2007/9/17

福田氏は障害者自立支援法の抜本見直しを本当に出来るのか?  障害者問題・教育問題

*福田氏の公約を見ると、やはり基本的には構造改革路線をすすめるようであり、また消費税をあげるようなこともにおわせている。ただ、福田氏が障害者自立支援法の抜本見直しを公約している点はちょっと注目。福田氏が障害者自立支援法の抜本見直しを本当に出来るのか、この公約をしっかり覚えておくぞ。
そういえば安倍前首相が原爆症認定見直しを公言したのに、これは棚上げになってしまったのだろうか? 次の総理大臣がきちんと引き継いで実現していくことを求めていかなければ。

(ニュース)
障害者自立支援法見直し 福田氏公約、野党側に配慮
2007年9月16日 東京新聞 朝刊

 自民党総裁選に立候補した福田康夫元官房長官と麻生太郎幹事長の総裁選公約が十五日、明らかになった。福田氏は、これまで政府が消極的だった障害者自立支援法の抜本見直しや、高齢者医療費負担増の凍結の検討を公約に盛り込んだ。

 民主党は現行の障害者のサービス利用料の一割負担を凍結する同法改正案を今国会に提出する方向で検討している。高齢者医療費をめぐっても、来年四月から高齢者の窓口負担が引き上げられることになり、民主党をはじめ野党が強く反発している。参院で多数派となった野党側への配慮がにじむ内容といえる。

 福田氏の公約の題名は「希望と安心のくにづくり 若い人に希望を、お年寄りに安心を」。

 基本理念として(1)自立と共生の社会(2)ストック型の社会(3)男女共同参画の社会−を掲げている。

 一方、麻生氏の公約のタイトルは「日本の底力」。改革継続の必要性を訴えると同時に、「弱者に配慮した思いやりの政治」を進めると強調している。

 具体的には非正規労働者の待遇改善と最低賃金の引き上げ、小学校入学前の幼児教育の義務化などを盛り込んだ。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2007091602049195.html
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ