2007/8/31

医療充実を求める会  町の話題

昨日、これまでも活動を続けてきた、道立羽幌病院の医療充実を求める会(旧小児科医の常駐を求める会)のメンバーで打ち合わせをしました。

新聞報道(中部地域3紙:北海道新聞、日韓留萌、羽幌タイムス)などでもみなさん情報を得ていると思いますが、産婦人科もとうとう引き上げられ、週1回の出張による診察になりました・・・。

これまで、署名や道への陳情、町村長との懇談などの活動を展開してきましたが、今の現状は、こうした動きや、町村などの動きなどと合わせても、どうにもならない状況となってきてしまったのか!?
地域センター病院としての機能は本当に保たれているのかなどみなさんの不安は増すばかりだと思っています。

春の整形外科医の引き上げに続き、この事態に私たちも、住民運動を展開しようにも手詰まりなのかとメンバー(発起人)であれやこれや話をしてきました。

留萌管内のお産はいよいよ留萌市立病院でしかできなく、また、妊婦検診も留萌市で受診するというような形になってきます。

出産を予定しているみなさんはそれでも、今の方法しか無いとなれば、大変な、不安な思いをしてもなるようにしかならないということで、特に声をあげてもどうしようもないと・・・、この先も、現状から体制は改善されないのだろうかと悩むところです。

しかし、本当にこのままで仕方が無い、なにをしても無駄だなどと住民のみなさんは感じているのだろうか、やっぱり、こうあって欲しい姿というものはどう描いているだろうか。まず、その意識調査をするようにしたらどうだろうと、準備をして行くことになりました。
手法や調査内容はこれから詰めて行く事になります。
この調査結果は、様々なところで活用していただきたいと思っています。
当然、自治体の方も様々展開の中で基礎資料としても参考にしていただきたいし、私たちもそれを元に、どういった住民運動がより効果的なのか検証し、行動に移せるようにしたら良いかを考えることにすると確認しました。

今後、煮詰まってきた段階でまた、引き続き記事にしていこうと思っています。

もう少し先ですが、調査については、みなさまのご協力お願いいたします。
0



2008/1/25  18:32

投稿者:daishi

>よそモンさま
コメントありがとうございます。

返す言葉、コメントが見当たりません・・・。情けない限りです。

しかし、私も根本、基本的な考えで行くとそのとおり、同感に思います。

現状の認識をするのと、思う理念はしっかりと見極めていこうと心がけています。
恥ずかしい話、正直おっしゃるように道に迷っているのは、守るべきものを守りきれる精神がそこに残っているのかの覚悟(どちらとも取れるような文言スミマセン・・・良い意味で取って頂けると助かります)にも大きな隔たりがあり、そこの修復が進まないことと導くために財政(お金)がリンクしてしまっている自分がいることはあるのだと思います・・・。

不快には思いませんし、むしろ初心、奥底をつくご意見に感謝致します。ありがとうございました。

今の私にすべきことは、尊重することを念頭において考えることに重きをおきながら、医療を施す側、医療を受ける側、制度設計する側に立ち返り考えたいと思うところご理解頂けると幸いです。

2008/1/25  18:09

投稿者:よそモン

住民一人に必要な
医療財政(国保など)がどれぐらいなのか
個人の負担はどれくらいなのか
それで地域が守れるか
わが国に医療費亡国論あり
医療機関を廃止しないと町の財政が崩れるとの見解があるのならば
「税金の使い方!国・地方自治体など行政の本来守るべきものは国民・住民の安全と安心にこそある」
お金にこだわり道に迷う
「欲と金、積もるにつけて 道を忘れる」
この町の行く末は厳しい
明らかに原理原則の未確認・対話不足
独り言でありこのブログ管理人に対する意見に非ず 不快であれば削除を願う

2008/1/24  14:19

投稿者:daishi

>ある医師さま
コメントありがとうございます。

ある医師さまのご意見、理解できました。前述、おっしゃるとおりのことなのかと思います。確かに、私たちも豊かになる社会の中で、医師をはじめ、医療に従事されるみなさんにおんぶに抱っこの状態で日々暮らしてきたことで、鈍った感覚を持ってしまってきたことは事実だと私も思います。

医療だけではなく、公共(サービス)の全般においても、おっしゃる言葉を借りるとおんぶに抱っこの状態で、『当たり前』の感覚が実は本質の理解がとんでしまっていたりしているのだと気付かされます・・・。

そして、私のコメントに記した部分に対し、現状は全国どこでも起こっていることだというご指摘についても、まったくごもっとものことで、受け止めさせていただきます。

そして、ご意見くださいました、医師に来ていただくための方策についても、なるほどと思うところもありますし、私も、地域の医療が充実というよりもなんとか継続維持していただけるようにするためにも、おっしゃられたことを覚悟をしなくてはいけないという現状の認識を持とうと思います。

私は、地方議員であり、予算の提案権がないわけですが、少なくとも執行する町側に何とか働きかけができるようにと思っています。と同時に理事者である町長に真剣な医療政策を打ち立てていただきたいということを期待しているわけですが・・・。

何はともあれ、貴重なご意見ありがとうございました。

くれぐれもわかっていたできたいのが、医師の方スタッフの方々に無茶振りをしようとは、微塵も思っているわけではありません。私の勉強不足と本当の実態把握の乏しさゆえに、ある医師さまに不快な思いをさせてしまっていることを申し訳なく思います。

お体には十分ご留意され、頑張ってください。

2008/1/24  12:27

投稿者:ある医師

正直私個人としては国が医療費の増額をし、保険診療の中での医療事故については一切訴訟がないという条件出なければ、羽幌に医師は新たに行く可能性はないと思います。
北見赤十字の内科医師撤退の報道にもあるようにセンター病院すら体制を保てなくなってきている現状です。
医師の善意におんぶに抱っこでやってきた今の日本の医療の体制が根本的に崩れてきているのです。
ただ、これは国策です。国は予算編成を通じて医療の集約、医療の崩壊を積極的に行っているのです。国の政治を変えない限り、永遠によくなることはないと思います。

>ただ、一言。
患者(住民)が医療を受けたくても、そう簡単には受けられなくなっている現実があるのだということ。たくさんの病院がある中で、病院理念に患者第一とか地域に根ざしたとかいう文言・・・。その中で私たちも医療を施すみなさんと状況を打破できるように謙虚に行動したかった。そんなことです。

と書いておりますが、こんなことは全国どこでも起こっております。そちらの地域特有の問題ではありません。
やはり、医師が来たくなるような条件を出さなくてはいけません。
ちなみに年俸2000-3000万で2人体制、1人につき週休3日(週5日のうち1日は2人とも町にいる計算。)ではだめですか?それに加え訴訟は一切起こさない(全面的に町で面倒を見る。)という条件ではどうですか?
10000人いれば1人につき年間5000円の増税で5000万捻出できますよ。

というようにほかの地域に比べここがいいところという売りがないとだめでしょうね。

2007/12/10  8:25

投稿者:daishi

ご理解頂けなくて心から残念な思いです。
こうしいたことが医師の皆様のご迷惑になるのかと思うと、とてもとても胸が痛いです。過労死してくださいということと同じだと言われると、何だかこれまで一緒に必死に行動してくれた住民のみなさんや医師はじめ医療スタッフのみなさんに大変申し訳ない行動をとってしまっているのかと大きく悩むところです・・・。

石さま、ある医師さまのおっしゃること、受け止めさせていただきます・・・。

ただ、一言。
患者(住民)が医療を受けたくても、そう簡単には受けられなくなっている現実があるのだということ。たくさんの病院がある中で、病院理念に患者第一とか地域に根ざしたとかいう文言・・・。その中で私たちも医療を施すみなさんと状況を打破できるように謙虚に行動したかった。そんなことです。
まず、ご理解いただけないと思いますが、石さま、ある医師様、お体にご留意されまして頑張ってください。


2007/12/10  0:32

投稿者:ある医師

署名で医師が来るんだったらどこも困りはしませんよ。
給料の増額、不必要な時間外診療をしないという住民の意志、医療事故に際して刑事告発は一切させない、しないという住民の意思表示が大事だと思います。
あと、1人病院で24時間365日の急患対応は無理なので、やはり病院を統合し、医師を集約化することは必須と考えます。

あなたたちの求めていることは、医師に対し過労死してくださいといっていることと同義です。

2007/10/12  0:28

投稿者:石

住民の意識調査をして住民運動をして、自治体に働きかけて・・・。
それで、本当に医師が来ると思いますか?

それよりも、医師が来たいと思えるような環境を整えるための努力をしたほうがましだと思いますよ。

2007/9/11  12:53

投稿者:美深町 おぐち えいじ

新任の議員です。岩崎さんとは、地域通貨の事で貴商工会に訪問いたし資料と頂き懇談させて頂きました。さっそくではございますが、当地の厚生病院の赤字負担額等の問題で苦慮いたしていますが、全面改築平成13年より運営助成金として毎年4,100万(平成22年度まで)18年度決算損失8,200万の3分2補填になっています、苫前の場合改築?時の持ち出しの有無あれば金額・運営補填額等教えて下さい。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ