2008/3/15

田舎町の意義。  大志のキモチ

悲壮感が漂う、この町に何が必要なのか、町民の方と色々話をした。

ここは、ご存知田舎。
しかも、かなり恵まれた田舎なんだと私は自負する。

山があって、川がながれ、海がある。
山の楽しみ、川の楽しみ、海の楽しみ。

何もかも便利ですごしてきたこの数十年。それは、ひと時のの時代のなかの流れとなり、今、何を求めてこの田舎で暮らしていくのか。
便利、物質的豊かさを求めるのなら、やっぱり都市にかなわないし、都市の魅力がある。田舎は、田舎の魅力を感じることが、これから田舎で暮らす最も必要なものだと私は気づく。

必要なものは、ここに暮らすみんながもう一度、見直してみることが実は一番肝心なのかなとつくづく思う。

人はみな、自分を含めて、ずるさ(いい意味で)を覚え、色々と発展してきたのかな!?

田舎で暮らす子供は子供らしく、のびのび育つと考えるのなら、この数十年過ごしてきた日々を思い返すと、ずいぶんともったいないことをしてきたかなとも思う。極端かな・・・。

これから、春の息吹を感じるとき、山の恵みに出会い、山に感謝し、山を守り育てることを学ぶだろう。その山から川の恵みの水を頂き、命はぐくむ食材で私たちは生きていることを学ぶ。
根本はここに尽きるのか・・・。
このまちは、この根本を教えてくれる、人を育む学校だ。
絶対に見失ってはいけない。
壮大な自然の中で活かされていること。
子供は、この学校の中で生きるということを学び、大人はその術を伝える。
ただ、この数十年の暮らしで、それだけでは生きていけないことも作り上げられたのも事実。それによって、生活が成り立っていたのも事実。でも、それはある種、生きるための道具であって、その道具をどう使おうかという話。

根本の教えや、伝えはどうであったか、立ち返る必要があるのだと強く感じる。

今、社会教育などに力を入れていくことが、わかるような気がする。
この先、田舎で暮らすことを考えたとき、何が必要かというところはそれぞれ違うとおもうけど、根本を見失ってはいけない。
その根本の話も、キモチの醸成もおざなりになってきていたんじゃないのかな・・・。

自分は、一つ光明を見出すとしたなら、子供たちに大人が田舎で暮らすことを教え、伝えていけば、何とも元気や希望を持てるだろう。それができないとしたなら続くはずもない。田舎で暮らす術を知らぬまま成長していったなら、この町の意義はそこで途絶える。結果的にこの町で暮らせなかったとしても、母なるふるさとはいつまでも、心にぬくもりを与え、全うした人生を送って欲しい。

道具を使うために、人の中を探り、神経すり減らしあるゆる手段を考え、時には自分のことしか考えないでいることばかりに働き、人が人と共に、自然の中で生きていくことをすっかりと忘れてしまうような状態は、私は正常だと思えない。

悲壮感漂う昨今、もしかすると一番大事だと思うことは、今一度、この町で暮らすことにしっかりと立ち返ることから始めることだと私は思う。
こんな記事をつくるとまた、理想論だとか、甘いだとか、若造がって思われるかもしれないが、自分が心底思うキモチなのだからしょうがない。
0



2008/3/18  19:01

投稿者:daishi

>SSSさま
コメントありがとうございます。
正直なところ、最近自分自身感情の起伏が本当に激しくなっているような気がします。

議員としてどこまでやれるかというところ、昨夜ほとんど寝られない夜を過ごしました。
結果的には、住民の皆さまから理解と協力が得られなければだめなのでしょうかね。
こうして最近は私のブログに100件を越えるアクセスがあることを考えると、少なくても、私自身の考えを本来もっと出すべきということも考えたりします。
しかし、このブログで、ストレートに考え述べたり、情報提供したりしても、思わぬ展開となることの怖さがあり、ビクついていることも正直なところあるわけで、そこに覚悟をもつということは、家族、家業もろとも捨て身で行かなくてはいけないことなのかと思います。その覚悟なくして議員はつとまらないとしたなら、相当悩むところです。
でも、公式な場面(議会や各委員会)では、理事者の考えを質したり、自分の持っている意見を述べたりしていくつもりですし、してきたつもりです。

SSSさまの発言が失礼だったなどありませんよ。むしろ、私の方が不躾な対応だったかなと反省します。

自分が正しいなどと思っていません。だけど
今の自分の、動き、発言はこれが精一杯の現実です。受け入れられるのか、受け入れられないのか、それは、自分が判断するものではありませんよね。(苦笑)
ただただ与えられた責務を住民のみなさんにとってどうかと考え行動するのみなのかと。僕にはそれしか、今は考えられないかもしれません。でも、おっしゃるように色んな広い考えを持つべきだとも認識をしなくてはいけないことは言うまでもありません。

何か支離滅裂な文章になってしまいましたが、ありがとうございます。
頑張れるところまで、頑張ってみます。

今後とも、ご指導、ご意見よろしくお願いします。

2008/3/18  14:44

投稿者:SSS

daishiさん議会の方もご苦労様でした。
先日のコメントですが発言に失礼あったかと思います…申し訳ございませんでした。 他人様とのやりてりに口を挟むのも御法度かと思いますが一つ宜しいでしょうか…私も数年前に役所で定年を迎えた者として色んな経験をしました。 現実に『逃げ・言い訳』という行為をしてるのは町であり理事者ですよ(全てではない)。 ストレートな意見や具体案もあなたは行っていると思いますよ恐らく…。
それを煙たがり聞く耳を持たれないからあの手この手をしてらっしゃるはずです。 なら町は理事者は具体案を出しましたか?
自分に火の粉が飛ばないように嫌らしいやり方で最後は罪のなすりあいってなオチですから。
結局はあなたがいくら身を削り努力しても最終決議の場(メンバー)が変わらない限り通用しないというか報われないのかもしれませんね。それでも諦めないで頑張って下さい…私の知人の為にも宜しくお願い致します。

2008/3/18  9:34

投稿者:daishi

>年寄りさま
この記事は、今様々な現状から、活路を見出すための自分が考える精一杯の答えです。

この記事にも書いていますが、具体的に、苫前町の自然のすばらしさと田舎の意義を教え伝えることです。

何の言い訳ととられたかはわかりませんが、軸が確立されなくては、それに伴う問題は解決されていかないと思います。

逃げていると思われたら、それは否定しません。小さな町です。私も覚悟はしていましたが、予想超えた現実に、心折れそうになります。(ここが逃げているかもしれませんね)

ストレートに勝負し、その後は、当然もっともっと強い覚悟と後押しなくてはそこに立ち向かっていくエネルギーは、今、自分に持っているのかすごく難しいところです。

ご意見ありがとうございました。

2008/3/18  9:34

投稿者:daishi

>年寄りさま
この記事は、今様々な現状から、活路を見出すための自分が考える精一杯の答えです。

この記事にも書いていますが、具体的に、苫前町の自然のすばらしさと田舎の意義を教え伝えることです。

何の言い訳ととられたかはわかりませんが、軸が確立されなくては、それに伴う問題は解決されていかないと思います。

逃げていると思われたら、それは否定しません。小さな町です。私も覚悟はしていましたが、予想超えた現実に、心折れそうになります。(ここが逃げているかもしれませんね)

ストレートに勝負し、その後は、当然もっともっと強い覚悟と後押しなくてはそこに立ち向かっていくエネルギーは、今、自分に持っているのかすごく難しいところです。

ご意見ありがとうございました。

2008/3/18  9:26

投稿者:daishi

>しんさま
いつも、ありがとうね!!
色々あります・・・。
自分は、いつまでこの地にいることができるのか、本当に住民としても思います。

最後の理想論云々・・・仕方がないですね。
難しいですわ。
全文のところが、自分が思うメッセージ、私が今見えてる、苫前町の姿です。
今のところ、ここしか希望を持っていけないのだと思います。
前段の部分は、まさに現実として早いうちにそうした行動を起こさない限り、自分も含めてみんなが一方通行・・・。
これじゃ、持続可能とはいえないと心から思います。

また、懇談しましょうね。
ありがとうございます。

2008/3/17  22:53

投稿者:年寄り

理想論、甘い、若造などと思ってはいませんが・・・・
何か逃げている・・・いい訳がましく読める文章かな・・・
難しいかも知れませんが若いのなら、もっとストレートに、具体的に、これをやるんだと言って欲しい。
期待しています。

2008/3/16  14:14

投稿者:しん

daishiさんお久しぶりです。 いつも何かとご苦労様です。 『理想論・甘い・若造』 私的にはそれで良いと思いますけどね…というのも理想を抱き少しでもそれに近付こうとすることの何がいけないのか? こちらを甘いというなら、あなたは辛いのですか?現実を知り年齢とともにやる気喪失してるだけではありませんか? “若造がぁ”と言う方には、あなたはイキナリ今の状態になったのですか?あなたも元は若造では…?何より若い者が意見をし行動してるのですから温かく見守るとか協力(助言等も)するのが良き先輩ではないでしょうか!? それを『理想論・甘い・若造』などと簡単に片付けるような方達に負けるというのか、そう言われることに恐れることは無いと私は思います。 結果として理想論でも無いし甘くなんてない、若いからこその言動で証明するよりないですよ。 そして私達だけでも若い芽を簡単に摘むとか踏みつけるような輩にはなってはいけませんね。
今後もしばらくは心身ともに多忙な日々が続くでしょうが頑張りましょうね。そして応援してます。
お互いに、ただ溺れるだけじゃなく必死にもがきましょうね(笑)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ