2009/4/20

グリーンシードに参加して  

グリーンシード21の総会&フォーラムに参加して、いつもですが、今回も収穫が多かった開催でした。

役員改選では、この度も副代表を引き続き留任し、副代表と言っても名ばかりで代表や事務方にお任せしっぱなしですが、今回、副代表が事務局長を兼任するということで、私が指名され任期は1年間ですが、頑張ってみなさんに喜ばれる内容を考えていこうと決意を新たにしました。

いや、しかし皆さん各地区で積極的で熱心な活動に本当に恥ずかしながら勉強させられます。
この度の議会で修正動議を提出したり、様々な議員の権能を活かしながら、二元代表制のもとに、いかに議会が町のチェック機能として働けるかとやってきていますが、今回のみなさんのスピーチでは、議員提出の条例提案や、予算の修正動議も出されていたり、自分も改めて、更に研鑽を積みながら、町の一翼を担っている覚悟を持ち、実践に移して行きたいと思います。


何度か一般質問で行っていますが『総合振興計画』のあり方についても、フォーラム内で北海道大学公共政策大学院の山崎先生の講演でも先生がおっしゃれていました。住民がいかに参加しているかということが、この先の自治体運営にとって大きなところだと思います。先進的なマチは、こうしたことからしっかりと住民や議会との意見交換、議論が加わっている。事例なども紹介されて、自分が言って来たこと、描いていることに間違いはないんだと自信を持ちました。
それと、今年は、来年度指定管理者を改めて選考する年でありますことから、指定管理における契約条項、内容などの精査、検証などをしっかりとする必要があることも、同様にお話してくださっていたことは、何よりタイムリーで勉強になりました。
27日には、ふわっとの管理にあたって議論されることになりますが、この辺もしっかりと議員としての発言をしたいと思います。

更に、著名な方で、釧路公立大学の学長、小磯先生のお話も、まさに『目からうろこ』で地域内循環の経済活動の話は、やはり地方がこの国の根拠たるあり方を考えさせられることでした。しかも、苫前町とも縁があり、今後いろいろな面でアドバイス、助言を頂きたいという不躾なお願いをしたり、とても充実したフォーラムでありました。
時間がなく、もっともっとお話したかった方々がいっぱいでしたが、次回また良い機会をつくりながら、町のために何ができるか、町民の皆さんの信託を受けてどう議会で対峙していくか、これからも考えて行きたいと思います。


そう、それでこの度の指定管理者の選考にあたって・・・
指定管理者選考委員をマチでは募集しています。
募集の案内
我こそと思う方、応募してみてください。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ