2005/4/5

合併新法  町の話題

いよいよ平成17年度に入り、色んなものがスタートしましたね。
町役場では人事異動などが発令され町舎内の職員のみなさんの顔ぶれも変わり、机の配置も変わるなど、なんだか心機一転といった感じでしょうか。
色んな法律も施行されましたが、中でも、新合併特例法も施行されました。昨年の留萌中部三町村合併協議会が破談になり、もう合併の議論はないんだという風潮もありましたが、いやいや、これからですよ〜!っていうのが現実でしょう。
先日の産婦人科医の記事の中でコメントいただいた部分であったように知事がコンパクトシティ論を提唱したこともあるように、ことは着々と動いているってとこですかね・・・。合併新法も北海道(高橋知事)は本年度内に構想を策定する考えを示しています。組み合わせも当然示してくるだろうと思います。合併協議会の設置についても今まで以上におせっかいな仲介役を買って出るとの発言もしています。知事の真意はどこに??どうなんだろうと色々考えること・いいたいことありますが・・・。いずれにしても、羽幌町、初山別村をはじめ小平町や遠別町など近隣の町々とが少なからず協議なり話し合いなりする準備にとりかからなくてはいけないのではと思います。その準備は必ずしも、対町ではなく、苫前町でいえば対町民にむけ、現状説明や、これから向かうべきことに対するコンセンサスなど一番根っこの重要な部分をさしおいてはいけない。来るべきときに一番合った答えをだすためにすべきことを私たちをはじめみんなで考えなくてはいけない時がすでにはじまってます。近隣する町村との感情のゆがみを修復するなど問題は山積みになったままですが、新年度をスタートを切ったわけで、私も心機一転積極的に取り組む決意です。

0



2005/4/5  17:54

投稿者:daishi

お二人さんのご意見に確かにうなずけます。
私もまだまだ考えが甘いのか、まだまだ活動が甘いところが多く本当に反省してしまいます。反省だけではゆるされないのが私の立場で、だからというところでは、正直恥ずかしいですが、一人でも多く私の考えを聞いていただき議論できるように地道にやるしか、今のところそれしか浮かびません。消えるべくして消えるところなんとか持ちこたえたってなるようにすべきことを見極めたいです。怒られるかもしれませんが、実際まだ自分で有効な手立てを見極めれていないかもしれませんね。併せて行動もちぐはぐになってるでしょうか?
再度、自問自答してみます。

2005/4/5  16:28

投稿者:Armstrong

本気じゃない市町村は消えるべくして消えるのかもしれませんね。
北海道の勧告を待たずとも住民発議で合併協議会を設置するというのは夢のまた夢ですね。生活者レベルでの合併協議が良いなぁ。主婦や若い人で協議できたらずいぶんと違うものになったんだろうなぁ。

2005/4/5  12:03

投稿者:muri...

「市町村合併」、「道州制、支庁制度改革に伴う道から市町村への事務・権限移譲(約2,000件)」、「行財政改革への取り組み」、「まちづくり基本条例の策定」・・・、これらを同時に取り組まなければならない(はず?)の現状。とてつもない変革の時期ですが。
真剣に取り組もうとすれば、現在の役場の体制ではほとんど不可能に近いと思われます。
でも、出来るんじゃない?っていう雰囲気があるのはなぜでしょう?
・・・それは、誰も(役場の理事者、職員、議会、町民)現状を認識していない、本気じゃないからでしょうか?
脳みそのキャパが少ない私としては、頭が混線状態です。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ