2015/7/28

歩みはゆっくりだけど、着実に。  

苫前町のほとんどは山林です。

風の町苫前は最近よく知れたところ・・・。
しかし、私の住む古丹別地域は、山の名残が今でも残ります。


人口やマーケットの割に、食べ物屋さんが多く、かつてはスナックやバーもたくさんあり、当然料亭もありました。


過去をひも解くと、私たちの町の可能性が本当に失われてしまったのかとい思うことしきり・・・。
不変なものは、この地に残る風土ではないかと思うわけです。


今、私が見ているこの先未来へ繋ぐ大きな柱は漁業、農業を中心とした一次産業。
そうです、林業も立派な一次産業。



山にはやるべき仕事がたくさんあるようです。
もっともっと勉強しなくてはいけませんが・・・。


山から排出される資源で域内循環(予算や物)を図ることが出来ないか、考えてきたことを実現してみたいです。これは、私が住民になった方が動きやすいということもあるかと思います。
リスクもあるので、軽々しく言えることはできませんが、チャレンジしたいです。

そして、産業支援に繋げ、そのことで現役世代の年代の数を増やし、20年後の安定期を目指したいです。
今の子供の数と、20年先の子供の数をある程度一定に保つことです。

そのための雇用は、一次産業に拘るのです。

仕事はあります。

現段階では、年間業種を繋げることです。
徐々に産業従事者を安定させ、経営体の育成や相談指導に力を入れます。

出会いも大事です。
余暇の過ごし方も、田舎ならではに拘ります。

思う存分、好きなことをやります。
生活することに大きなコストは必要のない町で教育(学習、社会、総合、地域etc)にしっかりと目を向け、予算も向けられるように働き盛り、頑張ります。



全て、楽しんで田舎を謳歌します!


だから、住んでいる地区の風土をお互い尊重します。
そうでないと苫前町ではなくなります。


役割を終えたモノや事柄をしっかり話し合い、整理するんです。
生産性のあるものと、暮らしに欠かせないもの、これらは自らマイナスに持ち込まないでどうしたら維持できるか、伸ばすことをできるかをまず、考えなくてはそこで終了です。


でもでも、3000人余りの小さな町、マンパワーが足りません。
誰かばかりに役割集中します。

取捨選択も限界です。


そうか、町外の方とも共にまちづくりをしよう。
管内の同志と手を組んで広い地域で、広い視野の中取り組んでみよう。


げんき玉大作戦。
でも、最後にげんき玉放つのは、自分たちです。


6




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ