2007/5/23

水俣病認定「二重基準」是正求め熊本県を提訴  公害・薬害・環境・医療問題

(ニュース)
水俣病認定求め熊本県を提訴=「二重基準」是正問う−最高裁勝訴の原告団長ら
 2004年の水俣病関西訴訟の最高裁判決で患者と認められたにもかかわらず、熊本県が認定しないのは違法として、関西訴訟原告団長だった川上敏行さん(82)と妻カズエさん(80)=大阪府東大阪市=が18日、県を相手に認定などを求める行政訴訟を熊本地裁に起こした。
 16日には、関西訴訟の原告だった大阪府豊中市の女性(81)が国と県を相手に不認定処分取り消しを求めて大阪地裁に提訴した。同訴訟とともに、認定をめぐって司法と行政で判断が食い違っている「二重基準」の是正を迫る。
 訴状などによると、川上さん夫妻はともに熊本県水俣市出身で、川上さんは1956年ごろ、カズエさんは62年ごろからそれぞれ頭痛や手足のしびれなどの症状が現れた。夫妻は73年5月に県に認定申請したが、県は判定保留を続けた。
 夫妻は関西訴訟に参加し、82年に国や県などを提訴。最高裁は04年10月、国や県の責任を認めるとともに、複数の症状の組み合わせが必要とする国の認定基準を採用せず、感覚障害があれば足りるとする幅広い基準を採用。夫妻を含む原告37人について7150万円の支払いを命じた。
 しかし、同判決後も国は認定基準の見直しを行わず、「二重基準」の状態となっている。県も依然夫妻の認定保留を続けており、原告側は「34年間の放置は不作為で違法。行政上も水俣病と認めるべきだ」と主張している。
 潮谷義子熊本県知事の話 訴訟は重く受け止めている。訴状が到達していないので詳しいことは申し上げられないが、関係機関と協議しながら県として適切に対応したい。
(時事通信社 2007/05/18-13:50 )
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2007051800069
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ