2008/8/2

心地よい忙しさ。  町の話題

いいじゃないですか。

って、毎年のことだけど、今年はいつもと違った事業展開をしています。
お盆のふるさと祭りはいつも通りですけどね。

風車まつり(よさこい北北海道支部大会)も勝手が違いましたし、そんなに大変じゃなかったんですが。

シーニックに関連して、2つの新規事業を展開しています。
幹線道路からわき道に入り、寄り道してもらおうと言う企画。苫前町は知っていても内陸に入って、古丹別という市街地があることを知らない人が多い。それに伴って、開拓の礎を知ることができる周辺集落。そしてなにより、忘れてはいけない惨劇であった『三毛別ヒグマ事件』と今だからこそ伝えなくてはいけないメッセージがあります。

最近、思うんですけどね。
原油高、原油高とマイナスって考えることが多く、確かにそうなんです。内閣改造より原油高・・・。そうなのかな??
タマゴの価格が上がって・・・マヨネーズも・・・困る。
そうなのか??
生産している人たちの姿を間近で見ていると、『いやいや、まだ安いって!』
そもそも、こんな贅沢な暮らしは本当にひと時の夢物語なんだと思うと、人が人として生活する。動物や自然と共存しながら暮らしていくことを考えたら、何だか変なキモチになっちゃいます。

毎日、そんな品数の飯食べていただろうかな!?
ほんの最近のことだよね。
ごはんに味噌汁、もやしのアレンジしたおかず。子どものころだってそれだけじゃなかったかな。

そんなことを思いながら、開墾を粘り強く行ってきた先人の方を偲ぶと、今を生きていくメッセージがひしひしと伝わります。

そんなことは思わない方もいると思いますが、実際にこれから迎える日本の暮らしは、近いものがあるかもしれませんよ。

そんなことを考えながら、地域の中で生きている私。
本質はみんなと共に生きる。このまちの暮らしの共有です。
テンデンバラバラでは、何も前に進まないし、逆に暮らしを共有することで、解決すべき課題もはっきり見え、何より、田舎の強みが今だからこそ発揮されるのだと思います。

何も無いことは大きな武器。そこから知ることも、あったことも、つくることも、計り知れない可能性が眠っています。
その行動を起こすことでこれまでの私の愚行を帳消し前に進みたいと思っています。


そんなんで、こんなことをやってみます。
みなさん、まずはこの町の交流人口増やしましょう!!
そこから、真摯に知恵と繋がりいただきましょう!
住む人が少なくても、田舎らしい暮らしの中で、ちょっとやそっとの変化にへこたれない地域を作って、色んな人にも支えていただき支えていきましょう。
その原点から再スタートです。
『周回遅れのトップランナー』ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2008/8/20  12:35

投稿者:daishi

>お風呂場の会話さま
すみません。
何かありましたら、左のメッセージBOXをお使い下さい。

私にのみ、メッセージが届きます。
よろしくお願いします。

2008/8/20  8:41

投稿者:daishi

>お風呂場の会話さま
情報ありがとうございます。
色々な問題がありそうです。正直なところ、私は町内の施設の委託に関して、深く実情の調査などを行っているかと言われるとそうではないので、まず、事実確認をすべきところがあると思っています。

これから、決算などが行われます。町の予算が適正に執行されているかということで、審査することになります。

受け止めさせていただきたいと思います。

それと、恐縮なのですが、私のこのブログは当然のことですが、コメントやトラックバックなども私の責任の中で運営しなくてはいけません。その中で作成した記事に関連したコメントの投稿という考えでこれまでも管理してきました。
不特定多数の方が目にするわけで、仮に事実とはニュアンスが異なってくると、予測の範疇を超えたことにもなりかねませんので、こちらで保存をし、一時削除させていただくことご理解いただけますでしょうか。

貴重な情報ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

2008/8/12  11:11

投稿者:daishi

>おかにゃんさま
コメントありがとうございます。返事が遅くなりました^^;すみません。

おっしゃるとおりです。
これからはいかに小さな範囲で流通を考えていくのかと言うところでも糸口が見出せてくるのではないかと思います。

いわゆる地産地消の中でも、生産地だけという観点ではなく、周辺地域を含めた小規模な地域連帯の中での流通というのが、生産地の付加をつけていけるのではないかと思います。

こちらの土地勘が沸かないとは思いますが、群馬県南部とか、そういった範囲を1と考え、田舎らしい、小さい地域、小さい町だからこそできる利点を生かすべきだと思います。当然、そうすることの方が、地球環境にもやさしく、新たな流通システムも生まれてくるのではないかと思います。大きな企業ではなし得ない小さい企業だから小回りが利くなどし、本来の商品価値に見合う対価で消費者の方に理解と信頼を得ながらやっていかなければ、商品価値と価格のアンバランスからやってはいけないことも苦肉にも行われていく社会を再構築していかなくてはいけないと思います。

漁民や農民は原材料や原油の高騰も目先としてはあるのでしょうが、本当のところは、こうした将来展望、社会の歪、現状認識が出来ないくらいに見えぬ誘導により、なす術を失いかけていることに苦しんでいるように見えて仕方が無いのですが・・・。

『気付き』が今後の地方(田舎)にとって大事なキーワードになってくるのではないかと思います。その次は田舎の果たす役割を認識し、行動することです。一人では難しいことも、田舎だからこそできる地域の連帯の強みを生かすべきで、開拓当初の精神を呼び戻す(ちょっと大袈裟^^;)ことを今から始めれば、決して遅くなく、生き生きと過ごせることになっていくと思っています。

コメントありがとうございました!

2008/8/9  3:43

投稿者:おかにゃん

こんばんは。
物価高問題って,よくよく考えてみると,「生産者目線」がほとんど入っていないで,「企業目線」から論じられていますよね。企業が「原材料費高いから,値上げする」っていう感じで。
でも,その原材料費がなぜ高くなったのか(原材料ってもちろん農作物なども含みます),もっというと,企業がコストを抑えるためにどれだけ叩いているのか,っていう点はほとんど報じられていませんよね(せいぜい漁師のストくらいでは?)。
生活者目線というのは,まさにこういう生産者目線も忘れてはならないと思いました。
また,こんな経済状態だからこそ,町内交流の拡大とか地産地消のルート作りも可能かもしれませんね。会社も自治体も大きければいい,っていう訳ではないという点を証明できるいい機会かもしれません。

いつもながら,鋭い点に目を付けているなあ,と感心させられます。

http://blog.goo.ne.jp/okanyan/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ