2009/8/31

この結果で。  

衆院選挙終わりましたね。

民主党が圧勝し、政権交代が実現のものとなりました。
テレビ報道などでは、必ずしも民主党を支持したのではなく、自民公明政権への見放しという見解などが多く見られますが、この結果は、、国民が現状、将来への不満や不安を選挙という政治参加で形に表したもののように思います。イコールで日本を牽引すべきが民主党を中心とした政治を支持したわけですから、改めて民主党を中心にしっかりと仕事をしていただけるよう私たち国民も自らがやるべきをやって今回以上に国を動かすだけの国民の力を発揮すべきと思います。


私たち、地方議会に身を置き、町政の一翼を担っているものとして、今後、地方と国において、本当の意味の分権社会を築くために、今までとは違う、地方(国民)の声を受け止める政府が誕生するのではないでしょうか。
この選挙結果によって、国が国民の声を真摯に受け止めることはまさに至上命令的なものであることは、新政府はもちろんみなさんが見ていることとなります。
そういう意味では、国民はこれまでと違った形で政治に関心を持ち、そして参加していく新時代となって行くことを望んでいます。
その先には世界平和のために日本がどういう形で世界に認められていくかということでも、歴史に残る新時代を築く一歩であって欲しいと思います。


そこで、地方(都市部も)は、今一度これからの社会のあり方をしっかりと見据え、研究、研修、検証をしっかりと行い、その町その町の進み方を考えなくてはいけません。現在の民主党や他野党のマニフェストを再点検し、来るべき分権型社会の実現のため、わが町のスタンス、考え、行動をしっかりと示すべきときに突入します。


社会や現状の潮流を敏感に察知しながら、地方政治はもちろん、町民(国民)がしっかりと政治参加することことこそが真に求められる時代に変化していくことを念頭に、しっかりと自分のやるべきことを認識し、やっていかなくてはと肝に銘ずることになった今回の大事な大事な国政選挙となりました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ