2008/4/28

地域医療の姿。  大志のキモチ

先々週、先週末と札幌などで地域医療に関して勉強、情報を得ようと行動していました。

苫前町は今、厚生病院における医療体系の変更などでこの2年間右往左往してきた状態です。
それよりも前に、近隣(隣町の羽幌町)の道立羽幌病院の医師引き揚げなどから地域医療を考える時間が十分あったように思います。

この度の厚生病院の関係から、私自身はより一層その考えを深くしていたわけですが、実は自分のとってきていた行動を今考えるとなんとお粗末な動きだったのかなとも考えさせられました。(あくまでも私一個人のことです)

結論から・・・。
結局は地域医療を守ろうとするならば、守るのは住民、議員(議会)、町含めた全体がこのまちに必要な医療を考えたとき、どこまで状況を知り、そのための行動ができるのかというところでした。
これまでは、単に医師の派遣や確保を働きかけるということに注力してきました。そのこと自体は住民のみなさんにとっては望ましい行動だったのかもしれませんが、医療側はどうだったのか・・・。この間、医療現場の過酷さや無謀な要望などもわかっていたようで、真にわかっていなかったのかもしれない。むしろこのこと自体が自分たちで自分の首を絞めていたのかもしれないと今更ながら思い起こしたりしています。(政治が変わっても変えられないことがある)

いつも、お互いを尊重しあいながら、相互理解の中で信頼関係を築くことなどと言ってはきたものの、この理念に基づいた行動だったのかと考えます。
だって、やっぱり結局は人任せにしていた行動だったのかもしれないのかな・・・本当に困って必要なら、何故健康のこと、保健活動や、医療側との積極的な情報、意見交換などしてこなかったのだろうと。議会で保健活動の重要さや医療を施す側のことを考えていかなければと言っても、それはやっぱり裏付けられた行動があってのことではなく、頭で知ったかのような発言。何とも悔やまれる・・・。

今、厚生病院が無床の診療所になったことで、むしろ、より私の役割がはっきりするのだと思いました。
それは、いかに住民のみなさんが自分の健康のことを考え、自分の体を守るか。診療所はそうした住民の健康を「守る」ではなく、健康になるためにお手伝いいただくというところなのかな。やたらと一方の決め付けた医療のあり方ではなく、相互が理解しあえる地域を作っていかなくてはいけないと思いました。とかく、財政(お金)のことばかり先行しがちだけど、それはやっぱり当初と変わらず間違っているんじゃないのかと思います。
住民のみなさんが健康でこの町で過ごせるために町や町民はこういう行動を心がけ、こんな町にしましょうと進むことを考えるのがやっぱり先だと思います。その上で、必要な検診活動や、保健活動は何か、介護施策は何か、どんな施設が必要なのか、そこを見出したとき初めてかかる費用はこれだけと出るんじゃないのかな・・・。このみなさんの生活のために、一般会計からもこれだけの支出をしています。(施設建設に係る償還やその他補助なども含めて)そこが、住民のみなさんも納得ができて、町が進もうとする方向に皆さんで協力し合いながら受診や行動をするということだと僕は思います。

医療を守る(?!)とするのなら、住民のみなさん(私も含めて)自らが厚生病院と共に地域の医療(健康)を作るという意識を持つことが非常に大事だと思います。(厚生病院は公的病院という位置づけです)
入院ベットはなくなってしまった形となりましたが、別に介護はどうあるべきなのかということも考えなくてはいけません。
何かしら、病院をサポートしながら、自ら考えていけるような集まり(組織)を作りたいとも思っています。そうした橋渡しになることが本当はもっと前からすべき私に課せられた責任ではなかったのかと、わかってたようでわかっていなかった、今更かもしれませんが今からでもやらなくてはこの町に生活することは、後に相当なリスクを覚悟しなくて住めなくなると先の行く末が見えたようで、本当に苦しさを覚えます。

この数週間、色んな方々(医師の先生はじめ、各界の方々)のお話、懇談を通して改めて勉強させていただきました。
(これまでの記事で医者の方と思われる方もコメントくださっていましたが、改めて自分の不甲斐なさを身に染みて感じています。何かせねばという思いでの行動でしたが、申し訳なく思います)

真に取り返しがつかなくなる前に、病院をサポートし、共に健康のことを考えこの地で生活していけるように「お任せ、頼り放題」から脱却し、この町の再興にみんなでがんばっていきませんか!!

まず、取り掛かりの座談会の開催に向けて調整していきたいと思います。
0



2008/5/14  22:33

投稿者:石

ようやくご理解いただけつつあるのかなぁと思いました。医療崩壊は急速に進んでいます。そしてご自分の地域の医療を守るためには、先を読んで行動する必要があるかと思います。今まで後手後手に回っていた分、頑張ってください。
あなたの地域はそれでも、となり町に道立病院があるわけですから、これまで以上にうまく連携していかれると良いのではないでしょうか。そして、となり町の病院を守るために、今何ができるかお考えになるとよろしいかと存じ上げます。

2008/5/9  8:23

投稿者:daishi

>久保さま
コメントありがとうございます。

ははは、全くもって痛いところをいつも見抜いていますね。(苦笑)
っていうか、みんなたぶんそう思いますよね。何だか動いているようだけど、こっちには伝わってこない・・・。アウトプットが完全にダメダメなんですね。

議会(一般質問)などにおいては活用しているのですが、もっともっと根ざした実践にまで展開していけてないし、このブログももう少し上手に活用すべきと思っています。

ご意見ごもっともでありますので、しっかり受け止め、色んな課題をクリアしながら、展開してみたいと思います。

村上先生の話は、地域医療を担っている医師としてのメッセージや訴えには、共感していますし、こうした活動に敬意を表しています。
ただ、私ももっと膝を交えて、懇談したということはないので、言われるように、冷静にお話、ご意見を聞いていこうと思っています。

2008/5/9  8:12

投稿者:久保徹

おお、それは当事者に対して情報といっていたのか・・・気恥ずかしいですね
今までも活動をしていたと過去ログにありましたが、整理して発信しないと分からないのでは?
整理はまだしも小出しに出されると良いのでは
ところで、村上医師を妄信します?

2008/5/8  11:02

投稿者:daishi

>久保さま
情報ありがとございます。

実はこの議連には現職議員26名に私も入っていまして、先日この集会に参加していました。会長になっていただいた金子さんとも情報を取り合いながら、参画しています。

村上先生のお話も聞き、また、ほんの少しお話してきましたが、改めて自分たちの町がどんな状態なのか、これまでのことがどうだったのか、自分自身考えさせられることが多くありました。

これまでの活動を総括してみるという意味でも、参加して収穫はあったものと思います。

なお更、町に戻りどうアウトプットしていくかが一番肝心なところです。

伊関先生のことも以前から興味をもっていてネットサーフィンしたこともありました。(それよりも著書を読めば早いというところでしょうが・・・)

いずれにしても、必要な勉強や情報収集は怠ることなく、この町にとってどうあるべきか、議論できるように、普段からこうしたことにも積極的に努めたいと思っています。

この議連につきましても、今後、久保様(というより苫前厚生クリニック様にも公的な立場として)にも情報を流せればと思っています。必要なければスルーしていただいて良いのですが、そのときはよろしくお願いします。

この議連において何ができるかわかりませんが、地元にて活動展開できるように志を同じく集まった仲間、そして医療側の皆さんとともに考えて行きたいと思っています。

情報、ありがとうございました。

2008/5/7  21:24

投稿者:久保徹

【夕張の村上先生も怒ってますね】5/1asahi
村上医師は市側が「人件費率が高い」と指摘したことに反論。医師や職員の給与も他機関の水準と比べて極めて低いことを強調し、「不採算部門を公で支えていくという公設民営の理念も責任も放棄している」「財政破綻した自治体は人の命のセーフティーネットまで奪われるのか」と嘆いた。
 旧市立病院と現在のセンターの財政運営を分析してきた伊関氏(城西大学経営学部准教授伊関友伸です。地域医療・自治体病院の経営に造詣が深い・・・前病院経営アドバイザー)
は「年間5千万円にものぼる水道光熱費(老朽した170床の施設・・・妥当ですが、一括暖房方式だったことに村上先生が気がつくのが遅かった&市と約束したと主張しています)のさえなければセンターは黒字になっている。約3千万円が通常分以上で、市の支援策は1千万円にさえならない」と批判。「道は市に、市はセンターに地域医療を丸投げ。道職員が市に派遣されているのに何をしているのか。高橋知事にはやるべきことがあるはず」と述べ、道庁にも要請に行く考えを示した。
人件費は30%だと収支が取れるどこかの議員さんも話されてましたね(笑)同感ですが・・・
その一方で、地域医療を守る地方議員連盟が4/26北海道で発足されましたね
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000000804280001

これらの動きに注目しています

※だけど村上医師を妄信してはいけませんよ(冷静に)

2008/5/6  16:51

投稿者:daishi

>久保さま、ご質問ですさま
すみません。書き忘れました。

「雇用の場がなくなったことに(議員の皆様は)どのようにお考えですか? どのように感じられているのですか」

私個人の考えです。

胸を突かれる思いです。結果的にこうして、たくさんの失業者、離町者が生まれたことは町にとっても極めて、厳しい現実であり、そのことを受け止めたとしたら、次はこのような事態が起きないように、しっかりと計画し、理解しあいながら、政策を実行すべきとの反省を持つことが肝心だと思います。
その中で、議員の権能として、私は何ができたのかということに照らしたとき、住民と町政の橋渡し(時には阻止役)として、もっと住民のみなさんが町政に参加できるように努める必要があったのだと思います。と同時にやはり町はもっと、忠実に政策執行すべく手段を確認し合い、計画性を持って望まなくては、地方は二元代表性という中においては、しっかりと認識すべきだと思います。
また、少々話が脱線しましたが、働いていた方はもちろんですが、地域経済にも、多大な影響があったのだと思っています。どちらにしても大変な決断をしたことにおいては迷惑をおかけした方には申し訳なく思います。

すみません、ココではこれ以上のことを書けなくて申し訳なく思いますが、問いかけに対する私の答えです。

2008/5/6  16:33

投稿者:daishi

>久保さま
レスポンスありがとうございます。
こうして、ブログでコメントをやり取りするのは初かもしれませんね(笑)これだけコメント下さっているのに・・・すみません。

気になったことを先に。
例えばのグランドキーパーと病院施設とのたとえ話の挙げ方は、自分でもタイプし投稿後、うーーんこれはちょっと苦しいなと自分でも思っていました。適切ではなかったかもしれません。誤ります。申し訳ございません。(意図として伝わったでしょうか!?)

以前にもお話したこともあったかもしれませんが、まさに久保様が言われるように、優先順位や計画性が非常に重要だと同感しています。

そして、医療のあり方においての根本的なところは久保様がおっしゃることに反論はありませんし、私はこれまでも同様のことを考え、発言してきました。
更には、『誤った詭弁を弄しない町民同士の対話が必要な時機』ということも今回、気が付いた人は、思い知ったのだと私は感じています。

だからこそ、ここの理解がお互いとれていればこそ、どういった形のものの医療や介護を残していかなくてはいけないのかと私は思います。その上で、雇用や施設が確保されるのかと・・・。
今回は、賛否両論、焦点がぼやけたまま、進みを誰もが見失い、最終的な結末がこれ。(結末を知っていた人がいたかもしれません)
私自身も責任を強く感じますし、誰が良いだの悪いだのという話はやっぱりナンセンスなのかな。だとすれば、やはりこうなったことの検証はしっかりすべきではないかと思います。
この作業には限りなく、感情論は入れず、客観的に。

再出発は出来ないでしょうか!?再出発したいんですけど・・・。する条件が整わないでしょうか・・・。誰も検証(共有)していませんもんね(苦笑)

雇用創出の考えは甘いかもしれませんが、これから進む地方の情勢では、ここに委ねるしかないのかなと思っています。しかし、広い視野でスタンスを保って行きたいです。面と向かってお話すればさほど、行き違いは起きないかもしれませんが、お考え理解しているつもりでおります。(いや、まだだなって言われるかな!?)

コメント欄が小さくて、何を書いたかわからなくなりますね(笑)僕はいつもです・・・。また、ご指摘ください^^;

ありがとうございました。

2008/5/6  16:09

投稿者:久保徹

GW前に書き込みして、放置していました(笑)
なぜ、コメントをしたかですが 
※ご質問です。様が質問を 「急に雇用の場がなくなって、議員の方はどう感じておられるのですか」 に対して (失礼ですが)論点をずらし 「雇用目的の箱物維持はナンセンス」 と答えましたよね。だからまっすぐ答えるように再度問うたつもりでした
「雇用の場がなくなったことに(議員の皆様は)どのようにお考えですか? どのように感じられているのですか」

この誰もが見られる公共(笑)のサイトで「ピンポイントの不平・不満」を書くつもりは毛頭ございませんし、その様に受け止められる文を書いたことはお詫びいたします

あくまで、新米町民として、ええ年を取った大人(性格は別にして)としての意見ですが
町としての機能を維持するうえでの必要な事業に優先順位をつけませんか

国民の健康と安全を守り、個々の家庭・個人が健やかな生活を行うために、法を定め、守らせることが国の役割であり、自治体も同様と考えています(前提が違えばそれまでですね)
特定の団体を守るための法の整備に余念がない今の日本とはいえ、亡命するわけにもいかず、特に地方の自治に関わるものの責任は重いですね
例えば、弱者を保護する上での問題と特定団体保護が同列に見なされ、みんな同じだから我慢しなさい・・・方式で、誤った詭弁を弄しない町民同士の対話が必要な時機かと思います

「公共施設の目的云々」は本来の議論の積み重ねを行い、その上で運営のありよう・難点などの議員活動をされるべき『基本』と思い、つい、一番に書き出してしまいましたため分かりづらくなりましたね
その後、これからの日本において雇用の場と言う公共事業など考えては・・・そこに医療・福祉のありようを考えてはと続ければよかったですね

西さんの雇用への考えは 【現在ある産業を町民が理解し、創意工夫をする事により創生できる】なのでしょうか
ただ、病院雇用の問題とグラウンドキーパーの例が同列に挙げられるのはやるせないです
(揚げ足とりなのでスルーしてください)


このコメント欄も小さくて先に何を書いたかわからんくなる・・・言い訳です(笑)

2008/5/2  18:59

投稿者:daishi

・・・続きです。
納得できずとも、理解が出来る進み方の中、地域医療や介護のあり方、教育、防災や産業振興、生活の補助も含めたあり方が出なくてはいけないはずです。
財政難だからといって規模を縮小してはならないのではないという意見、私も当初からそう発言してきました。老健施設への移行の方向性で既に規模縮小となることから、その時もできるだけ当時の状態で維持できないものかと思っていました。ただ、かないませんでした。しかも、結果的にその老健施設すらかなわない進み方となってしまいました。
出た結果、検証することは大事ですが、後戻りして、責任のなすり合いをするよりは、今のこった状態で、一時も早く、住民が理解できる医療のあり方、介護のあり方含め、町全体風呂なし世帯のあり方や公営の住宅のあり方、なんでも同じことが言えると思います。
だからなお更、お互いがお互いの不信をぶつけ合い、いがみあいったりするのは、もうやめていかないと、やばいと思っています。
私の商売もいつどうなるかわかりません。俺はアホだな・・・っていつも沈んでしまうわけですが、今自分に与えられたたくさんのことの内の1つでも2つでも誰かのためになればと思っているんですが、本当、情けなく住民のみなさんに申し訳ありません。

そして、住民のみなさんは熱く、感情的になってしかりだと思います。私も同じ立場なら、同じこと言っているかもしれません。
私はその時、冷静に、日々勉強、情報収集、研修、分析したことを加味し、住民のみんさんの代表として、議会において発言していかなくてはいけないと思っています。

本当にご遠慮なく、厳しいこともおっしゃってください(最近多くて少し滅入っていますが^^;)。
それで、西はダメなら、ダメなんです。
その時の考えなど、合致する方と、共に考えたり、共に動いたりすることのほうがずっと賢明でありますし、町を築くことだと思います。

どうしても長文になってしまいます。まくしたてようとしているつもりはありませんので誤解無く・・・。スミマセン。
本当にありがとうございました。
しっかりと肝に銘じていきたいと思います。(結果に繋がらなくちゃダメなんですよね・・・)

2008/5/2  18:57

投稿者:daishi

>西応援隊さま
再度、コメントいただきましてありがとうございます。

すみません、おっしゃるとおりですよね。雇用を確保するためだけに施設(病院)を残してほしいといったわけではありませんよね。私も極論めいた表現をし、申し訳ございません。おっしゃるように、高齢者の方々(一般の方もそうですが)が入院できること、親切に高度な医療が必要とされる疾病を早期に発見してくれたこと、助かったことが多くありましたね。そういった意味で、入院を取りやめるという決断はどうなのかということは、もしかしたらすべきではない決断だったかもしれませんね。
ただ、賛成の方も反対の方もいて一つの町という揺るぎない現実がある以上、自分たちで決めたルールに則って、こうした問題を解決していかなくてはいけなかったハズです。

私のこの度の判断は、そうしたことが要因です。決してお金がかかるからという判断ではないのであえて付け加えさせていただけると助かります。

そして、おっしゃるように改善しなくてはいけないところはまだまだあります。
やらなくてはいけないと思います。
ちょっと難しい話ですが、これからどんな町にしていこうか、いていきたいという計画(総合振興計画といいます)があって、それによって行政運営が組み立てられていきます。それに合わせて、財政計画が私は必要だと数年来訴え続けています。この財政計画はどちらかというと健全化を図るとか、再建するいう意味合いの強いものでということになります。何故かというと、それだけ現在苫前町の財政は逼迫しているからです。

その中で、おっしゃるように病院だけではなく、ふわっとしかり、ななかまどの館しかり、様々なことにおいて先見のある見解と、なにより住民のみなさんの考え、思いも相互で理解されたものでなくていけないと思っています。・・・続きます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ