地域、この国の将来を、全ての国民が平等に与えられた一票が有権者の良識が左右される年ではないでしょうか。!?

 頑張れ 大志! のエールを贈ります!!

2007/1/31  0:52

投稿者:daishi

>おかにゃんさま
いつもコメントありがとうございます!
また、TBありがとうございました。

久しぶりのTBでした。(笑)

そうですね、一つ一つ、紐解きながら何故どうなっているのかを理解できるように、とんでもないたとえ話をするまえに、しっかりと本質を伝えなくてはいけないし、機械ではない人として生きることの意味を捉えていきたいです。(それこそ、言葉尻だけをとっているわけではないですが)

おっしゃるように、分権こそ、地方こそが頑張ることほど、この国を再生する有効打となるのではと信じて邁進したいと思います。

ありがとうございました。

2007/1/31  0:18

投稿者:おかにゃん

こんばんは。
おっしゃるとおり,決して国の計画書のために子供を産むのではないし,産まれた子供も単なる「ノルマの駒」ではありません。
今回の大臣の発言で,ますます「国はあてにできない」ということがはっきりしたと思います。
やっぱり,地方がガンバルしかないのです。

http://blog.goo.ne.jp/okanyan/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ