2009/2/4

グルメ街道!!  大志のキモチ

古丹別グルメ街道といって良いくらい、この古丹別の街に飲食店が多いことは地元の方は周知のことと思います。

周辺地域を含めても2000人を切るマーケットの中では密度が濃いと思います。
この度も、新規店舗が開店したり、このグルメ街道をもっと外にも発信することができないか、いや、もったいないと思っています。

しかも、テレビ、雑誌、情報誌などにも掲載、取材されている店がほとんどでクオリティも高い証拠だと思います。

うちの町の基幹産業は当然、一次産業であることは間違いなく、その一次産業がしっかりと頑張っているかこそ、こうした飲食店、商店が経営していけるのだと考えます。地域の循環がもっと成り立つ仕組みを作りたいですね。

もっと、町あげてその政策を考えても良いのかもしれないと思うところです。その目線も町長はじめ理事者の皆さんも忘れないで欲しいと思っています。

国道232号線の沿道地元食堂&国道239号線のわき道地元食堂の特集を組んでみようかな・・・。
21年度の新しいアクションとして動き出ししてみたいですね。
それが、地元食材を用いて何か出来ることないかな・・・。
0



2009/2/9  10:20

投稿者:daishi

>来たのかりうど?さま
こんにちは。いつも何かとお世話になっています。コメントありがとうございました。

昨年、実施したプロジェクトで『羆道フラッグ』がありましたが、そのアンケートの中でも、ネットなどでもっと積極的なPRがほしいという声が多くありました。

また、地元の飲食店情報や、地元産のおいしい食べ物などの情報が欲しいというのが圧倒的で、やれることから色々とチャレンジして情報発信も含めてできればいいなと思ったりしています。

わが町も大きな課題や問題にぶち当たって、右往左往している様は否めないわけですが、課題解決の裏には、こうして町をフィールドに楽しみながら仲間を見つけ、盛り上げることをしなければ、結局、なかなか前に進まない悪い流れを作り出してしまうようで、危機感を感じます。

話が少しずれましたが、色々試してみます。
その節は、色々とご助言お願いします^^

コメントありがとうございました。

2009/2/9  10:07

投稿者:daishi

>おかにゃんさま
こんばんは。『食は文化』は全くその通りですね。
普段、あまりに身近な食生活は、実は都市部から見ると苫前町のような、海もあり山もあり、川もありということ、ましてや北海道となるとこの食材やそれを用いた地元の食堂は、高級レストランなどでは味わえない、まさにB級グルメ目白押しなんですね。

3月議会終了後、じっくりと情報発信してみたいと思っています。

この辺では、春夏秋冬において魚介類、農作物、山菜などご近所付き合いで物々交換(直接的ではありませんが)がなされています。全ての交換がお金ではなく、物と物・キモチとキモチの交換がお金での経済効果以上の人が生きていくための効果があり、そのことで『暮らしぶり』が映されていることのすばらしさをもっと自分たち、我が町を今一度、見つめるべきだと思っています。

都市であえぐ若者たちも、田舎の暮らしにヒントを得ることも多いでしょうし、大きいものだと思います。ずっと言ってきていますが、都市と田舎の共存やその交流の方法として、今、その土台を作るチャンスなのだろうと思うところです。

長々すみませんでした。

2009/2/6  21:40

投稿者:来たのかりうど?

面白いですね。

我が街(町)の飲食店街、何度かテレビなどで取り上げられて話題になっては居たけれど、ネットで紹介して盛り上げて行く事が出来ればいいですね。

仲間を集い、発信するキー局になってくれれば良いねー やって見て下さい。

2009/2/5  0:17

投稿者:おかにゃん

こんばんは。
「食は文化です」っていうのは私の勝手な格言ですが(^_^;),このような飲食店街があるというのはかなり魅力的だなあ,って思います。
正直,どういう感じなのかは全く分かりませんのでお門違いのことを言うかもしれませんが,今ちまたでは「B級グルメブーム」が起こり始めており,中にはこれで町おこしを考えている自治体も多いそうです。
B級グルメこそ,実はその地域の伝統的文化の固まりなので,地元の人があまり気にしないような食べ物が,実は「全国的に受ける」という可能性もあります。

いずれにせよ,飲食店情報をまとめて地元から盛り上げていく,っていうことは本当に大切なことだと思います。
ぜひとも「おもろー」な情報にまとめ上げてみてください。

http://blog.goo.ne.jp/okanyan/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ