2007/2/11

オノ・ナツメ『not simple』  マンガ

クリックすると元のサイズで表示します

古くは、つげ忠男の『無頼の街』とか、比較的、新しいところでは、ひぐちアサの『ヤサシイワタシ』とか、ひたすらどこまでも暗くて読んだ人の気持ちを落ち込ませるようなストーリーのマンガになぜひかれるのかは自分でもよく分からないのだけれども、オノ・ナツメの『not simple』もまた、その救いがないストーリーにひかれずにはいられなくなる、独特の磁場を形成しているようなマンガ作品であると言えるだろう。
しかし、その飄々とした絵柄のタッチのためなのか(はるちょんさんによるとオノ・ナツメは「2パターンの絵柄を描き分けてる」とのことで、実際、『リステランテ・パラディーゾ』の絵柄に比べて『not simple』の絵柄は余計なものを剥ぎ取ったかのように線がシンプルなタッチになっていて、同時に岡田史子のマンガのようにどこか神経質なものも感じさせる絵柄のタッチなのであるけれども)、あまりにも淡々とした展開や、残酷なことをごく自然に飄々とした会話にしているネームのやり取りのためなのか、どこまでも救いがないような暗い話を飄々と、まるでごく身近な日常のひとコマであるかのように読ませるものだから、その暗さにひそむ悲しみを感じなくてもついすいすいと読めてしまうのだけれども、それだけにじわじわとボディブローのように後から効いてくる、静謐な余韻があることは認めるしかない。してみると、ストーリーと絵柄との落差がこのような余韻をもたらしているのだろうか?(しかし、決してストーリーと絵柄が合っていないというわけではなくて、むしろ、絶妙に合致していると思うのだけれども。)
まあ、新しい作家が出てくるたびに「新しい才能」という言葉を使うことにどれほどの意味があるのかはよく分からないし、「新しい才能」といって褒め称えてももしかしたら何も意味していないのかもしれないけれども、それでもとりあえずオノ・ナツメには「新しい才能」という言葉を使ってみたいと思うし、同時に、どこか、「いま」の、「いま」という時代をとらえた切実な何かがやっぱりあるような気もしてきてしまうので、「いま、新しい才能」のマンガ家であるとふと言ってみたくなったりもするのだけれども・・。

クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/2/13  0:13

投稿者:mirokuninoti

>その救いがないストーリーにひかれずにはいられなくなる**『どろろ』だってそうと救いないんですよ。父親の成功の為に、自分の長男の体48箇所を、魔物に食らわせるんですから。長男は産まれて来た時は心臓すらもない赤子なのです。その体を全て取り戻していくというお話なのです。

2007/2/13  0:07

投稿者:mirokuninoti

手塚ワールドちょっとは知らないとつらいかもね〜。ブラック・ジャックくらい読んでないと確かに。呪い医師が?意味不明?みたいに思われちゃうかも。

2007/2/12  23:55

投稿者:mirokuninoti

「黄泉がえり」は見たけどイマイチピンと来なかった。>絶賛ですね。妻夫木君が抜群にいいのです。そうか、それだとkusukusu氏には、すかっとしないか〜。

2007/2/12  23:44

投稿者:kusukusu

『どろろ』ってそんなに評判、よくないみたいなんですが、mirokuninotiさんは絶賛ですね。『黄泉がえり』『カナリア』の塩田監督なので気になりますが・・。

2007/2/12  22:08

投稿者:mirokuninoti

救いのないものは見ないで「どろろ」見なさいよ。手塚治原作。面白いですよ。スカッとします。血が凄いけど、映像面白いです。

 

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ