2005/4/25

下水道通水式  町の話題

本日、苫前町の下水道終末処理場の通水式が行われました。
苫前町の苫前地区の整備が終了し、いよいよ、下水道が開始されます。
先の3月定例会においても条例が制定されたところです。
町民のみなさんは下水道と聞いて、し尿のことだと思っている方が大多数でしょうが、生活排水も当然、下水道を使います。河川や海の水質環境の悪化防止に務めることができます。春になり、殺虫剤を店頭に並べましたが、やはり、古丹別地区では蚊の発生があります。また、暖かくなると蝿や害虫の発生など、下水道が整備されることにより生活環境(水準)は高くなることでしょう。しかし、苫前町においては、住民のみなさんの多くが懸念するところで、受益者の負担があります。下水道が果たす役割などをしっかりと伝え、ただ、町が整備したものの住民はなかなか、理解できずに、加入率が伸びなかったりというのでは厳しいかと・・・。たしかに、ご年配の方や若い世帯の方など工事費等の出費のことを考えると二の足をふむところでしょうか?担当課も加入促進のため色々考えいるところだと思います。(整備資金貸付制度など)
風車をはじめ、自然を生かしていかなくてはと思うところ、下水道の果たす意味を今一度、町民のみなさんと勉強する機会が必要ではないか思います。
ましてや、この財政難の折、人口密集地の古丹別地区はこれからということで難題がまだまだ残されていることで、この通水式を期に考えなくてはなりません。
これまで、約36億円を投じ整備してきたものをしっかりとその役目を果たせるように町が共通認識を持てるように、していきたいと思います。それがもてないと、次の古丹別地区の整備工事には着手できないのかと私は思います。なんだろう?財政難も相まって、地区住民がどれほど理解し、望んでいるのか、現段階では、いらないと言う言葉や我慢するべとか聞きます。いろんな意味で町・議会・住民はどう理解し、結論をだすのでしょう?まだまだ話し合いが必要です。
ちなみに、札幌市の下水道東京都下水道局では、こんな風に情報の提供を行ってます。

キモチがつたわりましたら
人気ブログランキングへ!ポチッ
0



2005/4/28  15:01

投稿者:hakkou−ukon

まちづくり条例の位置づけ・・・町の「憲法」とするんですよね。
確かそういう発言もあったかと思いますが、くれぐれも『絵に描いた餅』にならないようにしっかりとした位置付けを持った「憲法」を作れるよう議論して下さい。

2005/4/28  14:17

投稿者:daishi

続き
議員になったときは、Armstrongさんの言うように、整備しないってことでは、不公平になるし、若い世代や子供たちにとって下水道がないということに抵抗はかんじないだろうか?と思って、たしか、担当課職員とも話をしたことがあったかと思います。それもこれも、結局のところ、前段のはなしになりますが、住民と議員がお互いの意見をかわし、そこには議員が考えることや知り得た情報を伝え、議会はそこに議員同士・町との討議を活発にしたいところです。そういった中で今回のまちづくり条例など、本腰をいれて、というか町長から発言がある以上、敏感に議会は検討、話し合いを重ね、条例制定に向かなくてはいけないのはいうまでもありません。しかし、そんな自分は頭で考えていることがそう簡単には進まないのは現状で、少しでも多くの方に協力が仰げるようにとにかく、やるのみです。合併なども、結局、そこにいきつくのかなと思います。
3分割しました。長くてごめんない。びしばし、ご意見、ご批判、お願いします。

http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2005/4/28  14:15

投稿者:daishi

下水道においては、端的にわたしは、近い将来、このままでいくと本当に田舎が自然が好きで、少々のリスクはがまんします。贅沢、言いません。服なんか着れればいいんです。くらいの強い思いをもたなければ、小さな苫前町のようなまちでは暮らしていけない状況がきてもおかしくないと思います。そこで、じゃ、自然を守るために下水道が必要。・・・、なんでしょうか?実は、自然を守るのに必要なものは、人間が自然のなかで生きるキモチです。そして、そこができていないと、本当に必要なものが見えないのが真実だと思います。効果では下水道が果たす役割は確かにあります。否定はまったくするつもりないです。むしろ、効果の部分では肯定的です。しかし、その土台ができあがっていない以上はこれより先はすべきではないのかなというとこがわたしの気持ちです。  続く

http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2005/4/28  14:02

投稿者:daishi

午前中、小西先生が初山別で講演され、聞きに行きました。その中で、たまたま、下水道のことがでました。将来の夢を下水道に費やしたと云々。まさにタイムリーなことに苦笑い。でも、苫前町は古丹別地区は着手していないことが不幸中の幸いと言って良いのか?フィールグットさんがおっしゃられるように、議員からの政策提言なりまちのあり方をもっと示すことは必至です。当然、住民から選ばれた町長も同様なことが言えると思います。そして、現在まで、住民の声を聞くというところでは、ほとんどが整備等に対する要望が大半ではなかったのかな?と感じます。もともとから、住民が願う町のあり方を聞いていたのかな?だから、なおさら、わたしはそこにこだわりたいし、同時に自分の考えを住民&町に提言しなくてはいけない。住民自治も団体自治も根本からの改革が求められていると思います。

http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2005/4/28  12:55

投稿者:フィールグッド

苫前町は、というか、留萌管内は下水道事業への取組が遅かったと思います。
また、管内全体として、温泉施設や公民館などの大型ハコモノ事業も、他の管内では、「もうそんな時代じゃない」と言ってる頃に、盛んにやっていたような…。
今度の合併への取組は、乗り遅れたら、もう2度と乗れないと思います。
住民の声を聴くことは、もちろん大事。
でも、議員さんからの政策提言、まちのあり方の提言、そんな、引っ張っていくようなところが、もっとあっていいと思います。
「住民が言うから、住民の意志だから」だけじゃ、
うまくいかないと思います、地方自治って。

2005/4/26  17:45

投稿者:daishi

たくさんコメントありがとうございます!今日は管内青年部役員会議のためPCに向かえなく携帯で確認してます。帰ってから私もリアクションします。ごめんなさい!

2005/4/26  17:34

投稿者:hakkou−ukon

追伸・・・。

景気の良いとき、財政のことを考えなくても事業ができた時代はそれでも良かったんでしょうけど・・・。

2005/4/26  17:32

投稿者:hakkou−ukon

Armstrongさんの書かれているように、下水道事業を運営していくにはかなりの財政負担が生じます。事業単独では(例外なく)巨額の赤字が発生することになります。これはdaishiさんも十分承知していると思います。
確かに下水道を整備することによるメリットは、住民の生活環境の改善や自然環境への好影響などたくさんあると思われますが、このことによって生じる財政負担、要するに下水道会計赤字分に対する一般会計からの補填分が、一体どの程度発生するのか・・・そしてその財政負担にいつまで町の財政が耐えられるのか、この点についてシビアに議論されているのかどうかが問題だと思いますが・・・?

2005/4/26  9:45

投稿者:Armstrong

古丹別地区を整備しないということにはならないと思います。「下水道にかかった経費=下水道料金」だったら何も言わないのですが、それだと料金が高額になってしまうので経費よりも安価にして差額は町が補っていますよね。苫前地区が下水道を使えば使うほど町のお金を受益しているといえないでしょうか。不公平なので、古丹別地区は計画どおりやらないといけないと思っています。料金設定もやることを前提としてのものでしょうから。本来ならば延期することも不公平じゃないかと思います。
そもそも「下水道事業をやる」って言う決断は、生活者起点であったのか・・・ukonさんがいうように押しつけ公共工事であったなら悲しいですね。国の補助金も有利な地方債も起こせるし、まぁいいかぁ。ってなるよなぁ。自分の財布じゃないし・・・
他にやめるべきものはたくさんあると思う。

2005/4/26  9:03

投稿者:ukon

苫前地区では既に整備済ですが・・・、その地域の住民の方々は本当に必要だと判断して結論を出したんでしょうか?まぁ当初は、財政状況がここまでひどくなっていなかったら苫前地区が終わったらすぐに古丹別地区の整備も始まっている予定だったはずですよね?今はたまたま町の財政が厳しいから間が空いているだけで、町も議会も既に整備することを議会で結論を出しているんですから、やっぱりやめましょうとなるんでしょうか?甚だ疑問です。所詮、当時の国からの押しつけと公共工事事業量の確保が最大の目的なんでしょうから・・・。
今では国は「合併処理浄化槽」を推奨しているらしいですね?
ちょっとこの話になると冷静さを欠いてしまいますのでこのへんにしときます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ