2007/3/27

17歳の少年に15年の求刑  ニュース

*またたぶん多くの人と意見が一致しないかもしれませんが、僕はこれは妥当な求刑なのではないかと思います。
少年法に基づき、刑期を軽くしているからです。
僕は少年法をなくすべきだとは思いませんが、しかし、少年だから、またコミュニケーション能力に障害があるからといってきちんと裁判を大人と同じようにしないのはおかしいと思ってきました。少年法に基づき刑を大人の犯行よりも軽くすることを前提に、大人と同じように裁判をするのがいいと思います。その範囲でならば少年法を見直し改正することには賛成です。
大人の犯行だったら無期懲役だけど少年だから15年という求刑は妥当なものであると思えます。
同時に以前から書いている通り、僕は死刑廃止論者ですが。
17歳ですから15年たってもまだ32歳でこの少年がやり直す機会も与えています。
大人も子供も同様に死刑制度は廃止し終身刑を極刑にして、どのような犯罪者にも更生する機会を与えるのがベストなのではないかというのが僕の個人的な意見です。

(ニュース)
東京・町田の女子高生殺人、元同窓少年に15年求刑
3月27日13時7分配信 読売新聞

 東京都町田市の都立高校1年、古山優亜さん(当時15歳)が2005年11月に殺害された事件で、殺人罪に問われた元同校生徒の少年(17)の論告求刑が27日、東京地裁八王子支部(小原春夫裁判長)であった。

 検察側は「犯行は冷酷かつ残虐極まりない」と、懲役15年を求刑した。

 起訴状によると、少年は05年11月10日午後6時15分ごろ、古山さんの自宅で、古山さんの首や頭などを複数回包丁で突き刺すなどして失血死させた。弁護側は、少年にはコミュニケーション能力などに障害があり、事件は古山さんに灰皿で殴りかかられたことに伴う過剰防衛だったとして殺意を否認していた。

 検察側はこの日、「犯罪史上まれに見る凶悪犯罪。(少年には)しょく罪意識もない」と指弾。「被告人には無期懲役を選択した上で、少年法に基づき有期懲役刑に処すべきである」などと理由を述べた。
0



2007/4/4  21:07

投稿者:kusukusu

子供は判断能力がありません。だからこそ社会は保護し、教育する必要があるのです。成人よりも刑を軽くするのは当然であると考えます。

2007/4/4  17:15

投稿者:通りすがりです

私は「子供だから15年は妥当」だとは思いません。人を殺すことに、いいも悪いもあるのでしょうか?
もし、自分の家族や兄弟がなんのいわれもなく殺されたときに、「犯人は子供だから許してやろう」なんて、思えるのでしょうか。
(私は大人であっても許せないのではないかと思います)

刑務所勤務の知人によると、少年刑務所にいる凶悪犯罪を起こした少年の大半は出所してもまた同様の犯罪を起こすと言っていました。
刑務所では裁きをするのではなく、規則正しい生活を指導し、自己反省を促すしかできないため、本質的なものを変えるには至らないといいます。

無期懲役にしてまで、人とお金を犯罪者にかける必要がなぜあるのか、わかりません。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ