2005/8/24

色々あって。  大志のキモチ

予定が詰まっていて、ネタがたくさんあるのですが、小出しで。

今日は、午後から指定管理者制度の講習会があり、晩は苫前地区でまちづくり基本条例と消防古丹別分団の訓練となっています。

晩に説明会に出て、会場の町民のみなさんの様子や意見を聞いてみたいと思っています。古丹別地区は参加が2人だったそうです。・・・。
苫前地区はどうなんでしょうかね。

土曜日のニセコの山本さんの講演会は結構、講聴者はいましたが、たしかに何らかの委員等にも属していない住民は数名だったかもしれません。
内容としても、ニセコ町における、まちづくりの姿をとても理解できるように伝えていただけたと感謝しております。
山本様に感謝申し上げたいと思います。

パワーポイントを使いながら、条例の制定までの過程や具体的な内容(施策実践等)の説明などをしていただきました。

【都合で参加できなかったがいらっしゃいましたら、私でよければ、お話ししますので、是非、連絡ください。】

講演の中で、私が感じた大事な部分
制定にあたり、きっかけがはっきりしている。
→ふるさと創生基金からだそうです。
自治=自ら考え行動する、必要なものは情報共有と住民参加と確固たる信念が存在する
→住民は情報を得て、考え議論し、また、情報として発信し流れをつくる。
基本条例は住民自治を行う上で住民の権利として裏打ちするもの。
→ここで、誰もが納得できるまちづくりということで、知らないうちになんか建物がたっていたなんてことがないように等とのことで、自分はその考えとは合致しないが、説明・議論を十分にし、納得できるようになくてはいけないとのことでした。
・ニセコ町の広報・広聴活動はしっかりと理念がある。
→住民参加、情報共有を町民の目線で考え行動しています。

他にも数多くありましたが、なにより、条例制定以前に職員が住民参加・情報共有について意識をもち行動していることが、とても重要だったと私は感じました。残されたわずかな時間ですが、どこまでこの辺の部分を職員・議会(苫前町は議会・議員の責務を条文化しています)が認識し、考えることができるのか、私の最終的な判断としての焦点になると確信しました。実際、町民に条例自体の理解をしてもらい、考えていただくことは時間がかかることです。今回は、そういう意味でも、行政が主導する形をとったのですから、少なくても今後の展開(実際の行動)のビジョンなり具体的な策はトップの町長や議会は持ち合わせていなくては、最初に懸念したとおり、掲げたものに成りかねないというこです。私も若干、考え方を変えてその後の行動を重視していきたいと思っています。しかし、くどいですが、その制定に最低限必要な、職員・議会がどれだけ認識をもち、取り組む姿勢を私だけではなく多くの方に伝えることができるかでしょう。そして、その後の施行前から、実際の行動すべきだし、制定にかかわらず苫前町の掲げた、4つの理念(町民が主役・協働のまちづくり・情報の共有・町民参加)のもとに行動しなくてはなりません。
条例制定でたくさんの政策議論ができ、議員としての権能を再度見つめなおし、活動していきたいと考えています。

昨日の西山支庁長の講演後、職員のオフサイトミーティングに飛び入りで参加させていただきました。みなさん、しっかりプロとしての意識を持ち職務についていることを実感しました。こういったことが、多くあることで、この条例の意義や行動を考えることに繋がると感じました。この辺はまたの機会としまして、なんとか頑張っていきたいです。

誤字脱字などあったらごめんなさい。駄文で読みにくくなってるかもしれません。(^^:)

キモチが伝わりましたら
ココをポチっトお願いします。
0



2005/8/26  18:21

投稿者:daishi

>おかにゃんさん
いつもコメントありがとうございます!
そして、まっっっったく、おっしゃる通りです!
返す言葉がありません。
今まで以上に知っていただきたい情報をアピールしたいと思います。
町民のみなさんにキモチやその情報を理解していただけたか、それとも、多数の方が納得できないのかで局面は大きくかわり、今まで、良しとしてきたことが、これからはそうではいけなくなるということを、転換させることができるかそこを詰めたいです。
条例がもし,可決され施行されたら、解釈の仕方もあるでしょうが、少なくとも、町民が主体であって職員や議会・議員が主体ではないということ。主体である町民が意見しにくい、情報を得にくい、参加しにくいでは明らかに条例違反となりますから、しっかりと行動しなくてはいけませんし、今は、浸透しにくいという言葉で言われていますが、今後は(可決後)いえません。言えたとすれば、浸透しにくいが、こういった方法で町民のみなさんに情報の共有をはかるのはどうか?などいうことです。当たり前のように、しやすい・わかりやい・参加しやい、まちは私たちが主役だと思っていただけるように色んな行動をするということですよね。
そうでなければ、町民のためのが、モヤモヤからスカスカへ、あれ?見えなくなっちゃたよ??に成りかねません。今、私はそこが伝わってこなくて、時間がなくて、本当にそれでいいのかと毎日、寝れずにいます。

今日の座談会で、参加された方と楽しく、わかりやすくいくように談笑しながら、ヒントが得られればと思っています。今回は、かなり前から、古丹別という町内の地区(苫前町では一番人口がある集落です)で公園が欲しいということがあり、公園は行政がやらなとできないのか!?という具体的なまちづくりのあり方で語り合ってみたいと思います。その中で財政問題や条例、そもそもの自治(地方自治)を織り交ぜたいと思っています。

これからも、助言よろしくお願いします!!


http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2005/8/26  17:40

投稿者:daishi

>aribaikunnさん
いつも、コメントありがとうございます。
うすうすは気付いていましたが、町内の方ですね。チラシはまたもや、古丹別地区周辺です。もし、苫前地区の方でしたら、ごめんなさい、チラシが入っていないと思います。次回以降、苫前地区周辺にも、チラシを配布するなどの検討していきます。
是非とも、悪天候ですが、参加できましたらいらっしゃってください!!お待ちしております。
上の記事を改めて自分で読み直しましたが、一つ付け加えて、職員が意識を持ち、基本条例を理解し行動することは、まず大前提にトップの町長の思いや意思、そしてそこを庁舎内に発信・指示などがされていてのことです。今の状態でいくとそこを確認したいということがあります。
苫前地区の説明会は0人ということもあって、本来の住民のためのというところが、実際伝わっていなく、おかにゃんさんがいうとおり、住民のみなさんは、何も判断できませんし、なんのことやらわからないということで、それでも、行政が主導して条例を制定する意味は何なのか?そこをうやむやにしてはいけなく、情報の共有ですから、一方通行ではいけません。
当然、今日の私の座談会も人数でいくと同じ事が言えると思います。しかし、私は、そこでどうしたら、興味を持ち参加していただけるのかをじっくりと考え色んな方法を試して、ねばっこくやる決意です。そこの検証ができないと、本来のまちづくりや町民が主役などといった町政になっていかない気がします。

まずは、これからも、情報やコメントください!
よろしくお願いします。m(__)m


http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2005/8/26  12:56

投稿者:おかにゃん

こんにちは。
さて,ニセコ町の山本さんの記事,大変参考になりました。
おそらく,住民基本条例の一番の問題(ネック)は,「本当に住民が参加するのか」という点にあるのではないかという印象を受けました。
そして,それについては,やはり「十分な情報提供による情報の共有化」につきるのかなあ,という感想を持っています。
情報がなければ,住民は何も判断できませんし,積極的に参加しようという意識も生まれにくいのではないでしょうか。
住民に知らせたい情報,住民が知りたい情報を今まで以上にアピールすることも大事なのかもしれませんね。

http://blog.livedoor.jp/okanyan599/

2005/8/26  9:14

投稿者:aribaikun

座談会・・・、参加しようと思ってますが、今日チラシ入ってました?何か見なかったような気がしますが・・・?

2005/8/25  9:46

投稿者:daishi

>aribaikunさん
情報ありがとうございます。
・・・・そうですか、言葉がありません。古丹別地区・苫前地区両日とも、予定がぶつかり出席できませんでした。って私が参加するという目的は、町民の反応や意見はどうかというおところですが、いかなかった自分に反省したところですが、うーーん、理事者側はどうな感想をお持ちになられたでしょうかね。楽観視しているとすれば、これは明らかに・・・ってとこでしょうか。

逢坂さん、まさにサプライズですね。今日は、芝生業務の都合で朝5時出勤でしたので、新聞を今見て、ちょっと緊張しました。頑張って欲しいと思いますし、期待してしまっています。

http://blue.ap.teacup.com/dmys24/

2005/8/25  8:46

投稿者:aribaikun

苫前地区の説明会の参加者は・・・、なんと0人だったようです。
「まちづくり基本条例」って何でしたっけ?

それと、逢坂さんがとうとう国政に進出するようですね。まぁそんな雰囲気はありましてけどね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ