2007/11/23

現状認識と現実逃避  大志のキモチ

現状認識と現実逃避の繰り返し・・・。

現状の認識を持つために、冷静にたくさんの情報を得て、取捨選択し、分析し、認識を固めながら進もうとしても、進まない苛立ち。そして、思わず逃げたくなるような現実に直面。

しかし、それを打開していくのが町理事者や私たち議員の使命。

喫緊の大きな課題。
苫前厚生病院、新日本海交流センター(ふわっと)などのあり方、進み方。このことにも付随する大きな財政問題。財政状況は、最近の新聞紙上等でも盛んに記事になっているように、ぎりぎり苫前町の名前が出てこないだけで、楽観などできる余地はない。
また、役場職員などの職員不補充により人件費を抑制してきたが、あまりの人員不足による色んな影響。このことが裏目に出る可能性が年々高くなってきている。
行政が行っている仕事とは?サービスとは?住民のみなさんのニーズは!?認知は!?

結局、お互いの尊重や情報などが共有されなくては、どつぼにはまると思わざるを得ない現実。
っといって、自分はどう動いている?何をしている?何を怖がっている?使命を果たしているのか?色んなことが頭をめぐる・・・。その時点でアウト!!三本間に挟まれ、大事なところで中途半端な走塁が流れを変えることができず肩を落とす・・・。
しゃれにならないね・・。

ある人が言った『現状維持はじり貧』まさに、この町の現状もその通り。
じり貧になっていることの認識をまず、みんなで持ちたい。
転機(合併議論)を逃したことは、そこにその認識が無かったから。何度と来るはずもない転機を見逃し、スルーすることはこの期においては、やってはいけないことなのだと思う。見逃すくらいなら思いっきり振って納得しよう。スルーするくらいなら枠からはずれてもシュートで終わろう。
そんなこと。

具体的に何が出来る??
有効かどうかはわからないけど、街で色んな人と話をして、もっと座談会や交流会を開いて、イベントや行事に参加して、身近でそして身近な話が出来るようにすること。まちかど掲示板もまだまだ改良が必要だし、全然効果的に使えていない。
焦ったってしかたがないけど、のほほんとしていたら取り返しがつかなくなる。

現状の認識をしつつも、現実逃避してしまいそうな葛藤の中、真実とその言動の終着点にはまだまだ程遠い、今日この頃を過ごしている。

ただ、あきらめるわけにはいかないということだけは、言えている。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ